読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サクラ大戦プレイ日記

DC初心者が20周年を迎えたサクラ大戦をプレイ

【2】第九話その2 究極の選択!

 

第九話、アイキャッチの三人娘がすげえ可愛いです。

 

f:id:yon-sakura:20170429214143j:plain

▲どの私服もいいなあ!

 

BGMもいつもの檄帝じゃなく、

バラードっぽいアレンジバージョンだし、

特別感がありますね。

 

 

煉瓦亭から戻り、夜の見回りをする大神。

今回はいつもの見回りと違い、

自由行動ではありません。

 

今回の主演候補のみんなのところを、

ひとつずつ自動で回って行きます。

 

まずはアイリスの部屋でした。

普段ならこの時間に来ると、

アイリスはパジャマになっていることが多いのですが

今回はまだ普段のドレスを着ています。

 

f:id:yon-sakura:20170429214901j:plain

▲悩んでいて眠れなかったようだ

 

今のアイリスでは小さすぎて、

主役はできない、と落胆するアイリス。

LIPSが発生し、

「それがかえっていいかも」

とアドバイスしてみました。

小さいアイリスが大人の役をやるなんて

面白いじゃないか、と大神。

ロリババァ的な意味ですかね……

ま、真面目に言うと、

少女の姿をした聖母っていうのも

神秘的で素敵ですよね。

アイリスならその見た目のままに、

天使のような、浮世離れした聖母ができるだろうな。

 

アイリスの信頼度がアップして、

部屋を後にします。

最後に、“何の役になってもがんばる”

と言えるアイリスが大好きだ。

 

f:id:yon-sakura:20170429220242j:plain

▲とってもいい笑顔だった

 

 

次は遊戯室ですみれくんに会いました。

ひとり佇むすみれは、レコードを聴いて

主役の演じ方を考えていたようです。

 

f:id:yon-sakura:20170429220400j:plain

▲なんだかぼうっとしているようにも見えたが……

 

「主役……わたくし……ですわよね?」

すみれはレコードを抱えたまま、

大神に尋ねます。

その物静かな様子には並々ならぬものを感じます。

やはり、年に一度の特別公演だからでしょうか、

それとも、大神が選ぶからこそなのかな。

「まだ考えている」と正直に言うと、

すみれはなんだか納得したようになって、

信頼度が上がり、

大神が一生懸命悩んで選んだ人なら

きっと素晴らしい舞台になるだろう、と言います。

励まされたような気分になりました。

もちろん自分なら最高の舞台にする、

と胸を張る辺りがすみれらしくて、くすりときました。

 

 

廊下に出ると、窓の外にレニを見つけます。

中庭で、急に体を動かしたくなった、というレニは、

踊りを見て言ってくれと大神を誘います。

LIPSで「ああいいとも」と快諾。

信頼度が上がり、レニが踊り始めました。

 

f:id:yon-sakura:20170429221530j:plain

▲レニがこんなに素直に笑う様になるなんてなあ

 

月を背にしたレニのダンスは、

大神曰く

「普段のレニからは想像できないような情熱的な」

ものだったそうです。

それは、今度の舞台はぜったいに成功させたい、

と言うレニの気持ちが、

素直に表現されていたからなのかもしれないですね。

 

レニはそこでふと、

大神に舞台の神様の話をし始めます。

 

 

f:id:yon-sakura:20170429221435j:plain

▲神聖で神秘的な空気を感じる姿

 

役者は、ダンスや演技がある一定のレベルを超えた時に、

神様の微笑みを見ることができるんだそうです。

 

舞台の神様に微笑んでもらえるようにがんばる、

と言うレニには、

主役とか主役でないとか、

そういったことは関係ないのでしょう。

なんだか浄化されたような、清々しい気持ちにさせられて

レニと別れ、中庭を後にします。

 

 

最後に舞台を見に行くと、

踊りの練習をしているさくらがいました。

 

f:id:yon-sakura:20170429222937j:plain

▲真剣なまなざしのさくら

 

今回の舞台の稽古ではなく、

踊りの型をなぞっていたようです。

役や芝居に迷った時に、この型を繰り返しているというさくら。

剣術の型をなぞるような感覚なのかな、

さくららしい真面目な習慣ですね。

自分なら……気晴らしに遊んでしまうな……

ゲームとかして……(笑)

 

f:id:yon-sakura:20170429224513j:plain

▲息抜きをしよう、とならないのがさくらくんだなあ

 

初心に返るのって大事だよなあ。

LIPSでそんな風な選択肢を選ぶと、

さくらくんも同意してくれて、信頼度が上がります。

初めて踊った時、舞台に立った時の

緊張感や楽しさ、感動を思い出せた気がする、とさくら。

一番最初の舞台は、愛ゆえにでしたっけ。

初主演にして初舞台、そしてセットをぶち壊すという(笑)

凄まじくも波乱万丈のデビューでしたが、

乗り越えた時の舞台からの景色は

きっと素晴らしいものだったでしょうね。

 

さあ、これで見回りも終わり、

いよいよ明日はヒロインを選びます。

アイリスより誰より、

大神の方が眠れ無さそうだな……(笑)

 

f:id:yon-sakura:20170506230816j:plain

▲究極すぎる選択だ

 

 

翌日。

花組のメンバーとかえでさん、大神は

楽屋に集まっていました。

さぁ答えを聞かせてくれ、とかえでさん。

チクショー、気楽に急かしよる。

私が何日悩んだことか。

 

f:id:yon-sakura:20170429224806j:plain

▲全員が固唾を呑んで大神を見る

 

ダブルLIPSが始まり、

キャラクタにカーソルを合わせて選ぶと、

(本当にいいのか?)

と大神が自問して念を押してきます。

ただでさえ焦っているし悩んでいるのに、

なんでここでダブルLIPSなんて

なおさら焦る選択肢なんだろうな?!

ここ、時間切れにしたらどうなるんだろう。

 

そんなことをチラッと考えながら、

最後の熟考の末、 

私が主役に選んだのは………

 

 

f:id:yon-sakura:20170506231243j:plain

すみれくんです。

 

ついに選んだ……選んだぞ!!

EDでもないのになんだか泣きそうだった。

 

 

お願いするよ、と大神が言うと、

「……はい!」と、

万感の思いの詰まった返事をくれました。

 

f:id:yon-sakura:20170429225331j:plain

▲すみれはにっこり微笑んだ

 

リアルに数日悩んで(間を空けてしまってすみません)、

やっと選んだヒロイン。

何をそんなに悩むことがと仰る方もいるでしょう、

ごめんな引っ張りまくって!!

だって初めて迎える2のEDだぜ。初めてって大事だぜ。

 

 

 

さて、彼女を選んだ決定打ですが……

1からの累積点かもしれません(笑)

ずっと叱られっぱなしで、

なかなかお近づきになれなかった彼女ですが、

それもすみれくんの誇り高さと責任感、

努力家でストイックな一面のあらわれだということは

1をプレイして分かっていたことでした。

 

おかげさま?なのかなんなのか、2では

彼女のツボに入る返事ができることも多くなり、

叱られる以外にも、褒められたり驚かれたり、

この絶妙な緩急がね…… 

なんて言うんですかね!愛しくなっちゃうよね!!

 

俗っぽい言い方をしましたが、

一年を締めくくる大事な特別公演を

トップスタァに締めていただきたいという思いもあり、

今回すみれくんをヒロインに抜擢する運びとなりました。

 

 

こうして、晴れて主演も決まりました。

いよいよ本格的に、

クリスマス公演の稽古が始まります!

その3に続きます。