読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サクラ大戦プレイ日記

DC初心者が20周年を迎えたサクラ大戦をプレイ

第九話その4 愛するあやめ……!

サクラ大戦1

第9話その4です。

 

魔神器、そしてあやめさんを

叉丹に奪われてしまった帝国華撃団

 

作戦室では花組の面々が沈痛な面持ちをしている。

みんな口々に(あのマリアでさえも!)、

今回の出来事に混乱し、嘆き、この先の不安を吐露しています。

そんな中、すみれと米田長官は、

あやめさんを撃った大神を立派だったと褒め、慰めてくれました。

 

f:id:yon-sakura:20170114191212j:plain

f:id:yon-sakura:20170114191017j:plain

▲2人の台詞に少しホッとした

 

みんなが解散したところで自由行動です。

米田さんに「みんなを支えてやってくれ」と言われたので

帝劇内をめぐってみんなに声をかけなければなりませんが、

大神さんにだって支えてくれるひとが必要だよなあ。

先ほどの作戦室のシーンだって、

大神さんは完全に茫然自失といった様子でした。

 

ひとまず地下をぐるりとめぐった後、

1階、2階とひと部屋ずつ見ていくことにします。

 

まず出会ったのは食堂にいたカンナ。

くよくよしていてもあやめさんが帰ってくるわけじゃないだろ?

とメシを食っていましたが、台詞の勇ましさに反して

声は暗く沈んでいました。

 

次に出会ったのは、テラスにいたさくらくん。

こちらは気丈に明るく振る舞おうとしているようです。

がんばらなくちゃとまるで自分に言い聞かせるような台詞が続きます。

そんなさくらに問われました。

「大神さん、あやめさんのこと好きだったでしょ」

LIPSが発生。どう答えるか迷って、結局

「そうかもしれない」と返しました。

自分もあやめが好きで憧れていたというさくらは、

悲しげな表情を一変させて、もっと強くなると高らかに叫びます。

あやめさんを助け出しましょう!という声があんまりにもまっすぐで、

さくらは強いなあ………。

なんだか逆に励まされたような気持ちになりながら、

サロンへ移動します。

 

なんとなく、すみれはここにいるような気がしていました。

強がるすみれを前に、選択肢が発生。これはLIPSではなかったので、

じっくり選び、「少し休んだほうがいいよ」と促してみます。

しかし、すみれはツンとして去っていってしまいました。

 

f:id:yon-sakura:20170114193324j:plain

▲前にも同じ事を言われた気がするな……

 

途中、思わずあやめの部屋の前へ行って

扉を何度かノックしましたが、虚しかった……。

 

あとは個々人の部屋と書架を残すだけ、

と廊下を進んでいくとアイリスに出会いました。

怖い夢を見て眠れないと涙を浮かべるアイリスをうながして、

自室へ入らせます。

どんな夢をみたの、と尋ねた大神に対する、

アイリスの固くて表情のない、冷たい声にぞっとしました。

 

f:id:yon-sakura:20170114194331j:plain

▲微笑む顔にそぐわない声だった

 

みんながあやめのようにいなくなる夢を見たというアイリスは、

しきりに「ひとりぼっちにしないで」と繰り返します。

ずっと一緒にいるよと同じだけ繰り返して答える大神さんですが、

アイリスのイベントを見て、

こんなに寂しい気持ちになったのは初めてかもしれない。

 

f:id:yon-sakura:20170114194449j:plain

▲最後には泣きながら眠ってしまった

 

書架には紅蘭がいました。

 

f:id:yon-sakura:20170114194932j:plain

▲紅蘭は泣いていた

 

泣いている紅蘭は、ともすればアイリスより

よほどひどく泣いていたかもしれません。

しゃくりあげながらあやめのことを想う紅蘭。

学校へも行ったことがなかった紅蘭を、

日本へ連れてきて、勉強させてくれたのがあやめだったのだと言います。

そういえば、あやめを撃ったとき、

「なんでや!」と叫び声を上げていたのは紅蘭だったっけ。

妙に合点がいきます。

大神は必ずあやめを助けると約束し、紅蘭を励ましました。

 

最後はマリアです。

部屋の扉をノックすると、彼女は無言で大神を招き入れました。

花組の中では、あやめとの付き合いが一番長かったのは

自分だったと、マリアは言います。

マリアも紅蘭と同じく、あやめさんに救われた1人だったんですね。

このとき、マリアは珍しく(おそらく初めてだ)、

大神のことを「少尉」でも「隊長」でもなく、「大神さん」と呼びました。

 

全員に話しかけた後は、1階へ戻って支配人室へ。

あやめを実の娘のように思っていたという長官は、

「いつかどこかへ行っちまうと思っていたが」といいます。

きっとそれは、こんな形じゃなくて、

幸せなあやめさんの姿を思い描いていたんでしょうな……。

自室に戻った大神は、あやめの銃を眺めながら、

あやめさんのことを想いました。

 

 

一方の叉丹は、聖魔城の復活を今か今かと待ちわびていました。

チクショー、あやめさんのこと

気軽にあやめあやめ呼びやがって!

次に戦うのは三騎士最後のひとり・蝶のようです。

 

 

花組は再び作戦室に集まっていました。

このままでは、東京湾に聖魔城が復活してしまうからです。

聖魔城は、神機――強力な霊子砲――を備えているといいます。

その復活を阻止しようと出撃仕掛けたその時、

帝劇を衝撃が襲います。あやめさん……いや殺女だ!

 

f:id:yon-sakura:20170114204111j:plain

▲やっぱりぞっとするような美人だ

 

 

次は戦闘フェイズ。

その5に続きます。