読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サクラ大戦プレイ日記

DC初心者が20周年を迎えたサクラ大戦をプレイ

【2周目】第二話その5 焼き餅 欠き餅 焼くがよし

第二話その5です。

すみれさんの信頼度を下げまくった

苦々しい見回りを終え、大神は自室へ帰るのでした。

 

 

さて、翌朝です。

客の入場が落ち着いて、モギリの仕事が一段落した大神は

舞台の様子を見に舞台袖へ向かいます。

 

演目は「愛ゆえに」。

花壇と西洋風の建物(宮殿でしょうか?)と、

淡い色の空を描いた書割が美しいです。

さくらとマリアの熱演を、

紅蘭、アイリス、そしてすみれも

舞台袖から見ています。

 

劇はちょうど、クライマックスを迎えるところでした。

ここでアニメーションが挿入され、

さくら扮する町娘は、オンドレ様へ駆け寄っていきます。

「オンドレ様~!」

 

f:id:yon-sakura:20170311222116j:plain

▲男装のマリアが超カッコイイ。

 

クールに立つマリアは、なるほど駆け寄りたくなる麗しさ。

しかし、オンドレに抱きつく前に、

さくらは足をくじいてつまづいてしまいます!

つまづいた勢いのまま、

マリアの前を通過するさくら。

 

f:id:yon-sakura:20170311223034j:plain

▲マリアのギャグ顔は貴重だ

 

そして勢い殺せぬまま舞台袖まで突っ込んださくらは、

舞台の脇幕を掴んで引っ張ってしまいます。

途端、舞台上は大揺れ!

セットも照明も組んだバトンも、

地鳴りのような音を立てて崩れていくではありませんか。

ギャ、ギャグとはいえどんなセット組みをしてるんだ?!

 

またたく間に舞台は崩壊。

袖や客席の人間もそうですが、舞台上にいたマリアは無事なのか?

とんだ事態に、堪忍袋の緒が切れた!というすみれが

さくらに詰め寄り、これだから田舎者はと罵りますが、

そ、それもちょっとズレている気がするぜすみれの姐さん!

しかし実際、2人が言い合いをしている間のBGMは軽快で、

時々観客がワッと沸く声がSEとして入ります(笑)

 

LIPSで、言い合いをする2人の

どちらかを止める選択肢が発生しますが、

ここはお手上げの静観。

時間切れにすると、アイリスと紅蘭の信頼度が上がります。

(あれ?これどっちか止めるとどっちかが上がるんだっけ、下がるんだっけ?)

 

そうこうしている間にも、またミシミシと不穏な音を立てる舞台。

そしてついに、舞台は完全に崩壊してしまうのでした。

 

f:id:yon-sakura:20170311225515j:plain

▲吹っ飛び方にもキャラが出ていた

 

 

場面は変わり、客のいなくなった劇場で、

一同は頭を抱えていました。

先の騒動で怪我をした人は、幸いいなかったようですが、

舞台はめちゃくちゃになってしまいました。

まだ公演期間中なのに……。

 

すぐに直せと激昂するすみれ。

大神がさくらをかばうと、すみれの問いかけによって

修理のセットをするかしないかLIPSが発生します。

やると返すと、さくら、マリア、アイリスの信頼度がアップ。

公演で疲れているだろう女優たちを先に帰して、

大神はめちゃくちゃになった舞台上に残りました。

 

 

大神が孤独に金槌を振るっていたとき、

やって来たのはさくらでした。

壊してしまった負い目があるのでしょう、

手伝わせて欲しいというので、発生したLIPSでお願いすることに。

 

修理をしながら交わす雑談の中で、

更にLIPSが発生しました。

ここで選択肢に、昨日稽古しているところを見た、

というものが出るので選択。

さくらの信頼度が上がります。

 

ここで、さくらは一旦舞台を後に。

するとアニメーションが始まります。

金槌で自分の指を打ち付けてしまう大神。

そのとき、スポットライトの中に颯爽と現れる女性……

あやめさんだ!

一度エンディングを終えた後に見るあやめさんは

またなにか格別なものを感じますな。

 

大神的には突然現れたこの女性は、大神の手を取ると

有無を言わせず唇を寄せ、大神の指を口に含みます。

大神ドン引き。

 

いや、ドン引きかはともかくとして(笑)、

戸惑いを隠せない大神ですが、

次の場面では左下の顔がスケベ顔になっています。

いっぺんに悩殺されてしまいましたね……。(笑)

 

f:id:yon-sakura:20170311234107j:plain

▲端的に言ってエロいもんな

 

謎の女性が去った後、

誰だったんだろうと顔を赤くしたまま

夢見心地に呟く大神は、

背中をつねられる痛みで現実に引き戻されます。

 

さくらくんです。

 

f:id:yon-sakura:20170311234613j:plain

▲問答無用で下がる信頼度!そりゃないぜ!

 

どこから見ていたのやら、

完全にヤキモチを焼かれてしまったようです。

理不尽に下がった信頼度に泣きたくなりますが、

「いいな、恋人みたいで。」というさくらの台詞、かわいいんだよなァ。

女の子にしたらさらに怒られる反応なんでしょうけれども、

さくらくんがヤキモチ焼くたび楽しくなってしまいます。

だって、幼げでかわいくって(笑)

 

 

やにさがる私を置いて、

さくらくんは駆け去ってしまいました。

 

その6に続きます。