読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サクラ大戦プレイ日記

DC初心者が20周年を迎えたサクラ大戦をプレイ

【3】第三話その4 誇りの所在

悲鳴を上げて暗転した画面。 大神は気絶していたようです。 目を覚ました大神は どこか畳のある一室に寝かされており、 それを看病する少女が アニメーションによって描かれます。 ▲さっき大広間で見た少女だ 屏風で間仕切られた床に畳が敷かれ、 部屋の隅に…

【3】第三話その3 それぞれの宿命

第二話の反動か ちょっとテンションが高い気がする そんな第三話です。 大神が休憩にやってきた中庭には グリシーヌがいました。 よくそんな格好で平気だな、 とグリシーヌは言います。 確かに、結構普通に行動してるよね大神。 LIPSで 「グリシーヌも着てみ…

【3】第三話その2 “大型”新人メイド、オオガミ爆誕!?

グリシーヌに敗北した大神の前には、 彼女の世話役である タレブ―が立っていました。 さすがグリシーヌの世話役というか、 よほど貴族のような佇まいである。 ▲厳しそうな人だ…… LIPSが発生し、 「粉骨砕身の覚悟でがんばります」と返事。 もはやこの返答は…

【3】第三話その1 決闘!! VSグリシーヌ

夜更けの巴里。 第三話は、 アパートの大神の部屋から始まります。 大神は自室にて、 これまでの巴里華撃団の戦いを 振り返っていました。 結成間もない巴里花組は、 どうやらまだ結束力に問題があるらしい。 チームワークを教えるにはどうしたらよいか? LI…

【3】第二話その7 笑顔のマジシャン

ロランスさんの元に戻ると、 彼は無事でしたが 展示されたままになっていた赤い少女の涙は カルチェラの操る蒸気獣「ベルスーズ」に 奪われてしまいました。 ▲っていうか赤い少女の涙デケェ?! 怪人の名は、カルチェラ改めビトン。 しかし、ビトンが奪った…

【3】第二話その6 参戦!マジカルエンジェル

コクリコの参戦が決まって、 一同は改めて状況を整理します。 現在、巴里の警官隊が コンコルド広場に侵入した蒸気獣と交戦中。 宝石の回収を試みているようですが、 同時に現れた敵の砲台に阻まれているらしい。 巴里の警察官は働くなあ、 帝都も、降魔が現…

【3】第二話その5 笑わなくていいよ……

逃げる怪人、追う大神。 サーカスに辿り着いたとき、 エリカと大神は 怪人の正体がカルチェラであることを知ります。 ▲变化したカルチェラ 間の悪いことに、 コクリコが3人の帰還に気がついて 無防備に近づいてこようとします。 アナログLIPSで、目盛りいっ…

【3】第二話その4 シャワールームは程遠く

今日は巴里の楽屋7に参加してきました。 CDやDVDで見聞きしていた曲を 生で見ることができ、 いやはや感激の嵐でした。 未クリアのままの参戦となってしまい 個人的にはお恥ずかしい限りでしたが、 キャストの皆さんのやり取りには 終始笑いっぱなし。 参加…

【3】第二話その3 ブルーアイ、華麗なデビュー!

夜の路地裏に悲鳴が響きます。 どうやら街の男が襲われたようでした。 なんだ敵かと身構えたところで、 画面に現れたのは シルク・ド・ユーロに雇われたばかりの あの女旅芸人です。 しかし、あからさまに様子がおかしい、 主に顔面がおかしい!! ▲イギャー…

【3】第二話その2 大サーカス、光と影

市場で出会った少女・コクリコの案内で、 エリカは無事花瓶を買うことができました。 馬をなだめ、花瓶探しを手伝ってもらい……。 世話になった礼をするため、 大神はエリカと別れて コクリコの手伝いをすることになります。 コクリコが大神にさせたのは荷物…

【3】第二話その1 コクリコとの出会い!

日本大使館員改め、正式に 巴里華撃団・花組隊長に就任した大神。 隊長としての新たな任務は、 懐かしい“あの制服”とともにやってきました。 ▲そう、モギリだ! ついでにボーイもするらしい。 衣装こそ同じですが、 仕事の難易度が上がっていますね(笑) 作…

【3】第一話その5 大神の誇り!

