読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サクラ大戦プレイ日記

DC初心者が20周年を迎えたサクラ大戦をプレイ

第三話その3 ツンドラが溶けた!

サクラ大戦1

 

背景が紫陽花で、これが劇中の季節を表しているのか!

ということに気が付きました。

第3話は梅雨の頃、6月くらいなのでしょうか?

春さくらの咲く頃に赴任してきたので、

もう2ヶ月も経っているんですね~。

 

さて、マリアが刹那に挑発され、呼び出されたところでした。

部屋に戻ると、忙しないノックの音がして、

カンナが駆け込んでくる。

どうやらマリアが1人、光武に乗って飛び出していってしまったらしい。

めっちゃ挑発乗るやんけ!ですよね!!

 

各人戦闘服になって、司令室に集まりました。

 

f:id:yon-sakura:20161225185850j:plain

▲アイリスの戦闘服は胸元がリボンになっていてかわいい

 

マリアの過去が、あやめさんの口から語られます。

“兄のように”慕っていた隊長の死……

彼女のキャラクターソング「オンリーマン」を聴くと、

彼女の中にあっただろう深い深い愛情を思われされます。

皆が思い思いに、マリアへの思いを口にしつつ出動です。

 

 

戦闘パートは前回と同じ地形。

戦場奥で、戦闘不能になってしまっている

マリア機の横マスへたどり着けばクリアです。

 

f:id:yon-sakura:20161225190046j:plain

▲敵に囲まれ、刹那に攻撃されてしまうマリア

 

前回は考えなしに突っ込んで

最短距離・敵が多い・ドラム缶を壊して進むルートを取りましたが

今回は遠回りをして敵の少ないルートへ進んでみました。

このゲームには経験値という概念がないので

雑魚をスルーしても特に損はないですが、

“村人全てに話しかけないと気が済まない(ドラクエ)”

"雑魚を一人残らず蹴散らさないと気が済まない(無双シリーズ)”

という人なので、なかなか葛藤がありますw

かばうが発動すれば、好感度も上がりますしね!

今まで上手く使えていなかったのですが、

今回はカンナ、さくら、すみれ、紅蘭とみんなをかばうことができました。

 

そういえば、かばうときのセリフも、

さくらなら「俺は必ず、きみを守る!」だし、

カンナなら「防御なら俺に任せろ!」だし、

関係性の違いを感じて面白いです。

 

マリア機の横にカンナをつけると、

「隊長、マリアがいないぜ!」

もしかして隣につける人ごとに台詞が用意されているんだろうか。

 

無人のマリア機の横には、

前回パートで拾ってあげたマリアのロケットが落ちています。

 

女は預かった!とまた夜空にスクリーンのようなもので

映し出された刹那のどアップの顔。

さ、さらわれたマリアを救出せねば!

私はわるいオトナなのであらぬ妄想が脳内を駆け巡りますが、

脇に置きましょう。

 

助けたければ大神1人で来いという刹那に、大神さんは

「もしマリアだけでも帰ってくれば、

 彼女を隊長にして部隊を再編しろ」

と無茶苦茶を言い放ち、単身刹那の元へ向かいます。

 

f:id:yon-sakura:20161225190755j:plain

▲隊長失格どころか投げうっている

 

隊長としたら恐ろしい判断ですが、

大神さんってこんな無鉄砲なキャラなのか。

しかし、思えば彼も士官学校を出たばかりで

女の子だらけの職場に放り込まれ、モギリをやらされ、

上司は酒ばかりだし、隊長失格です!とか言われるし、

カンナやあやめさんの前では弱音吐いてましたね。

彼なりにやれることを真っ直ぐにやっているだけなのか……

と思ったり。

彼もどんどん成長し変わっていくのかな。

こういう正義感の塊みたいな主人公は大好きです。

 

 

刹那の元へ到着。磔にされたマリアがいました。エロい。

 

f:id:yon-sakura:20161225192147j:plain

▲台詞に合わせて唇が動く。エロい

 

これは罠です!と叫ぶマリアに、

「ワナかもしれない。俺の判断ミスかもしれない……」

それでもマリアを見捨てるわけにはいかない!と隊長。

そして刹那に傷つけられ、追い詰められる隊長。

お約束展開が熱いぜ!

 

もちろん、助けに入ったのは後から追いかけてきたさくらたち。

 

f:id:yon-sakura:20161225193941j:plain

▲若干キャラにブレを感じるが、いい台詞だ

 

(よ、よく考えたら隊長、

 突っ込んできてケガしただけだな……)

 

刹那の戦闘パートは、

カンナ・マリア・さくらの必殺技、そして

紅蘭の遠隔攻撃で難なくクリア。ほんの数ターンで済みました。

敵の必殺技すら見なかった……もったいなかったかな?

 

f:id:yon-sakura:20161225194314j:plain

▲勝利のポーズはもちろん、マリア

 

 

さて、闇の晴れたマリアの後ろには後光が差していました。

 

f:id:yon-sakura:20161225194250j:plain

▲呼び方が「少尉」から「隊長」に!

 

た、たまらん……ツンドラが溶けた~~~~……!

心なしか声が柔らかく、高くなっています。

ロケットを返すときの台詞、

「中を開けて……いませんよね?」

の声の調子がまたたまらなくかわいいです。

今までの硬質な態度はどこへやら、

隊長!と連呼してくれる様もまあかわいいこと。

 

あまりにイイ~カンジの雰囲気なので、

他の面々が嫉妬してくれます。

みんなのジト目がまたかわいいんだ。

 

f:id:yon-sakura:20161225194530j:plain

f:id:yon-sakura:20161225194538j:plain

f:id:yon-sakura:20161225194542j:plain

▲みんなの目がまた私をニヤけさせる

 

カンナのコメントはなく、

紅蘭は「すみに置けんお人やなあ」の一言でしたが、

君らもどうなんだい、隊長にホの字なんじゃないのかい。

 

 

花組の面子が揃い、マリアには隊長と認められ、

展開も熱く楽しい回でした。

 

 

第3話はここまで。

お次は第4話、お待ちかねのアイリス回です!

次回予告だけでも、もうたまらん……