読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サクラ大戦プレイ日記

DC初心者が20周年を迎えたサクラ大戦をプレイ

【3】第一話その3 花の都は大きくて

 

翌朝の大神。

とても腹の音とは思えない奇怪なSEで空腹を主張し、

朝食は近くのカフェで取ることにしました。

パリのカフェで朝食!

オシャレですね~。

 

ここと決めたカフェで

さっそく腹ごしらえをしようとしますが、

店員に注文を取ってもらえず、

なかなかご飯にありつけません。

通りがかったエリカくんをアナログLIPSで呼び止めて、

やっと注文することができました。

LIPSはだいたい台詞のちょい上くらいにしてみましたが、

呼び止められたエリカくんは、

「覚えていてくれたんですね~!」と

信頼度が上がります。

 

大神が頼んだのは、

クロワッサンとコーヒーです。

エリカくんに、クロワッサンの意味を尋ねられたので、

「三日月じゃないかな」

と正答……のはずなのですが、

なぜかエリカくんには

これが三日月なんて神さまが許しません!

と怒られました。

信頼度は変わらなかったですが、り、理不尽。

 

 

しかし、エリカくんのドジっぷりは本物らしい。

そもそもこのカフェで見かけたときも

看板に頭をぶつけていたのですが、

店員に注文をしようと席を立った途端、

店員にぶつかり

パラソルを折り

テーブルに頭から突っ込んで

他のパラソルもドミノ倒しに巻き込んで、

ドジのピタゴラスイッチ状態です。

 

 

f:id:yon-sakura:20170515210208j:plain

▲うーん様式美。

 

それをキリリと見下ろしたのは、

荘厳華麗なBGMとともに現れた

金髪の美人でした。

 

f:id:yon-sakura:20170515211134j:plain

▲あらスタイル抜群

 

グリシーヌ・ブルーメール。

それが彼女の名前だそうです。

貴族を名乗るだけあって、

気位の高そうな、居丈高な話し方をします。

 

名乗り返し、LIPSで

留学に来たことを告げると、

日本人ごときが?とこれまた鼻で笑うような態度。

……あんまり腹が立たなかったのは、

2で織姫くんにけちょんけちょんに言われ慣れているからでしょう。

 

f:id:yon-sakura:20170515211633j:plain

f:id:yon-sakura:20170515211733j:plain

▲強烈さにかけてはいい勝負だな(笑)

 

グリシーヌはなんだか、

大神のパリでの動向を

気にしているような感じで、

このつっけんどんな態度にも理由がありそう。

直前に、エリカくんが

「フランスの人間は照れ屋で

 素っ気ないふりをしているだけだ」

というようなことを言っていましたが、

どうもそういうわけではなさそうな気がしました。

 

 

エリカに向かって、最後に

クロワッサンは三日月という意味だということを告げ

立ち去ったグリシーヌさん。

エリカくんには、

大神さんの言っていたことは本当だったんですね!

と褒められて、

信頼度が上がりました。

 

 

結局、エリカが起こした騒動によって

カフェを追い出されてしまった2人。

移動した先のテアトル広場でシーくんと出会い、

マダムの飼っている猫、

ナポレオンを探すことになりました。

ここからは自由行動で、

パリの街の中を探検することになります。

 

まずは近場からかな……と市場を目指してみると、

画面下に謎のゲージが。

「なんだろうな?」と思って眺めてしまいましたが

どうもこれは

「イベントキャッチ」というシステムだったようです。

 

f:id:yon-sakura:20170515212643j:plain

▲移動中にもイベントが発生する今作

 

見逃したこれが猫を見つけるイベントだったらしく、

市場に到着すると、

ナポレオンを抱えたシーくんがいました。

 

それにしても、今作も新システムが多くてびっくりです。

パリの町中は広いし、

どこへ行こうか目移りしてしまいますね。

 

気を取り直して移動すると、

レストラン前でイベントキャッチが!

グリシーヌの姿もあり、

今度は逃さずキャッチすることができました。

 

f:id:yon-sakura:20170515213052j:plain

▲キャラクターがちまちま動いているのがかわいい

 

グリシーヌには街の印象を聞かれたので、

LIPSでさすがパリと褒めてみました。

グリシーヌさんのお気に召した様子で

信頼度はアップしましたが、

やっぱりちょっと塩対応でした。

 

f:id:yon-sakura:20170515213429j:plain

▲これくらいじゃあもうめげないけどね

 

 

教会→エリカくんがお世話になっているらしい教会

ルネ・ルノという神父さんに出会った。

はりきって人助けをするエリカくんに対し、

おお神よ……と絶望のポーズ。

やっぱりどうもトラブルメーカーっぽいな。

 

エリカの部屋→教会の裏にあるエリカの部屋

すけべ心を出して行ってみましたが、

LIPSも何もなくすんなり入れてくれました。

本棚を調べると、

毎日の食事の献立が書いてある日記を見せてくれ、

信頼度がアップ。

 

f:id:yon-sakura:20170515214031j:plain

▲意外とシンプル……というか殺風景な部屋だ

 

祭壇を調べるとLIPSが発生し、

何をお祈りしているでしょう?とエリカからクイズが。

さっきの日記のこともあって

「今日食べたもののことかな」と回答すると、

わたしのこと食いしん坊だと思ってるでしょう!

