読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サクラ大戦プレイ日記

DC初心者が20周年を迎えたサクラ大戦をプレイ

【2】第十一話その3 怪物たらしめるもの

 

耐える戦いが続く花組であります。

甲板に出た大神以下9名は、

中央通気口を守りつつ、

押し寄せる降魔を蹴散らさねばなりません。

 

f:id:yon-sakura:20170507150408j:plain

▲フィールド中央にあるのが通気口だ

 

勝利条件は、ターン経過。

武蔵めがけて上昇を続けているミカサが、

降魔の活動限界高度まで上昇し切れば、

降魔の襲来を振り切って

航続可能というわけですね。

 

戦闘→敵増援→戦闘→敵増援→…

というサイクルで、戦闘が進み、

第四波まで耐えると戦闘勝利です。

 

なお、フィールド内には

ミカサの高射砲が配置されており、

これが破壊されると

甲板に降りてくる敵の数が増えるという仕様です。

 

 

特にイベントもなく、この戦闘は終了。

 

高高度に達したミカサの周囲から

降魔が退いていき、

花組が撤退しようとしたのも束の間。

先ほど仕留め損ねた土蜘蛛が

再び姿を表します。

 

戦闘再開です。

 

f:id:yon-sakura:20170507150600j:plain

▲意外なまでの忠誠心を見せる土蜘蛛

 

今まで土蜘蛛には、

戦いのために京極に与しているような、

結構戦闘狂っぽいイメージを持っていましたが、

花組に諭されても

「自分が捨て駒だということはわかっている」

と言い、その上で京極のためにと

突っ込んでくるのが意外。

人間の皆殺しを望むような、

強い憎しみも露わにしています。

 

しかしどんなバックボーンがあるにせよ、

負けるわけにはいきません。

戦闘を開始したその1ターン後でした。

 

f:id:yon-sakura:20170507151506j:plain

花組の天武に異変が……?!

 

天武の中に警報が鳴り響き、

大神だけでなく、

花組全員が、

天武の暴走に苦しみ始めたのです。

 

ひとまずは戦闘を続行する花組ですが、

どう考えても異常事態。

 

合体技と各必殺技で畳み掛けて、

手早く戦闘終了させました。

 

土蜘蛛はこの戦闘で命を落とします。

死に際、こんな姿でも人間だ、と嘲笑った土蜘蛛。

異形の姿ゆえに差別を受け、

人間を憎むようになった彼女は、

京極に授かった力で

人間への復讐をしていたのでした。

 

怪物を怪物たらしめてしまうのは

周りの人々なんだ……という話なのかな。

 

ちょっと苦々しい思いも抱きつつ、

花組は帰投。

天武の異常については、

紅蘭に心当たりがあるようでした。

 

 

土蜘蛛が爆死した甲板をあとにして、

艦橋に戻った一同。

紅蘭から説明されたところによると、

天武の暴走は、

言ってしまえば天武の「仕様」のせいでした。

 

そもそも、天武が光武以上の力を発揮できるのは、

乗り手の霊力+都市エネルギー(地脈の力)を

取り込んでいるからなんだそうです。

天武は取り込んだエネルギーをパワーに変えて稼働します。

 

ここで、今目的地としている武蔵は、

八鬼門封魔陣で解放された都市エネルギーを

上空で吸い上げている状態です。

天武は、武蔵が吸い上げている強大なエネルギーを

横からすべて吸収しようとし、

結果オーバーフローして暴走を始めてしまったと、

どうやらそういう話でした。

 

このまま暴走を続ければ、

天武は乗りてもろとも“オシャカ”になってしまうと紅蘭。

LIPSで「天武を降りよう」と苦肉の決断をしますが、

花組の表情は晴れません。

 

しかし、ここで光明をもたらすのも

やはり紅蘭でした。

ミカサには、天武の前に搭乗していた機体、

光武・改も積んでいるというのです!

 

f:id:yon-sakura:20170507154231j:plain

▲先読み能力が素晴らしいな!!

 

「こんなこともあろうかと」という

お決まりの台詞が頼もしいですな。

しかも、今回はレニ、織姫にも

アイゼンクライトではなく、光武が用意されているのでした。

 

f:id:yon-sakura:20170507154440j:plain

▲このフォルムが既に懐かしい

 

これでまだ戦える。

がんばろう、と改めてLIPSで花組を鼓舞します。

 

ちなみにレニと織姫には、

光武と一緒に、

花組の戦闘服が用意されていました。

 

f:id:yon-sakura:20170507154706j:plain

f:id:yon-sakura:20170507154721j:plain

かっわいいな!!!!!!

 

お世辞でなく、

よく似合っているとLIPSで褒めると、

織姫、レニの信頼度が上がります。

 

 

さて、こうして改めて戦闘準備を整えた一同は、

1時間後、ミカサへ突入します。

 

各自、休息のために解散しますが、

そこをかえでに呼び止められました。

厳しい戦いを前に、かえでは大神に、

花組の支えになることを改めて期待していました。

 

みんなに声をかけてほしい、

というかえでに、LIPSが発生。

「わかりました」と素直に頷きます。

 

「みんなの力になってみせます」

と力強く言った大神。

顔グラは微笑んですらいます。

1の最終戦の前には

恐れを抱いて震えていた彼ですが、

この2年の間に、成長したという証なんでしょうか。

 

f:id:yon-sakura:20170507155537j:plain

▲1の時には、まだ見守られている気の強かった大神だが……

 

 

よろしくと笑うかえでに見送られつつ、

その4に続きます。