読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サクラ大戦プレイ日記

DC初心者が20周年を迎えたサクラ大戦をプレイ

【3】第一話その4 出撃!巴里華撃団

 

さぁ瞬きする間に時刻は15時、

ライラック伯爵夫人邸にやってきた大神は、

さっそく謎のおっちゃんに絡まれています。

 

f:id:yon-sakura:20170515225522j:plain

▲パリに来てからこっち絡まれっぱなしじゃないか?

 

絡まれるのが仕事のゲームと言えばそうなんだけれども。

 

どうやらこのおっちゃんは警部さんらしい。

間を取り持ってくれたのは、

豊満な肉体を惜しげなくさらしたグラン・マ……

やっぱりアナタがライラック伯爵夫人か!

大神は全く思い至らなかった様子で驚いています。

 

f:id:yon-sakura:20170515225739j:plain

▲熟女のおっぱいだって見りゃドキドキするわい

 

 

「女はいくつもの顔を使いわけるものなの」

あー、いい女の台詞だ。カッコイイ。

 

メルにワインを頼んでふと会場を見回すと、

移動したグラン・マが金髪の女性と会話をしています。

「グリシーヌ」でした。LIPSが発生してそう呟くと、

メルとシーが驚いた声を出しました。

グリシーヌは本当に立派なお家柄のお嬢様なんですね。

 

そんな会話をしていると、

横からいやらしい声が割り込んできました。

ま、またおっさんに絡まれてる……。

いやこれは絡まれるのが仕事のゲームだけれども、

おっさんに絡まれるゲームではないはずだ!

……ないはずですよね?

 

その男は大神に対し、

あからさまに敵意を持って話しかけてきます。

 

f:id:yon-sakura:20170515230502j:plain

▲しかも、今回はとびきり悪辣なやつだ

 

素直に気分が悪くなりますが、

このとき発生したLIPSは

「貴族につかみかかる」という一択。

ここは我慢するしかないと時間切れにすると、

見ていたシーくんの信頼度が

「ムッシュ……サムライ……」という

謎の褒め言葉ともに上昇します。

う、うーん?w

 

貴族の口撃は続きます。

本当に典型的ですが、確実に腹の立つ下品な言い回し。

ネチネチと言い続ける貴族の前に、

割って入ったのはグリシーヌでした。

 

f:id:yon-sakura:20170515231750j:plain

▲強い口調で貴族を追い払うグリシーヌ

 

貴公も貴公だ!とグリシーヌは大神にも腹を立てました。

言われるがままの大神の姿は、

誇り高い彼女には我慢ならないものなのでしょう。

LIPSが発生し、

「相手にするほどの奴じゃない」と答えると、

グリシーヌの信頼度が上がりましたが、

彼女は納得しきったわけではありません。

それでは来るべき戦いに勝利などありえない。

グリシーヌがそう叫んだときでした。

 

爆発音とともに、

庭先に昨夜のおかしなウサギが現れたのです!

同時に臨戦態勢に入ったのはグリシーヌです。

 

f:id:yon-sakura:20170515232420j:plain

ゲェエ、どっから出した?!

 

まさかの戦斧使いかよ!!

その細腕で振り回すもんじゃないですよお嬢さん!!

グリシーヌをかばおうとする大神。

アナログLIPSが発生し、

最強数値でウサギ――シゾーにタックル。

グリシーヌの信頼度が大きくアップします。

 

次に響いたのは銃声です。

 

f:id:yon-sakura:20170515232818j:plain

パリのシスター過激すぎるだろ?!

 

パリの女の子たちヤバイな?!

と思っていましたが、

そういえば帝劇にも、

自分で改造した銃を携帯していたり

薙刀の免許皆伝だったり

剣の道を修めていたり、

牛を素手で倒す女の子がいたっけ……。

ど、どっちもどっちか……。

 

警官隊が現れて応戦を始めたとき、

大神の頭をよぎるのは光武のことでした。

「あります、光武なら……霊子甲冑ならあります!」

エリカくんが歯噛みする大神に叫びます。

パリでも光武は光武、霊子甲冑は霊子甲冑なんですね。

事情を飲み込みきれていない大神を急かし、

グリシーヌとエリカが

大神を案内して走り始めました。

さすがにプレイヤーの私は事態を把握しているため、

新しい霊子甲冑のことで頭がいっぱいなのですが。

 

 

案内された先はシャノワールでした。

 

 

f:id:yon-sakura:20170515233157j:plain

▲エリカくんがめちゃくちゃを言う

 

やっぱり本部はシャノワールなんだなー!