と膨れられました。ご、ごめん。

壁の画を調べると、

それはお母さんから贈られたものだと教えてくれました。

救いを求める女の人のもとに、

鳥の姿をした神さまがやってくる、という画で、

エリカくんは

なぜ神さまが鳥の姿をしているのかを大神に尋ねます。

LIPSで、「女の人を驚かさないように?」

と回答してみると、エリカは笑いました。

 

f:id:yon-sakura:20170515214619j:plain

▲エリカの持論はこうだった

 

羽のように大きくやさしい心。

エリカくんなら持つことができると思うよ、

と大神が言い、私も頷くのでした。

 

シャノワール→売店で売り子をしているシーくん

大神がエリカのブロマイドを持っていることに気がついて、

エリカがテンション、もとい信頼度を上げた。

シーくんとエリカくんの会話が

女の子~って感じのテンションでかわいい。

 

公園→昨日シャノワールで絡まれたおっちゃんがいた

名前をジャンといい、

どうもエリカくんは顔見知りらしい。

なんだかよくわからないが、

大神に両腕を上げさせて体の大きさを測り、

隊長を尋ねてくる。

「すこぶる良好だ」と返すと、

それならいいと立ち去ってしまった。

なんだったんだ?

 

図書館→日本について調べているグリシーヌ

変化球のツンデレだろうか……?

ちょうどいいと言ったグリシーヌは、

日本からの客人をもてなす料理について悩んでいる様子。

LIPSで「本場のフランス料理がいいな」と答えると、

グリシーヌの信頼度が上がります。

愛国心の強い子なのかな。

 

バー→エリカくんが走り去る誰かとぶつかった

 

f:id:yon-sakura:20170515215622j:plain

▲ん? この子って……?

 

花屋→花を受け取りに来ていたメルくんとシーくん

 

エリカに花を贈るんだと茶化すシーに、

これは両手に花だなとLIPSでおどけ返す。

シーくんの信頼度は上がったが、

メルくんにはさらりと流されてしまった。

 

墓地→墓参りをする人の姿があり、早々に退散

 

サーカス→シルク・ド・ユーロというサーカス団のテント

オジギをする大神を、エリカが面白がる。

エリカとアナログLIPSで握手の練習をしてみたが、

力いっぱい握りすぎて

信頼度を下げてしまった。

アナログLIPS、意外と繊細……。

 

ブルーメール邸玄関…の前に市場前でイベントキャッチ

買い物をしているメルくんとシーくん。

昨夜のエリカくんのドジで

破れてしまった幕を買いに来たようだ。

謝るエリカを、LIPSで「失敗は誰にでもある」と励ます。

エリカとシーくんの信頼度がアップ。

初主演で舞台を破壊し尽した新米女優も、

今では立派に舞台に立っているものね。(笑)

 

ブルーメール邸玄関…の前にテルトル広場でイベントキャッチ

マダムもといグラン・マがいた。

なんだか「おばあちゃん」みたいな呼び方だけど、

グラン・マという呼び名の方がいいのかな。

カタブツかと思ったのにさっそくデートかと茶化され、

大神タジタジ。

素直になれよ、黒猫ダンスで

すばらしいですね」とかマジトーンで言ってただろ。

エリカのどんなところがいいのか、LIPSが発生し、

「やさしいところですね」と素直に答える。

エリカとグラン・マの信頼度が上がった。

 

 

ここでお昼の鐘が鳴り、

用事があるというエリカとお別れです。

ブルーメール邸には行けなかったな。

 

 

お別れの直前、突如降り出した雨に、

大神とエリカは店先の屋根の下に駆け込みます。

どうでもいいですが、

ああいう店先の布やビニール製の屋根のこと、

オーニングって言うんですね。

今回調べて初めて知りました(笑)

 

f:id:yon-sakura:20170515221504j:plain

▲目がキラキラしていて、なんだかいい雰囲気

 

2人で雨宿りとはいい雰囲気じゃないかと思いきや、

なんだかエリカくんがしんみりとしています。

 

エリカくんは雨を見て、

彼女が初めて修道院に入ったときのことを

思い出しているのでした。

 

 

子どもの頃から、

奇跡の力があったエリカくん。

最初は周りの人も喜んでいたのに、

そんなことが続くと、次第にみんなが気味悪がるようになり……。

そして、彼女は修道院に入ることになったのでした。

ふとアイリスのことを思い出しました。

幼いころのエリカも、きっと、アイリスと同じのように

力が制御できずにいたのでしょう。

そう思うと、あやめさんに早いうちに見つけてもらい

帝撃でよき理解者を得たアイリスは

幸運だったんだなあ……。

 

大神さんも変だと思うでしょう。

悲しそうな顔をするエリカに、

「素晴らしいと思うよ」とLIPSで伝えます。

エリカは大神の言葉に信頼度がアップ。

大神は、それこそ花組のみんなのことを思い出したのでしょう、

日本にも同じような女の子たちがいると、

ぼやかしながらもエリカを励ましました。

 

大神の励ましに自信を取り戻して、

これで戦える、と微笑んだエリカ。

戦うって?

大神が尋ねようとしたそのときでした。

雷が鳴り響き、

驚いたエリカが飛びついてきたのです!

 

f:id:yon-sakura:20170515222427j:plain

▲やったな大神!!

 

ついでに、お決まり通りに

ビンタをいただくところまでがご褒美なのでしょう多分。

 

 

雨が上がり、エリカと別れた後は

予定通り日本大使館の迫水氏のところへ出向きます。

彼に与えられた初めての仕事は、

なんと舞踏会に出ること。

ライラック伯爵夫人という方が主催で、

そこに大使代理として出席します。

もちろん大神に拒否権はなし。

 

f:id:yon-sakura:20170515224226j:plain

▲軍人だな~(笑)

 

大使曰く、大神はすでに

ライラック伯爵夫人と会っているらしいのです。

今までに会った“夫人”っぽい人と言えば、

グラン・マくらいしかいないよな?

だからと言って

突然放り込まれるようなところじゃないと思うけどな……。

 

 

なんとも不安な気持ちになりつつ、

その4に続きます。