読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サクラ大戦プレイ日記

DC初心者が20周年を迎えたサクラ大戦をプレイ

【2周目】第一話その4 大神さん、出動です!

18日(土)から、島津冴子さんのHPで

「巴里の楽屋 7」の参加受付が始まりましたね。

私も正式発表からこちら、真剣に、

そりゃあもう大真面目に悩んでいたのですが、

最終的に島津さんの

「初参加の方、大歓迎です」

の一文に甘えることにいたしました。

 

20年目にして入ってきた新参者が、

その作品の現場に足を運ぶことができるというのは

とてもありがたく、嬉しいことです。

当日が大変楽しみではありますが、

となると是が非でも、5月20日までに

サクラ大戦3クリアまで辿り着かねばなりません!

 

気持ちも新たに、二周目第一話その4です。

 

 

落ち着かない気分のまま、

まんじりともしない夜を過ごしている大神。

そこへノックの音がして、

やって来たのはさくらでした。

 

f:id:yon-sakura:20170220225152j:plain

▲部屋での逢瀬(?)を思い出してドキリとした

 

なんのイベントがあるのかと思いきや、

さくらは伝言係であるらしい。

米田支配人から、夜の見回りをするように、とのお達しだ。

LIPSで快く引き受けると、さくらの信頼度が上がります。

 

夜の見回りは自由行動です。

今回はさくらくんが同伴してくれるらしく、

劇場内の各所ではその場所場所のことを説明してくれます。

せっかくなので、丁寧に一つ一つ回ってみましょう。

2階の隊長室前がスタート地点なので、

2階にある部屋から回ってみることにします。

 

まずは書庫で、本を返しに来たというマリアに出会いました。

罪と罰」の作者であるドストエフスキーをLIPSで当てると、

マリアの信頼度が上がります。

前回、部屋でさくらといちゃいちゃしているのを見つかって

ひどく叱られたばかりだったので、

マリアの微笑んだ顔にひどくホッとしました……。

 

f:id:yon-sakura:20170220225944j:plain

▲誠心誠意頑張らせていただきます

 

 

サロン、テラスと進んでいくと、

テラスではさくらとのイベントが。

美しい銀座の夜景を前に、あの街の灯のようになりたい、というさくら。

美しくみせようとして光っている明かりではない、

だというのに、他の灯と一緒になって、美しい夜景を形作る街灯。

この場合、光りというのは舞台上での演技や歌や踊りのことであり、

他の灯というのは仲間たちのことなのでしょう。

気負うことのない輝きで、仲間たちとともに素晴らしい舞台を作りたい……。

さくらの言葉を訳すなら、そんな感じでしょうか?

素直で一生懸命、一途でまっすぐなさくらくんらしい願望ですね。

 

1階に降りて売店では、

さくらくんのブロマイドを買ったことを話し、

好感度が上がりました。

1周目はアイリスのを買ったんだったかな。

 

次に1階客席へ向かおうとしたところで、

アイリスに出会いました。

枕を抱えたアイリスは、ピンク色のパジャマ姿です。

1周目を終えた今となっては見慣れた姿ですが、

う~む、やっぱりかわいいな。

1周目のヒロインだという贔屓目を抜きにしてもかわいい。

いや抜けてないかもしれないけど。

普段着の若草色のドレスといい、このピンク色のパジャマといい、

アイリスは明るくかわいらしい色の服が似合いますな。

お出かけ着の青色のドレスも、おしゃまで好きです。

 

さて、アイリスに会えたことは嬉しいのですが、

時刻はもうすぐ12時というところ。

どうしたのか尋ねると、

彼女はジャンポールを探しているのだと言います。

それを聞いたさくらは、

明るくなったらすぐに見つかると、アイリスをなだめて、

部屋へ帰るよう促すのでした。

 

f:id:yon-sakura:20170220231944j:plain

▲前回アイリスがいた部屋と言えば……

 

丁寧に回っていると、

そろそろ部屋へ帰ろうとさくらに言われてしまいました。

LIPSで「もう少し見回りを続けよう」と告げると、

あと3部屋しか回れないと言います。

慌てて、私は楽屋へ向かうことにしました。

先ほどのアイリスとのやり取りが回収できるのは

きっとそこです。

 

楽屋には案の定、ぽつんとジャンポールが取り残されていました。

 

f:id:yon-sakura:20170220233100j:plain

▲こんな顔だったっけ、ジャンポール

 

訪ねられるのはあと2部屋。

ジャンポールを届けるべく、アイリスの部屋へ直行します。

ジャンポールを届けると、アイリスの信頼度が上がり、

泣き顔は笑顔に変わります。

よかったねえ、アイリス!

さくらの信頼度も上がって私ホクホク。

 

残る一部屋を回り終えると、LIPSが発生したので

さくらを部屋まで送ることにしました。

部屋の前で、さくらの信頼度が上がります。

この見回りの間に、何度信頼度が上がったことか!

明日も大神さんに会えるんですね……なんて頬を赤らめてくれちゃうので、

いくらなんでもデレすぎだといっそ恥ずかしくなるくらいw

 

f:id:yon-sakura:20170220233804j:plain

▲素直で嬉しいけどね!