サクラ大戦公式Twitterで 新しいイベント情報が告知されていましたね。 ダンディー商会プロデュース「サクラ大戦歌謡ショウより~『花咲く男たち』大帝国劇場支店花やしき支部劇場」開催決定! https://t.co/7mBRb2PqVb — サクラ大戦公式@SEGA (@Sakura_Tais…

【3】第一話その4 出撃!巴里華撃団

さぁ瞬きする間に時刻は15時、 ライラック伯爵夫人邸にやってきた大神は、 さっそく謎のおっちゃんに絡まれています。 ▲パリに来てからこっち絡まれっぱなしじゃないか? 絡まれるのが仕事のゲームと言えばそうなんだけれども。 どうやらこのおっちゃんは警…

【3】第一話その3 花の都は大きくて

翌朝の大神。 とても腹の音とは思えない奇怪なSEで空腹を主張し、 朝食は近くのカフェで取ることにしました。 パリのカフェで朝食! オシャレですね~。 ここと決めたカフェで さっそく腹ごしらえをしようとしますが、 店員に注文を取ってもらえず、 なかな…

【3】第一話その2 新天地とホームシック

欧州博覧会で、エリカと出会ったその日の夜。 着任届けを提出するため、 大神は改めて、日本大使館を訪れました。 手続きを済ませれば、 大神は晴れて日本大使館員です。 正式に上司となった迫水氏は、 大神の歓迎会を兼ねて 「とびきりの場所」に連れて行っ…

【3】第一話その1 Bonjour, Paris!

時は太正15年、花の都・巴里。 ハイカラな茜色のスーツ姿の男が1人、 この華やかな街に降り立ちました。 春の帝都を旅立って、 一体どれだけの月日が流れたことでしょう。 1日です。 サクラ大戦2の熱気も冷めやらぬ今日この頃ですが、 早速サクラ大戦3のプレ…

【2】第十三話その1 尉中神大レバンガ【サクラ大戦2完】

あれからさらに一ヶ月。 大神、そしてすみれは 支配人室に呼び出されていました。 部屋の前ですみれに遭遇した大神とすみれは、 互いに互いが呼び出されたことを 知らずにいたため、 目を丸くしています。 米田支配人は、 耳に入れておきたい話が2つある、 …

【2】最終話その4 夢のつづき

帝都には、平和とともに春が訪れていました。 日常を取り戻す帝都で、 花組、そして帝劇は 春公演「ゆめのつづき」の準備にあけくれます。 ▲みんなが揃っているのが嬉しいな 事務局もみんな総動員で 慌ただしくするうちに、 舞台は幕を開け、 そして、あっと…

【2】最終回その3 信ずる道を行く!

ついに最後の戦いです。 ▲大神の「通信」にも熱が入っている 今回は、フィールドが狭いのに 敵の攻撃範囲が広いのが厄介でした。 固定砲台のような役割を果たす敵は ある程度無視して進みます。 そうして辿り着いた巨大魔操機兵・新皇の足元。 ▲超デケェ! …

【2】最終回その2 愛をあざける者

最終回その2、二回目の戦闘フェイズです。 一行がたどり着いたのは、 御柱の立つフィールドでした。 フィールド内に立つ柱は8本。 これが武蔵の力を制御しているようです。 京極が召喚した降魔を蹴散らしつつ、 御柱を破壊していきます。 ▲京極の前に御柱を…

【2】最終回その1 強く生きろ

長かった2も、ついに最終話その1です。 なお、記事タイトルを第十二話としなかったのは ゲーム内のタイトル表記に合わせてのことです。 ▲めちゃくちゃドキドキするタイトル画面だ 最終回という文字に煽られて、 コントローラを握る手に汗がだばだば。 まぁセ…

【2】第十一話その5 さらば、金剛!

改めて作戦司令室に集まった一同は、 かえでさんから、二剣二刀の儀という ただひとつ残された 魔を封じる手段について聞かされます。 二剣二刀の儀とは、米田以下、 かつて対降魔部隊に所属していた4人が持っていた 4本の霊剣を用いて行う奥義でした。 米田…

【2】第十一話その4 決戦を前に

※本記事、いつにもまして感傷的な文面となっております。 しかも長い。 読み返したらこっ恥ずかしくなりましたがそのままアップします。 ここからは自由行動です。 さすが巨大戦艦だけあって、 ミカサの中はなかなかの広さでした。 ▲各隊員のキャビン、休憩…

【2】第十一話その3 怪物たらしめるもの

耐える戦いが続く花組であります。 甲板に出た大神以下9名は、 中央通気口を守りつつ、 押し寄せる降魔を蹴散らさねばなりません。 ▲フィールド中央にあるのが通気口だ 勝利条件は、ターン経過。 武蔵めがけて上昇を続けているミカサが、 降魔の活動限界高度…

【2】第十一話その2 緊迫の艦内戦……!

ミカサの発進準備は整っていました。 米田の号令とともに 発進ムービーが挿入され、 空中戦艦・ミカサがついに動き出します! ▲ま、また斬新な発進しやがる! 艦首が完全に上を向いた状態で、 分割された船体をドッグ内で連結したミカサは そのまま真上に上…

【2】第十一話その1 漢の背中!

