サクラ大戦プレイ日記

DC初心者が20周年を迎えたサクラ大戦をプレイ

【3】第七話その5 これからもっと強くなる

「花咲く男たち」、参加してきました。 感想の方はTwitter等々に溢れかえっておりますので ここでは割愛させていただくとして、 ただひたすら感激したということだけ記しておきます。 素晴らしかったです。 さて、第二話ぶりのピトン戦であります。 必殺技を…

【3】第七話その4 チームワークをものにして

携帯キネマトロンへの緊急連絡で シーくんに呼び出され、慌ててロビーに駆けつけてみると いつも通りのほほんとした口調のシーくんがいました。 同じく通信で呼び出されたらしいメルくんもいます。 何かと思えば、シーくんはロベリアに教えられたという 巴里…

【3】第七話その3 巴里と帝都の狭間で

今日は『花咲く男たち』のプレビュー公演、 明日から本公演ですね。 初日おめでとうございます。 男ばかりの歌謡ショウ、どうなるんでしょうね? 私は週末までお預けです。 楽しみにしつつ、第七話その3です。 喧々諤々の大騒ぎは、どうやら一旦おさまった様…

【3】第七話その2 花に嵐のシャノワール!

お久しぶりです、大神さん。 そう言って現れたのは、さくらだけではありません。 さくらの影からアイリスが……そしてすみれが…… 次々に大神の前に現れたのです。 LIPSが発生し、 まさに今の心境にぴったりの選択肢を選びます。 「これは……夢を見ているのか?…

【3】第七話その1 巴里の街にサクラサク

第七話です。 衝撃的な幕開けでした……。 プレイ再開と同時に突然鳴り響く“あの”イントロ、 赤い袴姿に桃色の傘の後ろ姿!! たおやかに振り返る、長い黒髪のその少女!!! ▲さ、さくらくんーーーー!!!!! そして鳴っているのは檄帝なのです。 しかもバ…

【3】第六話その4 敗北

シャノワールに戻った大神たちを待っていたのは、 モニターに映し出されるシャンゼリゼ通りの惨状でした。 もうもうと黒煙が立ち、火の手の上がる通りには、 今までになく強い妖力反応が表れています。 強敵の予感に気を引き締める一同の中でも、 エリカのや…

【3】第六話その3 楽しいデートと怪しい影

自宅アパートにてキネマトロンを前にする大神。 そして私。 ▲誰かひとりをデートに誘わねばならない 正直なところ、まだ「この子だーッ!」というのは 決め兼ねているサクラ大戦3。 だからこそ、このデートの相手はすごく迷います。 ちょっと気になるあの子…

【3】第六話その2 友よ!これが巴里の地だ

第六話その2は自由行動から。 帝撃月組の隊長・加山に、巴里の街を案内します。 加山はまずシャノワールを案内しろと言いましたが、 せっかくだし街の外をちょっと見て回ろうぜ。 市場→ランチの買い出しをするコクリコとエリカ サンドイッチの具は何にするか…

【3】第六話その1 懐かしのあの男ザンス?!

前回の記事の公開直後、 このブログを見てくれている友人(サクラ大戦既プレイ)が、 「(必殺技の範囲が)二種類、それ、大神さんとの合体奥義やで」 「………?!?!」驚愕の知らせ。 この瞬間の私の痛恨の表情をお伝えしたいものです……。 いや、3はいつ合体…

【3】第五話その5 私だって生きたい

第五話その5はアニメーションの挿入部分から。 ほとんど垂直に傾く客船の甲板に、 縄にすがりついて立つ花火と、 床にへばりつくようにして大神がいます。 嵐の吹き荒ぶ中、ほとんど落ちかけながらも 傾いた甲板を花火へ向かって這い進む大神。 「君も死ぬこ…

【3】第五話その4 愛を知る男

シャノワールに駆け戻った大神は、 グラン・マに巴里花組の緊急集合を要請しました。 オペラ座の件だね、と手短に頷いたグラン・マは すでに自体を把握していたようです。 司令室に集まった一同。 花火が怪人に捕まったと聞いて まず不安げに顔を曇らせ、激…

【3】第五話その3 開幕!死のオペラ

一年前。大西洋で一隻の船が沈没しました。 花火のフィアンセだったフィリップは、 そこで花火を助けるために亡くなったのです。 ▲最期まで花火の笑顔を願ったフィリップ 回想の中の花火は花嫁衣装で、 フィリップへ向けて泣きながら腕を伸ばしています。 手…