 

他に面白かったところといえば、

事務局で、「昼間も一度ここへ来たよ」と告げる大神に、

さくらが「……異常はなさそうですね」と返すのですが、

この三点リーダが妙に意味深に感じられたのは

気にしすぎでしょうか(笑)

 暗に「かすみさんや由里さんと仲良くしていたんでしょう!」と

言われたような気がしました……(笑)

 

 

さて翌朝です。

舞台か米田の所か受付か、

いずれか行き先を選ぶことができます。

休演日にまで米田の顔を見に行くことはないし、

1周目は舞台を選んだ記憶があるので、

今回は受付を選んでみました。

 

受付に向かう道中、サロンですみれに会いました。

すみれといえばサロンというイメージが強いですね。 

これから舞台で稽古だというすみれは、

実は稽古は好きではないのだと言いつつも、

「スターに失敗はもっと似合わないから」とその場を去っていきました。

努力家だなあ。

「好きじゃないけど、でも~」って行動、

いざ自分でやろうとすると、なかなかできないんですよね。

 

大神はそんなすみれを見て、

自分にも仕事が欲しいとつぶやきます。

やっぱり、まだ吹っ切れてなかったんやな……。

 

サロンから階段へ向かう途中ではアイリスに会いました。

おうジャンポール、やっぱりお前昨日の晩と顔違わないか。

 

f:id:yon-sakura:20170220234856j:plain

▲この「そうか。」が妙にかわいい

 

みんなでお花見に行こう、というアイリス。

かわいいねえアイリス行こうねえ。

どうでもいいが、アイリスと話していると

かわいいが枕詞になりそうだ。

 

 

さて、今の大神の仕事場である受付まで降りてきました。

そこで出会ったのはマリアです。

マリアは鋭い目で、今の仕事に不満があるのではないかと

ズバリ指摘してきます。

こ、こわいよ~……。

LIPSが発生し、しかし嘘はつけないので、

「不満ではないが…」と言葉を濁してみました。

怒られるかな、とも思ったのですが、

意外にもマリアは大神を諭すように話しかけてくれました。

 

娯楽の存在しない、戦いの世界を知っているというマリア。

そんなマリアにとっては、

人々が娯楽を求められること、

そうした人々をお客さんとして舞台の上で迎えられることは、

喜ばしいことであるようです。

 

f:id:yon-sakura:20170221000103j:plain

▲マリアも舞台の上に立つことに誇りを持っているのだ

 

そして、ずっと戦場で暮らしてきたマリアですから、

自分が他人に「死」以外のものを与えられること、

それが何より嬉しいのかもしれません。

 

 

さて、マリアにも誘われたので、

稽古中の舞台の見学に行くことにしましょう。

舞台では、すみれがさくらの踊りの稽古をつけています。

 

ここでアニメーションが挿入されます。

ここのアニメーション、さくらとすみれのやり取りもさることながら

細かい表情の変化や、デフォルメ具合もたまらんかわいさで、

お気に入りのシーンのひとつです!

 

f:id:yon-sakura:20170221002831j:plain

▲この表情の変化とかね!w

 

さくらがすみれの着物の裾を踏んづけ、すみれが転倒。

罵られたさくらが今度はわざと裾を踏みつけに行き、

再び転んだすみれと平手の打ち合いになります。

二人の手が交差する刹那、ここで高速LIPSが発生。

「ふたりともやめるんだ!」と間に割って入ります。

 

f:id:yon-sakura:20170221003155j:plain

▲当然、平手をいただいた

 

平手をいただいた大神は、

さくらとすみれに対し、真面目にケンカはやめるよう諭します。

劇団だってチームワークが大事なのではないのかと。

これにより、すみれ、アイリス、マリア、さくら、4人全員の信頼度が上がります。

 

舞台を後にした大神を、さくらが追いかけてきました。

話を聞いて欲しいというので、

LIPSで素直に何の話かと尋ねます。

 

さくらの話とは、大神が赴任してくる前の

米田の言葉についてでした。

花組の隊長を務める人間は、ただの軍人ではなく

この劇場を、ここでの暮らしを愛せる者でなくてはならない……。

 

f:id:yon-sakura:20170221004131j:plain

▲存外に重い台詞が飛び出す

 

花組を愛し、劇場を愛し、

勝利のために人の命を犠牲にしない……

今思えば、これがサクラ大戦1の土台なのかもしれませんね。

1周目のこと、特に殺女のことを思うと

ちょっと胸に刺さる台詞です。

 

 

f:id:yon-sakura:20170221004608j:plain

▲真剣な面持ちのさくら

 

さくらは、改めて大神に言いました。

この劇場を、花組を好きになって欲しい。

そして、自分たちの隊長として、一緒に戦ってほしいと!

 

しかし、戦うって、いったい誰と?

戸惑う大神に、答えに詰まるさくら。

ちょうどそのとき、

劇場中にけたたましい警報が鳴り響きました!

 

仰天する大神に、厳しい顔のさくらが叫びます。

「大神さん、出動です!」

 

 

その5に続きます。