読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サクラ大戦プレイ日記

DC初心者が20周年を迎えたサクラ大戦をプレイ

【2周目】第二話その4 帝都のトビウオ、シャワー室に散る

 

見回り中の第二話その4です。

一緒に泳ごうと誘われて、大神が着替えに向かった矢先、

水泳場からすみれの悲鳴が聞こえてきます。

 

f:id:yon-sakura:20170305164749j:plain

▲フラグ回収が早いぜすみれさん!

 

水泳場へ駆けつけると、

どうやら準備運動をしなかったらしい。

色っぽい切羽詰まった声を上げて溺れるすみれさんの姿が!

いやほんとに色っぽかったんですって!

 

LIPSで「今行くぞ!」と駆けつけると、

ミニゲーム「帝都のトビウオ」が解放されます。

 

漂い動く機雷の間を縫って泳ぎ、30秒で

すみれさんのところまでたどり着けばクリアです。

プールサイドでモギリ服を脱ぎ捨て、

機雷漂うプールへダイブ!

果たして大神さんはトビウオの如き泳ぎで

すみれさんを救えるのか!?

なお、プールサイドを反対側へ回って助ければいいというのは

言ってはいけないお約束だ。

 

f:id:yon-sakura:20170305165627j:plain

▲勢いよく脱衣する大神さんにいつも笑ってしまうw

 

ちなみに1周目は見事救出したのですが、

逆にそれに気負ったのか焦る焦る。

「誰か!助けてぇ!」

「早くぅ!溺れちゃうわぁ!」

「ここよぉ!早く来てぇ!」

ひっきりなしに上がるすみれさんの悲鳴にも心乱れる。

セクシーーーーー!!!!!!!

全然集中できなかったです(笑)

 

結局少しも進まないまま、見事に撃沈してしまいました……(笑)

 

「まったく死ぬかと思いましたわ」とすみれさん。

頼りにならないとツンとして、さっさと行ってしまいました……。

ああー待ってすみれくん……。

ちなみにここできちんと救出できていれば、

LIPSがあってすみれの信頼度を上げることができるのです。

そこのやり取りがとても好きで、

2周目も楽しみにしていたのですが……む、無念。

 

f:id:yon-sakura:20170306215220j:plain

▲ごめんよすみれくん。

 

さて、失敗したものは仕方ない。

気を取り直して更衣室へ行きましょう。

なぜってそりゃあ、

プールから出た人のすることと言ったらひとつですからね!

 

 

更衣室に入ると、案の定水音が。

開きっぱなしのロッカーには、紫色の着物がかかっているのが見えます。

毎度おなじみのLIPSで、

大神はシャワー室へ吸い込まれて行きます……。

体が勝手にカーソルの下キーを押すんです、だから仕方がないんです。

 

しかし、思えば大神さんはシャワーシーンに遭遇するのは初めて。

2周目のわたしとは違うのです。

シャワー室へ入るなり、うわっ!と派手な声を上げて

すみれに気づかれてしまいました。

 

f:id:yon-sakura:20170306221335j:plain

▲見つかった!!

 

ご、ごめんなさい!となんとも素直に謝って

脱兎のごとくシャワー室を飛び出す大神。

これが後に、すけべ面で居座るようになろうとは。

 

しかし、これはよくないパターンです。

廊下で後から出てきたすみれに追いつかれ、信頼度がダウン。

大神さんも心底落ち込み後悔しており、

これには私も罪悪感を覚えざるを得ません。

す、すまない大神さん、私がすけべ心に抗えないばっかりに……。

 

f:id:yon-sakura:20170306223738j:plain

▲拒絶が一番胸に痛い。自業自得だが……

 

なんというか、すみれくん仲良くなりたい気持ちは山々あるんですが

本当に上手くいきませんね。

彼女と仲良くなるためには、まず私は

煩悩を捨て去らねばならないのかもしれない。

というか、二兎を追うものは一兎も得ないのだ……。

 

次の周回はすみれくんを攻略しようと心に誓いつつ、

自由行動を終えました。

 

 

少し短いですが、キリがよいので今回はここまで。

その5に続きます。