【3】第五話その2 思い出のフィアンセ

シャノワールに戻ると、 シーくんとメルくんがお茶の用意をしてくれていました。 そういえば、前回秘書室で新人の書類選考をしていたとき、 そうやって誘ってくれていたのだっけ。 しかし、同時にコクリコもやってきて、 新人隊員について話していたところだ…

【3】第五話その1 すけべ心は複雑で

第五話は哀愁に満ちたBGMで始まりました。 ▲墓場に佇む少女 顔グラこそ表示されていませんが、 この声と服装は間違いありません、花火です。 「今日も2人で楽しく過ごしましょうね……」 花火は1人、墓に向かって 語りかけていました。 シャノワールの事務所で…

【3】第四話その6 ナーデルってもしかして

すっかり光武の虜になってしまった私にとって、 戦闘フェイズの3Dは大きな楽しみのひとつです。 人間まで3Dなのにはちょっと慣れませんが(笑)、 何せ、光武ががっちゃがっちゃ動いているのが 存分に堪能できますからね! 光武に関しては フィギュアが欲し…

【3】第四話その5 怪人はどちら?

セーブする度、 信頼度最高のキャラクターが ころころ変わるので、 意外と信頼度は競っているのかな? という具合の第四話その5です。 まずは出撃ムービーから。 初出撃となるロベリアのムービーが用意されていました。 ロベリアの光武Fの武器は鉤爪で、 頭…

【3】第四話その4 悪人たちの駆け引き

6月ももう後半ですね。 サクラ大戦を始めてもうすぐ半年になるわけですが、 遊び尽くすには1作品1年あったって足りないなと 分かり始めた今日この頃です。 7月が来れば男だらけの歌謡ショウですね。 わくわくしています。 さて、第四話その4です。 前回、グ…

【3】第四話その3 新たな仲間……?

巴里花組がサンテ刑務所を訪れた、 その日の内のことでしょうか? 細い月が浮かぶ夜、引き裂かれた絵画の前に立つ 黒いドレスの女がいます。 ▲際どいッ! ここで思い出すのは、 自由行動で訪れたカフェでの一幕です。 最近、巴里の美術館が襲撃に遭い 閉館が…

【3】第四話その2 大悪党とお漫才?!

ゲーム音が出ねえ!! と慌てふためいて数十分大暴れし ドリキャスの買い替えまで考えていたら イヤホンが刺さっていました。 第四話その2です。 シャノワールのポーチで合流した一同は、 サンテ刑務所へ向かいます。 ▲現実にも有名な刑務所だ まずはグラン…

【3】第四話その1 悪党の影と魅惑の生足

夜空に浮かぶ大きな月。 第四話は、それを背景にひとり佇む 女性の独白から始まります。 ▲爆音とサイレンが鳴り響く夜 8等身、見上げていることを加味して7.5等身ですね。 背の高い、すらりとした美人です。 (等身はきっちり数えさせていただきました) 屋…

【3】第三話その8 微笑みの海賊娘

グリシーヌを襲う鉄の拳。 それを弾き返したのは、 貴族たちを解放して戻ってきた大神でした。 ▲これでこそヒーローだ! グリシーヌ機は、 エリカとコクリコが救出しています。 レオンがグリシーヌをあざ笑って、 下水に飛び込むような下衆な女と 揶揄します…

【3】第三話その7 貴族たる心

続きを始める前に、一点お知らせが。 以前に投稿したサクラ大戦3第二話について、 怪人名に痛恨のミスがありまして、 当該記事の冒頭に追記を加えておきました。 怪人名が「ビトン」ではなく「ピトン」でした。 yon-sakura1234play.hatenablog.com 素直に恥…

【3】第三話その6 勝ち得た信頼!

シャワールームを出た後、 せっかくなのでそのまま地下を探検しようと 格納庫を選択。 ジャンのおっちゃんに挨拶でもするかと 思ったのですが、 なぜかそこにいたのはエリカくんでした。 どうやら、自分の光武の整備を ジャンに申し出ていたようです。 ▲班長…

【3】第三話その5 コクリコのデビュー、暗闇のロッカールーム

久しぶりの更新になってしまいました。 先月はたくさんのPVをいただきました、 ありがとうございました。 さて、第三話その5です。 ブルーメール邸でメイドとして1日勤め上げ、 エリカ、コクリコとともに シャノワールへ帰る途中でしたね。 エリカ、コクリコ…

【3】第三話その4 誇りの所在

悲鳴を上げて暗転した画面。 大神は気絶していたようです。 目を覚ました大神は どこか畳のある一室に寝かされており、 それを看病する少女が アニメーションによって描かれます。 ▲さっき大広間で見た少女だ 屏風で間仕切られた床に畳が敷かれ、 部屋の隅に…

【3】第三話その3 それぞれの宿命

第二話の反動か ちょっとテンションが高い気がする そんな第三話です。 大神が休憩にやってきた中庭には グリシーヌがいました。 よくそんな格好で平気だな、 とグリシーヌは言います。 確かに、結構普通に行動してるよね大神。 LIPSで 「グリシーヌも着てみ…

【3】第三話その2 “大型”新人メイド、オオガミ爆誕!?

