読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サクラ大戦プレイ日記

DC初心者が20周年を迎えたサクラ大戦をプレイ

【2】第八話その3 9本の矢は折れない

  

第八話その3です。

正面突破を選んだ花組一同。

勇ましい突撃っぷりです。

敵を蹴散らして、

大型エレベータのようなもので

下降していきます。

 

その間にも次々と敵が出現します。

正面突破の作戦を取ったため、

敵の出現数が多めのようでした。

 

f:id:yon-sakura:20170420202620j:plain

▲ほんとこんな感じでした……

 

ただ、天武になって

みんなの個々の必殺技も強化されており、

演出が変わったのはもちろんのこと

威力や範囲なども大幅にパワーアップしていたので、

惜しみなく使用しましたよ。

 

そうして、

何度目かわからない増援を退けたとき、

次に現れたのは五行衆・金剛です。

戦闘は特に何事もなかったので割愛。

(ごめんな金剛)

最後の最後まで、水狐のことを気遣っていた男でした。

 

撃破した金剛機は、動作を停止。

エレベータが地下に到着し、

一同は金剛にとどめを刺すことなく

深部へ進んでいくのでした。

いよいよ鬼王戦です。

 

ひとりひとりが名乗りあげる中で、

織姫の台詞がとても印象的でした。

 

f:id:yon-sakura:20170420220110j:plain

▲仲間の絆の強さを感じるねえ!

 

今回の戦いは、

ターン経過とともに敵機に変化する神像と、

何より5機の蒸気火箭が厄介です。

蒸気火箭はすみれくんの必殺技で一掃して、

神像を各個撃破していく作戦を取ってみましたが、

蒸気火箭を一撃で片付けることができたのがよかったです。

すみれくんは本当に頼りになるなあ。

 

鬼王の口から、黒鬼会の目的は

クーデターを起こすことではなく、

魔神器を奪うことだったことが判明します。

結果的に、黒鬼会の思惑通りに

なってしまったわけですな~……。

 

f:id:yon-sakura:20170420214209j:plain

▲体力を削る最中の台詞。どういう意味だ?

 

鬼王は、撃破すると同時に

足元に魔操機兵の刀を突き刺して、

崩落する岩盤の中に消えました。

 

崩落を逃れ、無事に脱出した一同は、

帝劇へと帰投します。

さぁ、帰りましょう、とマリアが呼びかけます。

 

f:id:yon-sakura:20170420214336j:plain

▲帰る家があるっていいなあ

 

なんだか加山のような台詞になってしまいましたが。

帝劇へ戻ると、米田長官とかえでさんが

みんなを出迎えてくれて、

やっぱりいいなあ~と思ってしまうのでした。

 

陸軍のクーデターも無事鎮圧されたようです。

ようやく明るいムードが戻った花組

薔薇組も交えた勝利のポーズは、

すみれの発案により

大神が音頭を取りました。

 

f:id:yon-sakura:20170420214756j:plain

▲薔薇組が何やらアドリブをかましていたw

 

 

……その裏で、京極慶吾は

拳銃自殺により死亡していました。

つまり……2のラスボスはもう死んでしまったということか?

そんな腑に落ちない終わりがあるか、

と思うと、やはり鬼王をはじめとする五行衆が

まだ生き残っているという線が濃厚ですよね。

 

f:id:yon-sakura:20170420215324j:plain

▲京極が本当に首謀者だったのか?という気さえする

 

 

不穏な予感も拭いきれませんが、

ひとまずは一件落着です!

次回予告を見るに、次はなにやらハッピーな感じ?

楽しみにしつつ、第九話に続きます。