第十一話から、ディスク3に入れ替えです。 OPを聴き直し、 気持ちも新たにプレイ再開です! 前回、八鬼門封魔陣を開放し 武蔵を呼び起こした京極。 同時に、帝都には降魔が溢れ、 街は瞬く間に蹂躙されてしまいました。 翔鯨丸にて、 米田長官、かえでさんと…

【2】第十話その3 開放された繭

天武に乗り込んで、 王子に到着した2人を出迎えたのは まったく静寂な戦場でした。 そこに仲間たちの姿はなく、 通信で呼びかけても応答がありません。 代わりに現れたのは、 赤坂で倒したはずの黒鬼会の3人です。 ▲驚愕する大神に、不敵に笑う黒鬼会 先に向…

【2】第十話その2 愛情の形

大神が大広間に移動して1時間後。 調理を終えたすみれが、 大広間に現れました。 なぜかボイス付だし、すみれは案の定 「自分で料理したのは初めて」と言うし、 色んな意味でドキドキします。 いやあ、もう展開は読めてるんだ! 大神がどんだけウキウキして…

【2】第十話その1 新年明けまして

ロマンチックな聖夜を過ごした数日後、 元旦を迎えた第十話です。 さくらくんの折り目正しい挨拶に、 サクラ1での、太正十三年の元旦を思い出します。 ▲挨拶の仕方を、すみれに褒められていたっけ アイリスとレニの仲睦まじい挨拶、 織姫くんの陽気な声、 カ…

【2】第九話その3 奇跡の鐘が鳴る夜に

第九話その3です。 主演を抜擢した大神は、そのまま、 舞台の演出まで担当することになったようです。 この上さらにそんな大役を……?! さっそく舞台で、 さくらくんに「セットの雰囲気をどうするか」と尋ねられ、 選択肢が出現。 「荘厳な感じでいこう」と…

【2】第九話その2 究極の選択!

第九話、アイキャッチの三人娘がすげえ可愛いです。 ▲どの私服もいいなあ! BGMもいつもの檄帝じゃなく、 バラードっぽいアレンジバージョンだし、 特別感がありますね。 煉瓦亭から戻り、夜の見回りをする大神。 今回はいつもの見回りと違い、 自由行動では…

【2】第九話その1 念願の煉瓦亭

少し間が空いてしまいましたが、 第九話その1です。 長々お待たせしておりましたのは、 進行上ひじょーーーーーに悩む選択肢があったからでして……。 前回、陸軍のクーデターを阻止した帝国華撃団。 サロンに集まる花組一同は、 最近の寒さについてなど 和や…

【2】第八話その3 9本の矢は折れない

第八話その3です。 正面突破を選んだ花組一同。 勇ましい突撃っぷりです。 敵を蹴散らして、 大型エレベータのようなもので 下降していきます。 その間にも次々と敵が出現します。 正面突破の作戦を取ったため、 敵の出現数が多めのようでした。 ▲ほんとこん…

【2】第八話その2 魔神器なんていらない

ここからは戦闘フェーズです。 「帝国華撃団、参上!!」という 最初の名乗りがさくらだけなのに、 緊張感を煽られます。 フィールドには魔操機兵が展開しており、 黒鬼会がこのクーデターに関わっていることが 明らかになります。 前回人間が敵かと絶望しま…

【2】第八話その1 帝撃の危機……!

第八話はアニメーションから始まりました。 闇夜に並び浮かび上がる銃剣の穂先が 洋館へなだれ込んで行き、 眠っていた主人やソファに腰掛けていた老人に 銃口を向けます。 上がる火の手、 銃撃により倒れる人々。 それがあまりに雄々しく、物騒な雰囲気だっ…

【2】第七話その3 赤い風とともに!

第七話その3です。 アニメーションが挿入され、描かれたのは 突如起きた爆発に逃げ惑う人々でした。 尋常ならざる事態です。 いち早く反応したのは緒方さんでした。 発射されたミサイルのようなものから、 織姫をかばうべく飛び込みました。 ▲呆然となる織姫…

【2】第七話その2 すれ違う父娘

今回のプレイ、 冒頭部分スクリーンショットを撮り逃がしました。 カリーノさんはとっても美人さんでした……。 織姫はお母さん似なんですね。 第七話その2です。 大神は、織姫の父を名乗る男・緒方を 帝劇の食堂に招き入れました。 自分も織姫の力になりたい……

【2】第七話その1 波乱の秋

季節が秋に変わり、いよいよ 物語も佳境に近づいてくる第七話です。 五行衆が、 「残された門」「あのお方」 と、不穏な単語を口にしつつ会話をしています。 前回斃れた水狐のことを嘲る面子が多い中、 金剛だけは水狐の仇を取ろうと息巻いていました。 コイ…

