読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サクラ大戦プレイ日記

DC初心者が20周年を迎えたサクラ大戦をプレイ

【2】第九話その1 念願の煉瓦亭

 

少し間が空いてしまいましたが、

第九話その1です。

長々お待たせしておりましたのは、

進行上ひじょーーーーーに悩む選択肢があったからでして……。

  

 

前回、陸軍のクーデターを阻止した帝国華撃団

サロンに集まる花組一同は、

最近の寒さについてなど

和やかに雑談しながら

平和なひと時を過ごしています。

 

f:id:yon-sakura:20170429194513j:plain

▲この切ない立ち絵で早起きの辛さを語る(笑)

 

紅蘭に冬が好きか嫌いか問われ、

LIPSが発生。

好きだと答えると、寒さが苦手らしい織姫に

どこがいいのかと驚かれます。

さらにLIPSが発生したので、

「色々な遊びがあるから」と返すと、

アイリスは雪合戦、

マリアはスキーやスケートを例に挙げて

同意してくれました。

すみれも色んな着物が楽しめるからいい、と

さすがおしゃれ好きなお嬢様。

 

花組のみんなは、これから

クリスマス公演の稽古だそうです。

クリスマスイブ一夜限りの特別な公演で、

花組の今年最後の舞台だそうです。

(倍率高そう・・・)と思いつつ、

LIPSは素直に「楽しみだなあ」と返しました。

 

稽古に向かうみんなを見送ったら自由行動です。

 

自由行動に移る直前、かえでさんが現れて

30分後にふたりだけで話したいことがある

と持ちかけられました。

「二人だけで」ですってよ……

何のイベントがあるのかと期待に胸ふくらませつつ、

ひとまず劇場内をぶらつきましょう。

 

 

売店→カンナのブロマイドを購入。

これで全員買えたかな?

久しぶりに、売店に椿ちゃんが立っていて嬉しかったです。

 

 

支配人室→米田と会話。

たまには顔を出してもいいかと思い立ちまして。(笑)

気まぐれに立ち寄ってみましたが、

米田は京極慶吾が何を目的として

クーデターを引き起こしたのか真剣に思案していました。

LIPSが発生し、何が目的だったか尋ねられ、

「我々が知らない何かかも」と濁します。

魔神器の奪取は彼にとってクーデター達成のため?の

ひとつの手段に過ぎなかったことは明白でした。

日本の支配という選択肢が一番シンプルな答えですが……。

 

支配人室を出たところで、

かすみくんに声をかけられました。

5時から伝票整理を手伝ってほしい、とのことでした。

笑った顔の立ち絵を初めて見た気がしましたが、

忘れているだけかな?

なぜだかすげえグッと来た。

 

f:id:yon-sakura:20170429201308j:plain

▲可憐な笑顔だ……

 

音楽室→織姫がいるかなと思ったが、誰もいない……。

と思ったのもつかの間、由里くんが駆けてきて

5時から来賓用玄関のポスターの貼りかえをするので

手伝ってほしいと頼まれます。

あれ? かすみくんも5時からじゃなかったっけ? と大神。

 

大道具部屋→大道具の点検をする織姫とさくら。

織姫はここにいたか。

「師走」の読み方について織姫に尋ねられ、

LIPSで「しわす」と回答。

信頼度があがるかなと思いきや上がりませんでした。

 

大道具部屋を出たところで、

今度は椿ちゃんが。

売店の整理を5時からやるんだそうで、

案の定手伝いを頼まれました。

ゲームの都合上仕方ないのでしょうが、

時間の調整するなりしろよ大神よぉ!

全員に良い顔したいだろうが!

 

舞台袖→舞台にいる紅蘭とマリアの声がした。

 

f:id:yon-sakura:20170429202532j:plain

▲バミリでもしているのかな?

 

舞台→セットの準備をする紅蘭とマリア。

準備といっても下準備だけらしい。

まぁ、そりゃ本来大道具さんとか

美術さんの仕事だもんなあと思いつつ

「どうして下準備だけなんだ」とLIPSで尋ねると、

紅蘭が意味深な顔をします。

 

f:id:yon-sakura:20170429203309j:plain

▲ある人……?

 

まだ作業があるから他のメンバーを見に行ってくれと

マリアに追い払われたところで、

かえでさんとの約束の時間になり、

自動的にかえでさんの部屋へ移動します。

 

かえでの部屋→花組からお願いがある……とかえで。

ボイスもついているし、改まって何をと思ったら、

今度のクリスマス公演の主役を選んでほしいと言うのです!

な、なんだってー?!

紅蘭が意味深に言っていたことってこれか。

候補は4人。

さくら、すみれ、アイリス、レニでした。

信頼度の上から4人ということかな?

 

LIPSが発生したので、

ひとまずわかりましたと答えるも

責任重大すぎる。

 

そしてもたらされた情報によると、

これでエンディングのヒロインが決定するそうじゃないですか……。

更新が止まっていたのは、

ここで誰を選ぶかずっと決めかねていたからなのでした(笑)

マジですげえ悩みました。

大神は明日回答するようにとかえでに宣告されていましたが

そんなすぐに決められるわけがないでしょう!

 

かえでの部屋を出ると、

5時の鐘が鳴り響きます。

三人娘との約束の時間だ!

誰を手伝いに行くか選択できたので、

今回は素直に、最も推している椿ちゃんで……。

 

 

f:id:yon-sakura:20170429205244j:plain

▲来てくれたんですねっ!と椿ちゃん

 

テキストには表現されていないんですが、

椿ちゃんの台詞って、

「ありがとうございますっ!」

「手伝っていただけますかっ?」など、

語尾が弾むのがめちゃくちゃかわいい。

なんかミニゲームでもあるのかしらんと思っていたんですが、

お手伝いはテキストだけで

あっという間に終了しました。

 

手伝いののち、椿ちゃんは大神を

煉瓦亭に誘います。

それは、大神が何やら悩んでいるのを

鋭く察知したからなのでした。

 

 

f:id:yon-sakura:20170429205930j:plain

▲私も椿ちゃんとずっと行きたかったんだよ!!

 

 

やったぜ、椿ちゃんとデートだ!!

なにせ椿ちゃんと煉瓦亭って、

1のときに未遂して以来ですよね?!

 

f:id:yon-sakura:20170429210724j:plain

▲椿ちゃんを食事に誘ったのは1の第六話だった

 

この後、さくらくんにジト目で睨まれたのも

また懐かしいです。

さくらくんのジト目、本当に好きなんだよな……(笑)

 

 

 

さてやってきた煉瓦亭で、

椿ちゃんに事情を説明します。

 

椿ちゃんの私服を見たのは初めてだなあ!

 

f:id:yon-sakura:20170429212110j:plain

▲意外と落ち着いた服装なんだなあ

 

普段がはつらつとしたハッピ姿なので、

清楚なワンピースが一層眩しいですな。

 

改めて何を悩んでいるのか問われた大神。

LIPSで、

「誰を選べばいいのか分からない」と

素直に相談します。

それに対する椿ちゃんの回答はとってもシンプルでした。

 

一番好きな人を選べばいい。

 

そうだねえそうだよねえ、

それが選べないから困ってるんだよ~~~!!!

唸る大神、そして私ですが、

ずっと彼女たちを見てきた自分の目を信じて、

と椿ちゃんは言います。

終始明るくて素直な椿ちゃんに慰められました……。

ほんと誰にしよう。

 

 

そういえば、

煉瓦亭には実際に足を運んだことがないので

機会があれば行ってみたいな、と思いつつ

その2に続きます。