読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サクラ大戦プレイ日記

DC初心者が20周年を迎えたサクラ大戦をプレイ

第五話その3 一時休戦!一件落着?!

※画像追加(17/01/05)

 

第5話もいよいよ戦闘パートです。

楔を打ち込んだミロクが

華撃団に戦闘を仕掛けてきます。

 

今回は地形が非常に変則的で、高低差も激しいです。

 大神機・カンナ機・すみれ機と、

さくら機・マリア機・紅蘭機・アイリス機の

二手に分かれて戦闘が始まりました。

 

f:id:yon-sakura:20170105160505j:plain

▲川のようなものを隔てて3・4に分かれている

 

戦闘中、カンナ機・すみれ機が隣接すると

また喧嘩が始まってしまい、高速LIPSが発生。

すみれ、カンナを選びきれず時間切れにしてみたところ

大神隊長が2人を叱りつけ、

2人の信頼度が上がりました。

選ばなくて正解だったようですね!

 

また、2人は、互いが敵を倒すと互いを褒めるという

ちょっとしたデレを見せてくれます。

 

さて、この回は「紅蜂隊」という2回行動できる脇侍の他、

蒸気火箭という固定砲台が敵ユニットとして存在しています。

この蒸気火箭、攻撃力が結構高い!

距離が近いほどダメージが大きいのかな?

迂闊に近づいてしまい、

さらに敵の攻撃も大神機に集中するので、

危うく初のゲームオーバーになるところでした……。

 

ミロクに一撃当てると、紅蜂隊の脇侍が複数体現れ、

ミロクが一旦フィールドからいなくなってしまいます。

こういう雑魚を狩るのにとっても便利なのがすみれの必殺技。

地形的に、遠距離攻撃のできるマリア機、紅蘭機も活躍しました。

アイリスのテレポートも、地形無視の移動ができるので便利でしたね!

 

紅蜂隊を殲滅すると、やっとミロクと対決!

……かと思いきや、ミロクはさくら機に謎の光線を浴びせ

そのまま撤退してしまいました。

 

f:id:yon-sakura:20170105161018j:plain

▲謎の赤い光線。カンナはただのハッタリだと言うが……

 

なんだか不可解な思いを抱きつつ、勝利のポーズ!

 

f:id:yon-sakura:20170105161106j:plain

▲音頭を取るのはもちろんすみれとカンナ

 

中央で頭と腹をぐりぐりとし合っていますが、

ま、まあ仲良くなったのでしょう!

エピローグでは、カンナがすみれの戦いぶりを褒め、

すみれも素直でないながらにカンナを賞賛しました。

 

そういえば……ヘビとクモの毒にやられていたすみれとカンナ。

紅蘭が持っていた毒の検査器で、

有毒ではないことがわかりました。

 

f:id:yon-sakura:20170105161221j:plain

▲さくらくんの的確なツッコミ

 

俺の苦労はなんだったんだ……と崩れ落ちる隊長に、

さくらをふっ飛ばしながら駆け寄ってくれるカンナ、

手厚~いお手当を、と妄想膨らむ手を差し伸べてくれるすみれ。

そしてお約束の喧嘩コースです。

 

f:id:yon-sakura:20170105161329j:plain

▲ブスて!!www

 

すみれくん!ブスとか言うんじゃない、

カンナは綺麗じゃないか!!おっぱいミサイルだし!!

 

 

一件落着、仲睦まじい様子の花組に対し、

叉丹とミロクが不穏な影。

さくら機から這い出す小さな使い魔(?)、

ミロクの「見つけた」というセリフ……。

 

f:id:yon-sakura:20170105161452j:plain

▲赤い月を背に微笑むミロク

 

 

朝顔の季節も終わり、次は第6話です。