読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サクラ大戦プレイ日記

DC初心者が20周年を迎えたサクラ大戦をプレイ

【2周目】第一話その2 ただのモギリ係です

前回の更新からだいぶ間が空いてしまいました。

サクラ大戦2周目、第一話その2です。

 

前回は、帝劇を訪れた大神が

支配人室の米田中将へ着任の挨拶に訪れるところでしたね。

 

 

支配人室へ入室を許可された大神は、

「ただ今、出頭いたしました!」

ときびきび挨拶。

対して、そんな大神に声をかけたのは、

猪口かショットグラスのようなものを片手に

顔を赤らめた、べらんめえ口調の老人(?)でした。

 

f:id:yon-sakura:20170212152743j:plain

帝国華撃団総司令・米田一基

 

べろっべろに酔っ払った様子に、

な、なんだこの酔っぱらいのじいさんは?!

と明け透けな感想を抱く大神。

君、時々びっくりするくらい失礼だな!!ww

LIPSが発生し、「あなたが本当に米田中将か」と

大神は恐る恐る尋ねます。

米田はこれに怒りを露わにし、

てめえは階級章がなけりゃ人が見分けらんねえのか!と

バリバリの江戸弁で罵倒。ヒィ、怖ェ!

 

謝罪する大神に、呂律の怪しい口調で、

米田は最初の指令を出しました。

着替えて受付へ行け、と。

 

 

支配人室を出ると、廊下で立ち聞きをしていたらしい

さくらとアイリスに出くわしました。

発生したLIPSは、それを詰問する台詞と、

目的地である受付の場所を尋ねる台詞。

ここでは後者を選択します。

続けて発生したLIPSで、案内を2人に頼むと、

さくら、アイリス2人の信頼度が上がりました。

 

この流れは、1周目で経験済み。

予想するまでもなく、どちらかに案内を頼んでしまうと、

片方の信頼度が下がるんだろうな。

 

f:id:yon-sakura:20170212154833j:plain

▲なんだか妙に軟派な大神

 

受付は、初めに通ってきたロビーの脇にありました。

けいこがあるのでと立ち去りかけた2人に、LIPSで

「けいこがんばれよ!」と声をかけておきます。

これでまたさくらとアイリスの信頼度がアップです。

アイリスは元気よく返事をし、さくらも

「大神さんも、モギリのお仕事がんばってくださいね!」

……モギリ?

ハサミ、モギリ……このキーワードに大神が首をかしげる間もなく、

大神の前にはキップを手にした客が詰め寄せていました。

 

客の指摘によって、着替えた服がキップ係の制服で、

命ぜられた初任務がモギリだということに気がついた大神。

 

f:id:yon-sakura:20170212160243j:plain

▲顔がひきつっている

 

戸惑い、疑問を湧き上がらせる大神ですが、客は待ってくれません。

新人だなんだと罵倒してくる客に憤然となって、LIPSが発生。

 

「お客さん!

 自分は、今でこそモギリをしていますが、実は……」

 

……ただのモギリ係です。

秘密部隊の名を口に出すわけにはいかないと

歯を食いしばりました。

 

キップを切っていると、すみれのファンだという男に

すみれは好きか、と問いかけられ、LIPSが発生。

次に現れた子どもには、キップの切り方も知らないとバカにされ

LIPSが発生します。

LIPSの発生頻度、結構高いですね。

前者は好みのタイプだと告げてファンレターを託され、

後者は我慢してオトナの対応を取ることを選びました。 

 

 

そんな風に初めてのモギリに奮闘していた大神ですが、

いくらなんでもおかしいと改めて感じ始め、

ついに隊員や米田中将を問いただすことに決めました。

隊員たちを探すべく、自由行動に入ります。

 

自由行動が始まる前に、売店で売り子をしている

椿ちゃんに声をかけられました。

はつらつとした、活発そうな女の子です。

せっかくなので、自由行動一発目は売店に寄りましょう。

 

f:id:yon-sakura:20170212162047j:plain

帝国華撃団風組隊員・高村椿

 

売店では、花組の面々のブロマイドが売られています。

 

f:id:yon-sakura:20170212162600j:plain

▲ブロマイドは全隊員分ある

 

隊員たちのブロマイドが売られていることに

衝撃を受ける大神ですが、

「かわいいブロマイドだし、もらっておくか」と

わかるようなわからないような理由と謎の適応力を見せ、

売店を後にしました。

 

2階のサロンでは、お茶を楽しんでいるすみれに出会いました。

LIPSが発生し、「帝国華撃団について聞く」こともできましたが、

ひとまず先ほど預かった手紙を渡します。

すると、信頼に足る人物だと思ってもらえたのか、

絶賛されてすみれの信頼度がアップ。

 

会話をしていると、すみれを呼びにさくらがサロンへやって来ます。

ここですみれの問いかけにより、高速も高速、超早い高速LIPSが発生。

さくらとすみれ、どちらが好みのタイプかと尋ねられます。

迷う時間もねえ!

今回はさくらくん狙いなので、ここはさくらくんを選択します。

激昂してしまったすみれの信頼度は下がり、

さくらの信頼度は上がりました。

 

f:id:yon-sakura:20170212165035j:plain

▲うーむ、胸が痛い……

 

すみれくん、ごめん! 

 

 

2階を回った後は、気を取り直して1階へ。

舞台裏へ回ろうとすると、マリアがいました。

華撃団について、LIPSで尋ねてみましたが、

自分には答える権限がないという事務的な回答。

道具部屋・大道具部屋・舞台裏は立ち入り禁止だと告げると、

マリアは去ってしまいました。

 

次に訪れた楽屋にはアイリスがいました。

LIPSでアイリスについて尋ねると、信頼度がアップします。

手カーソル画面では、くまのぬいぐるみの名前を尋ねられ、LIPSが発生。

正解のジャンポールを選ぶと、また信頼度がアップしました。

 

その他、事務局ではかすみさんと由里ちゃんに会うことができました。

 

f:id:yon-sakura:20170212165601j:plain

帝国華撃団風組隊員・榊原由里

 

f:id:yon-sakura:20170212165803j:plain

帝国華撃団風組隊員・藤井かすみ

 

由里ちゃんに、帝劇の隊員は全部で6人いることを

教えてもらいましたが、今劇場にいるのは4人だけ。

その4人には会いましたが、華撃団についての有力な情報は

得られないままです。

 

こうなったらやはり、

米田中将に直接問いただすしかありません。

 

 

その3に続きます。