【2】第六話その3 ボクの青い鳥

ここからは戦闘パートです。 大神性格ゲージの影響が まず目に見える形で現れたのはここでした。 大神の顔がずいぶん優男になっています。 ▲下は硬派ゲージ大だった第一話の大神 戦闘の目標はレニの説得です。 戦闘開始時は大神機のみですが、 3ターン目(だ…

【2】第六話その2 揺るがぬ答え

廊下で怪しげな笑い声を立てるのは、 やはりというか、サキさんでした。 ▲なんて典型的な悪役の台詞なんだ…… あろうことか、サキはレニの部屋へ侵入し、 彼女を抱き寄せてささやきます。 まるで吹き込むように、 お前は孤独だと、戦いの中では誰もが孤独だと…

【2】第六話その1 戦う理由

4月中は、今のようなペースで ほぼ日更新ができそうです。 物語もどんどん盛り上がっていくことでしょうし、 勢いに乗って進めていきたいと思います。 さて、第六話からディスク2になりました。 OPの檄帝も2番が収録されていて テンションが上がる! 入れ替…

【2】第五話その5 来年もまた……

第五話は超ボリューミーだ! ここからは戦闘パートです。 セーブ明け、突然当たり前のように喋りだす謎の女。 花組を潰す気満々の女の前に、 光武に搭乗した華撃団が堂々現れます! ▲ついに勢揃いでの名乗りだ! 対する女は、アップになってみると 恐ろしく…

【2】第五話その4 この手は絶対離さない

大神の部屋からなくなってしまったキネマトロンを探して、 ここからは自由行動です。 帝撃でないところを歩き回るのは新鮮ですね。 ▲旅館内装。見切れている左側には庭がある 庭→花火のカスの掃除をしている紅蘭。 せっかく持ってきたキネマトロンを活用して…

【2】第五話その3 美少年の正体は

翌朝。着替えてみんなの部屋へ向かう大神。 って、劇場でもないのにやっぱりモギリ服なんですね(笑) 私服はないのかい大神くん。 女性陣は、今日は三組に分かれて行動するそうです。 カンナ、紅蘭、織姫は山へ。 すみれ、アイリス、レニは海へ。 さくら、…

【2】第五話その2 夏の夜の夢……!

さて一同は熱海に向かうバスの中。 なんだか修学旅行みたいですね(笑) ▲紅蘭はなぜ床に座り込んでいるんだ(笑) 熱海へ向かう間の暇つぶしにと、 アイリスに誘われた大富豪をやってみます。 ▲JOKERの米田が腹立つwww ゲームの開始時や終了時、 パスし…

【2】第五話その1 花組の夏休み

売店の掃除をしていた大神と帝劇三人娘。 椿ちゃんが任務でしばらく不在になるという話の最中、 米田支配人の陽気な声が響きました。 2ヶ月の入院生活の末、 ついに米田が帰ってきたのです! ▲おかえり、米田のおっちゃん! さっそく夜には退院祝いの宴会で…

【2】第四話その3 咲き揃う花!

火の手上がる料亭をなんとか脱出した大神と紅蘭。 翔鯨丸と合流し、黒鬼会・火車戦です。 前回選んだ作戦の通り、 山口さんが安全な場所へ移動するまで 花組が囮になって戦います。 ▲名前の通り炎を操る男だ 戦闘開始直後、紅蘭と会話。 紅蘭機の特徴につい…

【2】第四話その2 君は一人じゃない!

帝劇が平和な午後を過ごす頃、 黒鬼会・五行衆がまたも顔を揃えていました。 米田の暗殺に失敗した黒鬼会は、 もう一人のメンバー水狐を実働部隊として、 帝劇と、山口和豊なる人物の打倒に動いているらしい。 ▲水狐って女なのか やはり米田暗殺には黒鬼会が…

【2】第四話その1 平和なひととき・・・

第四話、季節は夏。 さくらくんの新鮮なワンピース姿からのスタートだ! 俄然テンションが上がった。 どうですか?と感想を聞かれるが、 そりゃあ似合ってるとも! LIPSで答えて、信頼度がアップ。 ▲まるきり恋する乙女のさくらくん あー、よかったー。に心…

【2】第三話その3 すみれの生きる道

帝劇への援助を断たれてでも、 すみれを連れて帰ると宣言した大神。 それが帝劇の総意かと声を荒らげる神崎忠義に応えたのは、 耳に馴染みのある女性の声でした。 「あやめさん?!」と思わず声を上げた大神。 タイトな陸軍の制服姿。 明るめの茶髪。 ただ違…