読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サクラ大戦プレイ日記

DC初心者が20周年を迎えたサクラ大戦をプレイ

第八話その2 新たなる敵

サクラ大戦1

 

マリアの感じた不穏な気配。

その正体は、明治神宮の鳥居の上に立つ葵叉丹でした。

叉丹は、他に見たことのない顔の3人を連れています。

 

f:id:yon-sakura:20170109002922j:plain

▲バカと煙は……なんて全然思ってない。思ってないぞ

 

やはりこの男、天海に忠誠を誓ってはいなかった様子。

全てを破壊してやると息巻いて、

魔の者・降魔を召喚しました。

生身の花組の前に現れる怪物たち。

降魔……って、前に米田さんが語ってくれた

降魔戦争に出てきた降魔か?

 

f:id:yon-sakura:20170109003339j:plain

▲エイリアンVSプレデターを彷彿とさせる

 

 

颯爽と現れた翔鯨丸に助けられ、光武で出動。

ここからは戦闘フェーズです。

 

叉丹、そして新顔の三騎士・猪、鹿、蝶は、

自分たちが相手をするまでもないと姿をくらませてしまいました。

フィールドに残されたのは、4体の降魔です。

しかし……ステータスがおかしい!

耐久力(=体力)が500、攻撃は19、防御は31もある。

ちなみに、大神機のステータスは耐久力120、攻撃が16、防御が16です。

 

f:id:yon-sakura:20170109004614j:plain

▲カンナの必殺技すらこのダメージ量

 

当然、こちらが食らうダメージはハンパじゃない。

翔鯨丸の援護を受けるため、

フィールド奥の鳥居まで撤退するという行動目標が加えられます。

 

撤退が完了すると、あやめさん指揮のもと翔鯨丸が砲撃。

降魔が弱ったところで、戦闘再開です。

降魔のステータスを確認すると、

耐久力が花組のユニットと同じ120まで落ち、

能力もそれぞれ16まで低下しています。

弱らせるってそういう意味でか。

今までの敵と比べれば高いステータスですが、

これなら戦うことができます。

 

しかし、ここで「失敗した~!」と思ったのが、

最初の攻撃で必殺技を使ってしまっていたこと。

戦闘が再開された後も、気力などは回復せず0のまま。

迂闊でした……。

不幸中の幸いというか、降魔は移動力がないので、

距離を置いて戦い、かばうを上手く使って

次のターン攻撃を受けないように立ち回ればなんとかなりそうです。

逃げ回り、回復し、だましだましですが

辛くも4体とも撃破することができました。

 

 

戦闘は終了しましたが、トラブルはまだ続きます。

戦闘のダメージで、光武が壊れてしまいました……。

 

f:id:yon-sakura:20170109011325j:plain

▲大神機の変わり果てた姿

 

今まで一緒に戦ってきた光武の傷ついた姿に、

泣きたくなるほど悲しくなりました。

光武を子どものように想っていた紅蘭は、

言うまでもなく辛いだろうな……。

動かなくなってしまった光武の装甲は、

傷だらけで穴まで空いているように見えます。

もしまたあんな化け物が出てきたら……と、一同顔を曇らせました。

 

 

その3へ続きます。