グリシーヌに敗北した大神の前には、 彼女の世話役である タレブ―が立っていました。 さすがグリシーヌの世話役というか、 よほど貴族のような佇まいである。 ▲厳しそうな人だ…… LIPSが発生し、 「粉骨砕身の覚悟でがんばります」と返事。 もはやこの返答は…

【3】第三話その1 決闘!! VSグリシーヌ

夜更けの巴里。 第三話は、 アパートの大神の部屋から始まります。 大神は自室にて、 これまでの巴里華撃団の戦いを 振り返っていました。 結成間もない巴里花組は、 どうやらまだ結束力に問題があるらしい。 チームワークを教えるにはどうしたらよいか? LI…

【3】第二話その7 笑顔のマジシャン

※17/06/05追記 敵怪人名が「ビトン」ではなく「ピトン」でした。 痛恨の読み間違い……。 これも初回プレイの思い出として、 記事内の文言は修正しておりません。ご了承ください。 「ビトン」の文字が出てくる度、 ああ間違えてるなとニヤりとしていただき、 …

【3】第二話その6 参戦!マジカルエンジェル

コクリコの参戦が決まって、 一同は改めて状況を整理します。 現在、巴里の警官隊が コンコルド広場に侵入した蒸気獣と交戦中。 宝石の回収を試みているようですが、 同時に現れた敵の砲台に阻まれているらしい。 巴里の警察官は働くなあ、 帝都も、降魔が現…

【3】第二話その5 笑わなくていいよ……

逃げる怪人、追う大神。 サーカスに辿り着いたとき、 エリカと大神は 怪人の正体がカルチェラであることを知ります。 ▲变化したカルチェラ 間の悪いことに、 コクリコが3人の帰還に気がついて 無防備に近づいてこようとします。 アナログLIPSで、目盛りいっ…

【3】第二話その4 シャワールームは程遠く

今日は巴里の楽屋7に参加してきました。 CDやDVDで見聞きしていた曲を 生で見ることができ、 いやはや感激の嵐でした。 未クリアのままの参戦となってしまい 個人的にはお恥ずかしい限りでしたが、 キャストの皆さんのやり取りには 終始笑いっぱなし。 参加…

【3】第二話その3 ブルーアイ、華麗なデビュー!

夜の路地裏に悲鳴が響きます。 どうやら街の男が襲われたようでした。 なんだ敵かと身構えたところで、 画面に現れたのは シルク・ド・ユーロに雇われたばかりの あの女旅芸人です。 しかし、あからさまに様子がおかしい、 主に顔面がおかしい!! ▲イギャー…

【3】第二話その2 大サーカス、光と影

市場で出会った少女・コクリコの案内で、 エリカは無事花瓶を買うことができました。 馬をなだめ、花瓶探しを手伝ってもらい……。 世話になった礼をするため、 大神はエリカと別れて コクリコの手伝いをすることになります。 コクリコが大神にさせたのは荷物…

【3】第二話その1 コクリコとの出会い!

日本大使館員改め、正式に 巴里華撃団・花組隊長に就任した大神。 隊長としての新たな任務は、 懐かしい“あの制服”とともにやってきました。 ▲そう、モギリだ! ついでにボーイもするらしい。 衣装こそ同じですが、 仕事の難易度が上がっていますね(笑) 作…

【3】第一話その5 大神の誇り!

サクラ大戦公式Twitterで 新しいイベント情報が告知されていましたね。 ダンディー商会プロデュース「サクラ大戦歌謡ショウより~『花咲く男たち』大帝国劇場支店花やしき支部劇場」開催決定! https://t.co/7mBRb2PqVb — サクラ大戦公式@SEGA (@Sakura_Tais…

【3】第一話その4 出撃!巴里華撃団

さぁ瞬きする間に時刻は15時、 ライラック伯爵夫人邸にやってきた大神は、 さっそく謎のおっちゃんに絡まれています。 ▲パリに来てからこっち絡まれっぱなしじゃないか? 絡まれるのが仕事のゲームと言えばそうなんだけれども。 どうやらこのおっちゃんは警…

【3】第一話その3 花の都は大きくて

翌朝の大神。 とても腹の音とは思えない奇怪なSEで空腹を主張し、 朝食は近くのカフェで取ることにしました。 パリのカフェで朝食! オシャレですね~。 ここと決めたカフェで さっそく腹ごしらえをしようとしますが、 店員に注文を取ってもらえず、 なかな…

【3】第一話その2 新天地とホームシック

欧州博覧会で、エリカと出会ったその日の夜。 着任届けを提出するため、 大神は改めて、日本大使館を訪れました。 手続きを済ませれば、 大神は晴れて日本大使館員です。 正式に上司となった迫水氏は、 大神の歓迎会を兼ねて 「とびきりの場所」に連れて行っ…

【3】第一話その1 Bonjour, Paris!

