読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サクラ大戦プレイ日記

DC初心者が20周年を迎えたサクラ大戦をプレイ

【3】第一話その5 大神の誇り!

 

サクラ大戦公式Twitter

新しいイベント情報が告知されていましたね。

 

 

ちょっと、いやだいぶ気になっています。(笑)

男性陣がメインというのも、

また一風変わった雰囲気の公演になるのだろうな、

と想像できて、すんーごく楽しそう。

 

 

さて、第一話その5です。

第一話もいよいよ大詰め、

さらに3初の戦闘フェイズでわくわくが止まりませんでした。

 

 

さて、アイキャッチを挟むと

そこはシャンゼリゼ通りです。

 

画面は立ち絵以外、背景もキャラクターも

3Dになっていました。

 

f:id:yon-sakura:20170516211930j:plain

▲背景でゲームの雰囲気が随分変わる

 

警官隊が交戦しているのは敵怪人、「蒸気獣」。

これが今作の敵なのか。

ポーンという名前からして、

これが2までの脇侍的なポジションの敵なんでしょうね。

 

f:id:yon-sakura:20170516210923j:plain

▲中世の騎士の鎧のようなデザインの「ポーン」

 

蒸気獣を前に、警官隊は為す術もなく撤退します。

さらに勢いを増す蒸気獣。

そしてその場には、ウサギの怪人、シゾーもいます。

 

さぁ、巴里華撃団が満を持しての登場だ!

エリカくんとグリシーヌに

しっかりシステム指南を受けて、

戦闘開始です。

 

 

3の戦闘システムは、

1、2から大きく変化していて

正直大混乱でした(笑)

 

2回行動、ターン制だったシステムは、

行動値を使用した自由な戦闘システムに変化。

マスゲーム的に移動していたフィールドも、

アナログスティックによる入力で

移動するようになったので、

フィールド内を光武Fが自由に闊歩します。

説明書曰く「ARMSシステム」というそうな。

 

行動値がさえ残っていれば、

移動するもよし、

攻撃するもよし、

防御も回復するもよし。

行動値をたくさん消費すれば、連続攻撃も可能です。

 

f:id:yon-sakura:20170516214428j:plain

f:id:yon-sakura:20170516214435j:plain

▲もちろん必殺技もある!

 

 

 

戦闘中、グリシーヌに近づくと

会話が発生。

大神の力量をこの一戦で確かめるというグリシーヌに、

LIPSが発生。

「俺も確かめさせてもらう」とやり返すと、

グリシーヌの信頼度が上がりました。

 

また、雑魚を蹴散らしていく最中、

エリカくんが話しかけてきて、

巴里華撃団について隠していたことを謝られました。

これもLIPSが発生し、

「秘密部隊なので当然」と許すと、

エリカの信頼度がアップ。

 

これからも慎重に行こう、と大神が言うと

エリカは力強く頷いた。

 

f:id:yon-sakura:20170516215245j:plain

▲ドレとかドレかな?!

 

これまでのプレイを通して

すっかり光武のファンになってしまった私としては、

光武がよく動き、モーションもカッコイイ

今作の戦闘描写には大興奮でした。

行動値システムにはまだ慣れませんが、

光武の動きを楽しんでいる間に

敵を全滅させてしまい、

1回目の戦闘はあっという間に終了(笑)

 

f:id:yon-sakura:20170516214353j:plain

▲協力攻撃も健在

 

 f:id:yon-sakura:20170516214543j:plain

▲隊長命令はシステムに合わせて仕様が変更されていた

 

 

雑魚が片付けばあとは大将のみ!

シゾーを追い詰めた巴里華撃団ですが、

華撃団の優勢になぜか調子づいた貴族が

戦場のド真ん中にしゃしゃり出てきます。

ライラック伯爵夫人の舞踏会で、

大神を散々バカにした、あの金髪の男貴族です。

シゾーを前にしても、

あの大口っぷりは変わりません。

 

シゾーがウサギ型蒸気獣を召喚してピンチに陥っても、

全くブレないその態度。

守らせてやる、早く助けろと男がわめく中、

LIPSが発生し、

「貴族を助ける!」の一択が表示されます。

 

いっそ清々しいほどテンプレートなダメ貴族。

それでも、助けないわけにはいきません。

 

助けることを選択すると、

大神機が貴族と蒸気獣の間に割り入って

貴族を逃しました。

 

f:id:yon-sakura:20170516222055j:plain

▲傲慢な態度を崩さない貴族

 

憎まれ枠が一周回って愛せるようになる枠なんだろうか。

いやぁ愛せない!愛せないぞまだ!!

 

そんな私の気持ちを代弁するかのように、

怒ったのはグリシーヌでした。

貴族を責めもせず、罵りもしない大神に、

日本人として、男としての誇りはないのかと

戦斧片手に詰め寄ります。

しかし、大神の答えはきっぱりとしていました。

 

日本だろうが、巴里だろうが、そんなものは関係ない。

 

大神の誇りは、

すべての人々の幸せを、

平和を守るために戦うことなのです。

 

f:id:yon-sakura:20170516221609j:plain

▲己の信念に迷いのない男はかっこいい!!

 

それを当然のこととして断言し、

行動できるから大神はかっこいいんだよな。

 

エリカとグリシーヌの信頼度がそれぞれ上がって、

戦闘再開です。

狙うはシゾー操る巨大蒸気獣「プレリュード」だ!

 

 

……とはいえ、ひたすら3人で

タコ殴りにしただけなので、

プレイ日記として特筆することはありません(笑)

 

シゾーは両足と本体と、攻撃できるポイントが3つあり

足を破壊すると動きを制限することができました。

 

 

シゾーを撃破して、

隊員たちをねぎらった大神。

最後に花組でのお約束、

勝利のポーズを2人に倣わせようとします。

まぁ、全く伝わらず

「どうかしちゃったんですか」なんて

言われてしまうわけですが……(笑)

 

f:id:yon-sakura:20170518204320j:plain

▲ドン引きじゃないですか・・・

 

いたたまれなくて見ていられないw

 

 

最後の最後で大怪我しつつも、(笑)

初戦を無事終えることができた巴里華撃団。

あの怪人、蒸気獣とは一体なんなのか?

大神の巴里での活躍に期待が高まる、

そんな第一話でした!

 

f:id:yon-sakura:20170518205326j:plain

▲巴里華撃団の戦いが始まる……!

 

 

第二話に続きます。