駆け抜ける勢いそのままに、

恒例のお着替えムービーが始まります!

 

 

隠し扉のように開いた壁面に飛び込んでいくエリカ。

中には座席があり、

腰掛けた椅子ごと地下に降りると、

壁から足元から、

戦闘服が飛び出してきます。

 

f:id:yon-sakura:20170515234321j:plain

f:id:yon-sakura:20170515234102j:plain

f:id:yon-sakura:20170515234235j:plain

▲今回のお着替えは手動なのか!

 

毎度思うけど、お着替えムービーは隊員全員分欲しい。

3ならあったりしませんかありませんか。

 

なお、一番興奮したのは

グラン・マの登場の仕方かもしれません。

 

f:id:yon-sakura:20170515234452j:plain

▲何それ超かっこいい

 

着替え終わったエリカ、そしてグリシーヌが、

また座席ごと移動してきて、

作戦本部と化した部屋に一同が集います。

大神もいつの間にか戦闘服に着替えていました。

 

その場には迫水氏もおり、

迫水氏が大神に改まって告げます。

大神中尉、君は巴里華撃団・花組の隊長として

この巴里に配属されたのだ、と。

 

本部はここ、テアトル・シャノワール

総司令官はマダム・グラン・マ。

隊員はエリカくんとグリシーヌ。

帝国華撃団をモデルとして、

世界の主要都市で霊的防衛戦術が強化され始めた昨今、

その先駆けとして遂行されたのが

“欧州都市防衛計画”、

そしてその中枢を担う巴里華撃団なのです!

 

劇場を隠れ蓑に地下に司令部と格納庫を置き、

輸送用の弾丸列車まで配備している様は、

なんというか既視感の塊です。

 

件の格納庫に来てみれば、

シャノワールのバー、そして公園で絡まれた

工具のおっちゃんがいます。

整備班長だったのか。

 

光武たちの母のようなタイプだった紅蘭に対し、

おっちゃんは職人気質っぽい。

シャノワール整備班と神埼重工の技術の結晶、

最高傑作と呼ぶ霊子甲冑の名は、光武F(エフ)。

 

f:id:yon-sakura:20170516001500j:plain

▲足元からの舐めるようなアングルに大興奮だ

 

公園で大神の体格を測っていたジャン整備班長は、

既にこの光武Fを大神用に調整済み。

さらに、光武Fに作ってくれたという大太刀は、

米田がわざわざ注文をつけてくれたものらしい。

よ、米田司令~~~~!!!

 

気に入ったかい?と聞かれりゃあ、

そりゃあもちろん!!だ。

金属の照り返しや映り込みまで美しいなあ、

かっこいいな~~~~!!!!

 

同時に、彼はもうひとりの子どもと呼んだ

列車・エクレールを見せてくれた。

なるほど確かにエクレアのような形で、

雷という名は轟雷号を感じさせてくれます。

 

職人気質だが、

やっぱり機体のことを子どもと呼ぶ班長に、

班長と紅蘭が話すところを夢見るのでした。

 

 

そうこうしている内に、

敵怪人は警官隊を制圧し

シャンゼリゼ通りを凱旋門へ向けて進行していました。

 

巴里華撃団の隊長として、

初めての出撃命令です。

「巴里華撃団・花組、出撃せよ!」

大神のLIPS選択にエリカとグリシーヌが応え、

信頼度がアップ。

 

出撃ムービーで、

稼働した光武Fがまたかっこいい!

 

f:id:yon-sakura:20170516003441j:plain

▲エリカは当然のように一度自機の前を通り過ぎた(笑)

 

光武Fを積み込んだエクレールは、

撃鉄が撃針を叩き、

そして飛び出していく弾丸のように、

巨大なハンマーにお尻を叩かれて

射出されました。

 

f:id:yon-sakura:20170516003840j:plain

▲働いているモブが描写されたのは初めてか?

 

 

弾丸列車で、向かうは

パリが誇るシャンゼリゼ通りです。

いよいよ初の戦闘フェイズだ!

その5に続きます。