読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サクラ大戦プレイ日記

DC初心者が20周年を迎えたサクラ大戦をプレイ

第四話その2 LIPSって超大事

遅ればせながら、去る12月24日はレニのお誕生日でしたね。

おめでとうございます!

 

サクラ大戦2で会える日を楽しみにしつつ、

本日は第4話その2です。

 

 

f:id:yon-sakura:20161228000959j:plain

▲冒頭から支配人室で絞られている

 

前回アイリスの暴走によって

活動写真館が潰れてしまい、

大神さんとアイリスが米田さんに叱られております。

深刻な事件なのですが、

盗み聞きをする3人の顔がとてもかわいい。

カンナのきょとんと幼い顔も、

紅蘭の猫のような顔も、

すみれさんの唇をとがらせたおちゃめな顔もw

個性的で愛しいですなあ。

 

米田の叱責に頭を下げる大神に対し、アイリスはふくれっ面。

この膨れた顔の立ち絵がまたカワイイ……

ってかわいいばかり言ってるな。

 

なぜかその場にマリアもいますが、元隊長だから?

それともお母さん的な?立ち位置だからなのでしょうか。

 

f:id:yon-sakura:20161228001054j:plain

▲だってセリフがめっちゃオカン

 

アイリスに処分を求めるマリアに対するLIPSは、

「自分の責任だ」としました。

マリアさんの好感度が下がったし、

「少尉!」と声高に叱られてしまいました。

また“少尉”呼びになっていて悲しいw

 

アイリスを謝らせるのもなあ……いや、

確かにやったのはアイリスなんだけど……

大神さんの管理者責任的な…

いやでも、「悪くないもん!」は

ちょっとお姉さんじゃないぞアイリス!とか……

そんなことを考えていたら、

アイリスが「子どもじゃないもん!」と言って

飛び出していってしまいました。

うーん、読まれている。

 

盗み聞きをしていた3人が

開いた扉でペラペラになる描写は笑いましたww

最近見ない気がするぞこのギャグ。

 

f:id:yon-sakura:20161228001209j:plain

▲この後、律儀にアイリスの行き先を教えてくれた

 

次の行動をLIPSで選択。

ここではまっすぐアイリスを追いかけることにします。

途中さくらに出会い、

アイリスが自室にいることを聞きました。

 

アイリスの自室前では、

アイリスに扉を開けさせるために

先ほどの3人が知恵を貸してくれます。

どうでもいいけど、部屋にこもったアイリスの衣装が

既にパジャマになっていて、

その細やかさイイネェ~とメタい感想を抱きました。

そうじゃなきゃアイリスの律儀さが愛しい。

 

f:id:yon-sakura:20161228001309j:plain

▲ノックしたときにはもうパジャマ

 

すみれを選んでみると、好感度が上がり、説得を開始。

多分コレ、選んだ誰かが無条件に上がるやつですね。

すみれとは、一度ミニゲームをしたきり

あまりイベント等もなく過ごしてしまっているので、

もう少し絡んで行きたいところです。

 

さて、肝心のすみれの第一声が「アイリスちゃ~ん!」で

(やべえ!これギャグ展開行っちゃうやつ?!)

と頭を抱えましたが、

すみれさんがなかなかいいことを言うんですよね。(失礼か?)

そんな暗い顔をしていたら化粧をしてもダメだと、

化粧には笑顔が何より大事だと。

笑った顔にする化粧が、

たしかに一番魅力的かもしれないですね。

もしくは、笑顔が一番のお化粧だというやつか。

 

……と私はマジ~に感心していたのですが、

アイリスはすみれをうそつき呼ばわりして

部屋から叩き出してしまいました。

 

人の心が読めるアイリスは、

「アイリスを説得するくらいちょろい」、という

すみれの気持ちを読んだのだとか。

いかん、私という名の大神さんが考えているハレンチィな妄想も、

このいたいけな少女に全部筒抜けてしまうのか…?!

い、いやそれにしても、すみれくんの化粧論は

多分嘘じゃないと思うぞ、アイリス!

 

再び「俺はどうしたらいいんだ……」と途方にくれる大神さん。

赴任して以来、女の子に振り回されっぱなしですね。

(この先4までずっと振り回され続けるわけですが……)

LIPSで「もう一度声をかけてみよう」を選ぶと、

「隊長の俺があきらめるわけにはいかない。」

とまるで戦場に赴く戦士のような面持ちで隊長が言う。

なんつーか、隊長時々天然ですよね?w

 

天然を発揮する隊長を止めたのはあやめさんでした。

アイリスを子どもとして扱うのがよいのか、

大人として扱うのがよいのか問われます。

うなりながら「どちらも正しくないと思う」と答えると、

あやめさんは「そこまでわかっているならもう何も言うことはない」と……

えっ待ってくれあやめさん、何が正解なんだ、教えてくれー!!w

「あとはあなたの行動しだいよ、大神くん」

LIPSがんばれってことですかね。

 

f:id:yon-sakura:20161228002344j:plain

▲あやめさんのまつげが長くてドキッとした

 

「ワタシ、今大神さんとシンクロしてる……」

と思わずつぶやくほどうろたえる私。

あやめさんはわかってるなら大丈夫とか言うし、

いやいや全然わからない。

むずかしいなあ。どうしたらいいんだろう、

アイリスは子どもじゃないけど大人でもないんだよな……?

ただただ かばったり、なだめすかすんじゃなく、

責任を押し付けるんでもない……。

やっぱりLIPSがんばれってことか。選択肢に身を任せよと。

 

 

悩みつつその3へ続きます。