時は太正15年、花の都・巴里。 ハイカラな茜色のスーツ姿の男が1人、 この華やかな街に降り立ちました。 春の帝都を旅立って、 一体どれだけの月日が流れたことでしょう。 1日です。 サクラ大戦2の熱気も冷めやらぬ今日この頃ですが、 早速サクラ大戦3のプレ…

【2】第十三話その1 尉中神大レバンガ【サクラ大戦2完】

あれからさらに一ヶ月。 大神、そしてすみれは 支配人室に呼び出されていました。 部屋の前ですみれに遭遇した大神とすみれは、 互いに互いが呼び出されたことを 知らずにいたため、 目を丸くしています。 米田支配人は、 耳に入れておきたい話が2つある、 …

【2】最終話その4 夢のつづき

帝都には、平和とともに春が訪れていました。 日常を取り戻す帝都で、 花組、そして帝劇は 春公演「ゆめのつづき」の準備にあけくれます。 ▲みんなが揃っているのが嬉しいな 事務局もみんな総動員で 慌ただしくするうちに、 舞台は幕を開け、 そして、あっと…

【2】最終回その3 信ずる道を行く!

ついに最後の戦いです。 ▲大神の「通信」にも熱が入っている 今回は、フィールドが狭いのに 敵の攻撃範囲が広いのが厄介でした。 固定砲台のような役割を果たす敵は ある程度無視して進みます。 そうして辿り着いた巨大魔操機兵・新皇の足元。 ▲超デケェ! …

【2】最終回その2 愛をあざける者

最終回その2、二回目の戦闘フェイズです。 一行がたどり着いたのは、 御柱の立つフィールドでした。 フィールド内に立つ柱は8本。 これが武蔵の力を制御しているようです。 京極が召喚した降魔を蹴散らしつつ、 御柱を破壊していきます。 ▲京極の前に御柱を…

【2】最終回その1 強く生きろ

長かった2も、ついに最終話その1です。 なお、記事タイトルを第十二話としなかったのは ゲーム内のタイトル表記に合わせてのことです。 ▲めちゃくちゃドキドキするタイトル画面だ 最終回という文字に煽られて、 コントローラを握る手に汗がだばだば。 まぁセ…

【2】第十一話その5 さらば、金剛!

改めて作戦司令室に集まった一同は、 かえでさんから、二剣二刀の儀という ただひとつ残された 魔を封じる手段について聞かされます。 二剣二刀の儀とは、米田以下、 かつて対降魔部隊に所属していた4人が持っていた 4本の霊剣を用いて行う奥義でした。 米田…

【2】第十一話その4 決戦を前に

※本記事、いつにもまして感傷的な文面となっております。 しかも長い。 読み返したらこっ恥ずかしくなりましたがそのままアップします。 ここからは自由行動です。 さすが巨大戦艦だけあって、 ミカサの中はなかなかの広さでした。 ▲各隊員のキャビン、休憩…

【2】第十一話その3 怪物たらしめるもの

耐える戦いが続く花組であります。 甲板に出た大神以下9名は、 中央通気口を守りつつ、 押し寄せる降魔を蹴散らさねばなりません。 ▲フィールド中央にあるのが通気口だ 勝利条件は、ターン経過。 武蔵めがけて上昇を続けているミカサが、 降魔の活動限界高度…

【2】第十一話その2 緊迫の艦内戦……!

ミカサの発進準備は整っていました。 米田の号令とともに 発進ムービーが挿入され、 空中戦艦・ミカサがついに動き出します! ▲ま、また斬新な発進しやがる! 艦首が完全に上を向いた状態で、 分割された船体をドッグ内で連結したミカサは そのまま真上に上…

【2】第十一話その1 漢の背中!

第十一話から、ディスク3に入れ替えです。 OPを聴き直し、 気持ちも新たにプレイ再開です! 前回、八鬼門封魔陣を開放し 武蔵を呼び起こした京極。 同時に、帝都には降魔が溢れ、 街は瞬く間に蹂躙されてしまいました。 翔鯨丸にて、 米田長官、かえでさんと…