読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サクラ大戦プレイ日記

DC初心者が20周年を迎えたサクラ大戦をプレイ

第四話その3 子どもだっていいじゃない

サクラ大戦1

12/29-30は、秋葉原で開催されていた

サクラ大戦アートフェスティバル2016」、そして

そのスペシャルトークショーに行ってきました。

原画展は言わずもがな素晴らしかったですし、

トークショーもとっても楽しむことができました。

 

 

さて、第4話その3です。

前回は、アイリスとの接し方について

あやめさんとお話をしたところで終わっていましたね。

 

このパートも、第3話と同じく

アニメーションから始まります。

 

 

夜、帝劇前の街頭の下にひとり佇むアイリスのもとへ、

駆け寄ってくるタキシード姿の大神さん。

憂い顔を一転笑顔に変えたアイリスが、

ジャンポールを取り落とし立ち上がると、

なんと大人の姿に変わったではありませんか!

 

f:id:yon-sakura:20161230205704j:plain

▲なんて純真無垢な笑顔

 

その場へジャンポールを置き去りにして、

駆け出したアイリスは

大神さんと抱きしめ合います。

ジャンポールを置いていくのは、

大人になることを表現しているのでしょうか……。

 

「お兄ちゃーん!」

その姿でお兄ちゃんはヤバいな!!興奮する!!

 

大神さんの胸に顔をすり寄せて、

アイリス「お兄ちゃんって、あったかい……」

 

お、大人版アイリスたまんねえなあ?!!?

 

あまりにもけしからんコンボに意識が遠のきます。

しかしアニメーションは続き、目を離すことができません。

 

f:id:yon-sakura:20161230210128j:plain

▲なんと…なんとけしからんアイリス

 

このアニメーションがまたキレイ。

40秒弱程度のアニメーションですが、

アイリスのかわいらしさ、純真さ、美しさ、あたたかさ……

その魅力が余すことなく伝わってくるようです。 

 

目を閉じたアイリスに、目を閉じた大神さんが

キスしようとしたところで、

画面は切り替わりアイリスの部屋に。

やっぱり夢落ちなんですね。

早く大人になりたい、というアイリスの顔が切ないです。

 

 

朝になると、大神さんは自動的に

アイリスの部屋へ移動します。

 

扉をノックしLIPS。

「デートのやり直しをしよう」と誘います。

しかし、アイリスは「いや!」の一点張り。

お兄ちゃんと腕も組めないし、

アイリスは子どもだからお兄ちゃんが楽しくなさそうなんだもん、と。

そんなことないよアイリス!!!!!!!!!

私は画面の前で絶叫しましたが

隊長はあくまで優しく穏やかに(声ないけど)

そんなことないよ、となだめます。

 

頑ななアイリスはここでさらなる爆弾を投下。

「じゃあ……キスして?」

 

ひ、ひぇぇええぇえぇ………?!

 

リアルにこんな声を出しました。

きききききキスゥ?!アイリスにかい!

隊長も(どうしたらいいんだ……)と心の声で叫びます。

なんだもう第4話はこればっか言ってるぞ!

動揺する私と隊長に、LIPSは容赦なく襲いかかる!無慈悲な!

 

f:id:yon-sakura:20161230212233j:plain

ってキスする一択じゃねえか!!

 

時間切れにするかギリギリまで迷いましたが

ええいままよとばかりにAボタン。

しかしアイリスは。

「愛してなんかいない!キスしたいとも思ってない……!」

「やっぱりアイリスのこと子どもだと思ってるよ!」

アイリスは大神さんの心が読めてしまうのでした。

悲鳴のような声を上げて、

アイリスは走り去ってしまいました。

 

なかなか胸に刺さる指摘です。

アイリスを女性として愛している全国の大神少尉も

もちろんいらっしゃるでしょうが、

今私が相対している10歳のアイリスは

私にとっては恋愛対象とは違う、愛すべき存在なのです。

アイリスもかなり強力な初回攻略候補ですが、

もし攻略するそのときには、

大神さんのパートナーとして隣に立たせる女性、

という理由で選出するのではないのでしょう。

アイリスにとって、それは残酷なことなのかな……。

 

とツラツラ考えましたが、

画面内では警報が鳴っています。

どうも、アイリスが光武に乗って出ていってしまったがゆえの警報らしい。

えっ、アイリスの光武があるのか?!

誰かの光武に乗っていったのかと思ったら、

なんでも花やしきから届いた新しい機体だとか。

 

f:id:yon-sakura:20161230213641j:plain

▲TV版では、初めて光武に乗ったさくらが光武を暴走させていた

 

そんなアイリスの向かった先は浅草。

さらに警報が鳴り、黒之巣会が浅草に出現しました。

アイリスの保護と黒之巣会の殲滅を目的に

花組は出動します。

 

出発前に、あやめに呼び止められました。

アイリスのよさは

アイリスの「子どもらしさ」であって、

無理に背伸びして大人ぶる必要はないのだ、

それを伝えてやってほしい……。

せやなあやめさん。

 

さらに大事なのは、

子どもであることを恨めしく思ってはいけないということや、

子どもとして扱われることを、

ないがしろにされていたり、軽んじられていると

感じる必要はないのだということでしょうか。

アイリスは子ども扱いされることに、

何か疎外感やコンプレックスを

抱えてしまったのかもしれませんなあ。

 

LIPSで「必ずアイリスを救出するぞ!」と高らかに宣言。

みんなの好感度が上がって、戦闘に移ります。

 

 

長くなりましたので、その4へ続く。