読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サクラ大戦プレイ日記

DC初心者が20周年を迎えたサクラ大戦をプレイ

第三話その2 やたら紅蘭に縁がある。

 

第3話の2パート目。

アニメシーンからのスタートです。

どうやらマリアの過去のようですね。

 

f:id:yon-sakura:20161224224602j:plain

▲画面いっぱいに恐ろしいまでの美少女が

 

突然流れたアニメに驚きつつ、

可憐なマリアとショッキングなシーンに戸惑いつつ、

マリアのセクシーな寝姿に動揺します。

 

警報が鳴り、地下司令室に集合する面々。

LIPSは、遅れてきたマリアに顔色が悪いと声をかけますが、

ツンとした返事……。

 

f:id:yon-sakura:20161224224656j:plain

▲空席のない司令室。聞く姿勢にも個性が出ている

 

作戦会議ののち、築地に現れた刹那のもとへ向かいます。

6体揃った「帝国華撃団、参上!!」の見栄がまたカッコイイ!

 

そして戦闘へ。

最初に行動するのはカンナです。

「さぁ試し切りしてみてくれ」とばかりに足軽がいるので、

早速攻撃。そのダメージなんと90超え!か、カンナ強ェ~!

 

ところで、戦闘中のカーソルの動きが早すぎて

上手く操作できないのですが、どうしたらいいんだろうか……。

 

カーソルに悪戦苦闘しつつ、気を取り直して

カンナに「前線で戦ってくれ」とLIPSで指示します。

カンナの参戦で一気に前線の火力が上がり、

戦闘が俄然楽しくなりました。

必殺技を出し惜しみしないことも覚えました。

 

雑魚を一掃し、一気に戦場奥の刹那の元へ。

ここでイベントが発生し、逃げ遅れた男の子が刹那の前に飛び出してきます。

 

子どもをかばって大神機は倒れ、刹那は船に乗って逃げてしまいました。

トドメを刺さないツメの甘さ

いえ、いくら大神機を沈黙させたとは言っても5対1、

黒之巣会幹部とはいえ分が悪いのでしょう、多分。

目的の2人の内1人を倒せば上々なのかな。

 

しかしこのLIPS、迷わず「子どもを助ける」を選びましたが、

これ時間切れになったらどうなるんだろう……。

 

 

さて、大神さんは意識を失ってしまったようだ。

目が覚めたとき、目の前に飛び込んできたのは、

紅蘭と天海だった!

 

大神さんを改造しろ!という天海の命令に、

紅蘭「よっしゃ、まかせとき!」

軽っ!!

 

f:id:yon-sakura:20161225001139j:plain

▲大神さんのくっ殺

 

闇落ちした大神さんって想像ができないですが、

どんな痛ましい事件が起きたらそうなるんでしょうか。怖い。

TV版の世界線ならあるかもしれませんな。

 

やめろ!と叫ぶ大神さんに、一度人体改造してみたかったと笑う紅蘭。

闇落ちはともかく、なんだこのヤラシー展開は……と半笑いで見ていると

さくら に起こされてしまいました が起こしてくれました。

 

f:id:yon-sakura:20161225001534j:plain

▲「夢だったのか。」そりゃあね

 

 

LIPSで「あの子はどうなった」と尋ねると、

花のように笑ってさくらが無事を知らせてくれました。

すみれ、カンナ、アイリス、紅蘭の好感度も上がります。

 

医療ポッドの中で3日も寝込んでいたそうですが、

それ体を強く打ったどころじゃないんじゃあ。

 

f:id:yon-sakura:20161225001631j:plain

▲アイリスのスネ顔かわいいんだよなあ

 

心配したという紅蘭に(改造しようとしたくせ)は笑えました。

夢の中のことを根に持つんじゃないwww

 

紅蘭特製の怪しげな薬を飲んで、また大神さんは眠ってしまいました。

 

さて夜半。

誰かがやってきて、大神さんの額に触れていきます。

冷たい手だと言っていましたが、マリアかな?

 

次に現れたのはカンナでした。

元気が一番、笑顔が二番、メシが三番とは、単純ですが分かりやすい。

弱音を吐く隊長を、カンナが励ましてくれます。

カンナは素直でいい女なので、う~ん、心が揺れます。

 

カンナが去り、次に部屋を訪れたのはマリア。

「ちょっと通りがかったから」と言う。

 

f:id:yon-sakura:20161225001817j:plain

▲礼儀正しい…かと思いきや

 

隊長の俺がこんなことになってしまって、

と言った瞬間、BGMが不穏なものに変わり、マリアの顔が厳しくなります。

なぜ子どもをかばったりしたのか、と詰問するマリア。

子どもをかばったがゆえに、他の多くの民間人が危険に晒されるのだと。

 

LIPSは「それは違う」を選択し、

子どもを見殺しになどできない、と熱い大神さんですが、

好感度は下がってしまいました……。

 

言葉を交わす2人の間に青い火花が散ります。

 

f:id:yon-sakura:20161225002140j:plain

▲第3話のタイトルがここで

 

それではあの時と同じなのです……と寂しい顔をし、

複雑な心境の大神を置いて部屋を出ていってしまうマリアですが、

こんな風に口論するために部屋を覗きに来たんじゃないんだよな、きっと。

 

「マリアにも一理ある」と、

もう一度話をしようと部屋を出ると、

マリアの部屋から話し声が。

 

同期のカンナとマリアが話をしているようだ。

長い付き合いなのに、隠し事をして頼ってくれないマリアに

カンナもやきもきしている様子が伺えます。

一生口きいてやんないからな!という子どものようなセリフも

カンナがただただ純粋にマリアを信頼し、思いやっているのだなあと感じました。

 

さて、カンナが出て来るところでLIPSが発生し、とっさに「かくれる」を選択。

書庫で意識を失った大神さんはまた夢を見ます。

隊長失格だ、お前はもうお払い箱だとみんなから罵られる夢……。

 

f:id:yon-sakura:20161225002312j:plain

▲紅蘭www

 

 

目覚めると、あやめさんの部屋でした。

銀座へ異動してきたそうです。

赴任早々力仕事(大の男を引きずって連れてくる)させてすみませんあやめさん。

 

f:id:yon-sakura:20161225002445j:plain

▲昔っから人の世話ばかりしているわ

 

LIPSは素直に「隊長失格ですか?」を選択。

あやめさんにしっかり諭されてきました。

 

ちなみに、あやめさんの部屋は隊長室の隣。

こ、これは……ゴクリ。

 

マリアの部屋に行く前に書庫へ寄り道すると、紅蘭がいました。

「声をかける」で起こし、好感度がアップ。

寝ぼけている紅蘭もかわいいですな。

 

f:id:yon-sakura:20161225002658j:plain

▲チラ見えする脚がすばらしい

 

ついでに他のところにも寄ってみようと1階へ降りると、

外へ出ていこうとするマリアに遭遇しました。

待ってくれ!と引き止める大神さんに、飛び出していくマリア。

えっ、急展開だ!なんか順番間違えたか?

 

外へ出ると、刹那の顔が空中に映し出されていました。

どんな技術や能力なんだそれは……?

 

マリアを革命の闘士、クワッサリー、鬼畜と呼んで煽った刹那は、

マリアを呼び出します。

 

LIPS「クワッサリーって?」

マリアは無言。

あんな挑発には乗らないと言って、帝劇内へ戻っていきました。

 

 

その3へ続く。