読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サクラ大戦プレイ日記

DC初心者が20周年を迎えたサクラ大戦をプレイ

【2】第六話その2 揺るがぬ答え

 

廊下で怪しげな笑い声を立てるのは、

やはりというか、サキさんでした。

 

f:id:yon-sakura:20170411222350j:plain

▲なんて典型的な悪役の台詞なんだ……

 

あろうことか、サキはレニの部屋へ侵入し、

彼女を抱き寄せてささやきます。

まるで吹き込むように、

お前は孤独だと、戦いの中では誰もが孤独だと、

友だちなんて必要ないと……。

 

f:id:yon-sakura:20170411222707j:plain

▲レニを妖しく誘うサキ

 

サキの言葉に、レニの目から光が失われていきます。

サキは黒鬼会五行衆・水狐の姿に戻ると、

レニを連れ去ってしまいました……!

 

 

風の強まる中庭では、かえでさんが

何者かと会話をしていました。

 

f:id:yon-sakura:20170411223053j:plain

▲この白いスーツ姿は……。

 

黒いシルエットの人物は、

米田襲撃事件、そして影山サキについて

調査結果を述べていきます。

そこで、かえではレニの危機に思い至るのでした。

 

大神はといえば、夜の見回りに出かけるところでした。

自由行動になったので、

ひとまず適当に劇場内を見て回ります。

 

ロビー→サキを探すかえで。

厳しい顔で早々に立ち去る。

 

浴室→カンナが入浴中だった。

こんなときになんだが、

しっかり回収しておかねばなりますまい。

……と、入ってみたはいいものの……

 

f:id:yon-sakura:20170411223921j:plain

▲さすがカンナ。あっという間に気付かれた

 

タイミングLIPSで「逃げ出す」を選択しましたが、

カンナに通用するはずがなかったですね。

信頼度をがっくり下げ、

こってり絞られました……。

 

f:id:yon-sakura:20170411224159j:plain

▲ぐうの音も出ない

 

正面切って怒られ、

しかも覗きに関しては100%こちらが悪いので、

縮こまるしかありませんでした。

 

地下格納庫→光武の整備をする紅蘭。

LIPSが発生し、「あんまり無理するなよ」と

声をかけておく。

特に信頼度に変化はなし。

 

薔薇組の部屋→今日の反省会をしているという薔薇組。

今日の活動の?と思ったら、

化粧や言葉遣いなどを批評し合い、

美を高めるのが目的の会合らしい……。

というか、この時間にここにいるということは、

薔薇組も完全にここに住んでいるのか?

 

テラス、舞台なども回ってみたがスカ。

最後にレニの部屋へ行くと、

部屋の前にアイリスがいました。

レニがどこか遠くに行ってしまうような気がした、

と不安がっています。

霊力の強いアイリスですから、

レニの危機を暗に察知したのでしょうね。

レニの部屋は扉が空いている状態で、

中に入るとレニは不在。

 

f:id:yon-sakura:20170411225250j:plain

▲花冠だけが残されていた

 

そこへ紅蘭が飛び込んできて、

レニがアイゼンクライトで

飛び出していったことを知ります。

 

作戦室へ召集された花組は、かえでから

影山サキが黒鬼会のスパイだったことを聞かされました。

驚く面々。

かえでからは、レニの過去について聞くことができました。

レニは、欧州大戦時にドイツで行われていた

「ヴァックストゥーム計画」の生き残りだと、

かえでは言います。

それは、霊的攻撃力に優れた、

戦闘機械となりうる人間を人工的に作り出す計画で、

幼いレニはそこで

戦うことだけを教えられて生きていたのです。

 

改めてレニを救うという意志を固め、

LIPSで「帝国華撃団、出撃!」の号令。

その場にいる全員の信頼度が上がります。

花組は、2人一組になって嵐の中へ飛び出していきました。

大神はアイリスとともに出撃です。

 

アイリスのテレパシーにより、

レニのもとへ辿り着いた大神とアイリス。

 

f:id:yon-sakura:20170411230701j:plain

▲しかし、レニの心は……

 

大神よ、また仲間に裏切られるのか。

水狐はレニに対し、大神とアイリスは敵だと吹き込んで、

非情にも殺せと命令します。

 

サキが水狐の姿をとってもなお、

大神は水狐を説得しようとします。

レニを返してくれという願いのみならず、

あのサキに戻ってくれと嘆願する姿や、

相変わらず甘いと嘲笑われる様が、

まるきり1を思い出すようで落ち着かなかったです。

 

どうしよう、と迷うアイリス。

彼女には「みんなを呼んできてくれ」と頼んで、

戦闘に臨むことにします。

大神には、並々ならぬ決意の色が見えました。

 

f:id:yon-sakura:20170411231001j:plain

▲大神は何のために戦うというのだろう?

 

 

その3に続きます。