読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サクラ大戦プレイ日記

DC初心者が20周年を迎えたサクラ大戦をプレイ

【3】第二話その1 コクリコとの出会い!

 

日本大使館員改め、正式に

巴里華撃団・花組隊長に就任した大神。

隊長としての新たな任務は、

懐かしい“あの制服”とともにやってきました。

 

f:id:yon-sakura:20170518210507j:plain

▲そう、モギリだ!

 

ついでにボーイもするらしい。

衣装こそ同じですが、

仕事の難易度が上がっていますね(笑)

 

作戦司令室で、

前回の戦闘の調査報告を振り返ったマダム。

前回相対したシゾーについて、

その正体、目的、背後にあるもの。

全ては未知のままでした。

タイミングLIPSで、「わかりました」……

つまり何もわかっていないことがわかったと

素早く頷くと、

エリカの信頼度が上がります。

 

 

振り返りを終え解散した後は、

さっそくモギリの制服に着替えて

店の開店準備に取り掛かります。

マダムに準備をしろと言われて

何の反論もなくスムーズに頷く大神に、

なんだかすっかり板についているなあと

笑いが止まらない私です。

 

ここで、手元で電子音が鳴り響いて

おっそろしく驚きました。

音の発信源は……

コントローラーに刺さったビジュアルメモリだ?!

コントローラーの液晶を覗き込むと、

『グリシーヌ▼ ▼楽屋に来られたし。』

と文字が流れていく。

 

これは、先ほど司令室で受け取った

受信専用「携帯型キネマトロン」です。

大神がこれを受け取ったとき、確かに

VMに似た形をしているな、

と思ったのですが、

まさか本当にVMから音が出るとは思わなかった。

3はすごいなあ~と感心しきりです。

 

 

さて、呼び出しに従って楽屋にやってきましたが、

肝心のグリシーヌが見当たりません。

 

 

f:id:yon-sakura:20170518212222j:plain

▲なんだか着飾っているように見えるが…?

 

グリシーヌが大神の前に姿を見せないまま

問いかけてきます。

マダムが大神にモギリをさせるわけをです。

LIPSで「情報収集のためだろう」と答えると、

その通りと頷いた

グリシーヌの信頼度が上がります。

 

しかし、まだそれだけでは

大神に巴里華撃団、ひいては

巴里を任せられないらしいグリシーヌ。

彼女はやたら、大神が巴里の人間でなく

日本人(外国人?)だということに突っかかってきますが、

いやぁ、マジで全然傷つかない。

「人見知りさんめ~^^」ぐらいの心の余裕があります。

どこぞの赤い風よありがとう。

おかげで巴里の冷風が心地よいぞ。

というか、必死に吠えられる感じが可愛く見えます。

 

そんなことを思いながらにやけていると、

「そこで決心した!」

グリシーヌが高らかに言い放ち、

ドレスアップした姿で現れたのでした。

見よ私の姿をと

勇ましく出てきた彼女ですが、

大神がその姿に驚くと、

一転して見るなと罵ります。

 

f:id:yon-sakura:20170518212454j:plain

▲違うよ、純粋にかわいいなと思ってるんだよ!

 

どうやら大神の着任に張り切ったらしく、

彼女も今夜からステージに立つことにしたそうだ。

この店のダンスは全て覚えたというその実力、

確かめさせてもらわないとな!

 

 

楽屋を出た大神は、

一度アパートへ戻ることになります。

受信型の携帯キネマトロンとは別に、

キネマトロンが届けられているからです。

 

部屋に戻ると早速メルとシーから通信が入り、

キネマトロンの使い方をレクチャーしてくれました。

必要があったら使ってくれ、

というメルに、LIPSで「わかった」と頷くと

メルの信頼度が上がります。

キネマトロンは花組の全員が持っており、

携帯キネマトロンと合わせれば

巴里中どこからでも通信が可能だそうです。

任務以外でも使っていいとお許しをいただいたので、

機会があれば触ることにします。

 

 

ここで自由行動になりました。

シャノワールに戻ってこい、と言われましたが、

もしかして寄り道していいのかな?

何時までかよくわかりませんでしたが、

せっかくならと巴里散策に繰り出します。

今回は、前回行けなかったところを優先して

回ってみました。

 

カフェ→ウェイターと間違えられる大神。

あのモギリ服なら仕方ないかもなあ(笑)

大神をウェイターと間違えた女は

どうやら警察に追われていたようで、

すぐに立ち去ってしまった。

 

f:id:yon-sakura:20170518214644j:plain

▲おお、彼女は……

 

シャノワール前では強制イベント。

メルとシーにとっつかまって、

シャノワール内のエレベーターホールへ案内されます。

このエレベーターは、

華撃団関係者だけが使えるそうだ。

 

シーくんに、エレベーターの乗り方について

知っているか尋ねられて、

そうか太正時代に

エレベーターは珍しいのかと新鮮でした。

地下にはシャワー室などもあると聞き、

一も二もなく案内をお願いします。(笑)

 

f:id:yon-sakura:20170518215353j:plain

▲そそそそそんなことないですよぅ。

 

シャワー室、倉庫、作戦司令室、格納庫と

順番に案内されて、

1階に戻ってきました。

 

これで自由行動……なのですが、

その前にシーくんに呼び止められ、

おつかいを頼まれます。

カワイイ君のためならいくらでもだ。

 

f:id:yon-sakura:20170518215809j:plain

▲お安い御用

 

ちなみに自由行動が再開して

真っ先にシャワー室へ走りましたが、

誰もいませんでした(笑)

 

 

楽屋前(イベントキャッチ)→本番前のグリシーヌ

髪を二度調べると大神がグリシーヌの髪を褒め、

信頼度が上がる。

しかしレビュー衣装を調べて発生したLIPSで、

「本当にきれいな衣装だ」と言うと

服しか見ていないのかと怒られて

信頼度を下げてしまった。

プラマイゼロ……。

 

ロビー(強制イベ)→シーくんに職場の仲間を紹介された

ポーチやロビーで

客の案内係をしているドミニクと、

バーテンダーのジョルジュだ。

男の同僚がいるのも物珍しい。

 

売店→シーくんと雑談

ブロマイドは買えなかった。

LIPSが発生し、明日シーくんと

仕事を交換することになった。

ボーイの仕事もしてくれと言ってみたんですが、

シーくんの信頼度は上がった。

 

シャノワール内のバー→ドミニクと挨拶

 

ホール(イベントキャッチ)→開店準備中のシーくん

LIPSが発生し、「よろしくお願いします、先輩」

と選ぶと、信頼度が大アップ。

なんだか、隊員よりよほど

シーくんの信頼度の方が

上がっている気がしないか……?

メルくんが屋根裏で大変だと情報を得る。

 

屋根裏部屋→荷物を運ぼうとしているメルくん

かたくなに手伝いを拒むメルくんだが、

LIPSでそれでも手伝うと言い張ると、

手伝わせてくれた。

おせっかいだと言いつつ信頼度が上がる。

 

レストラン(イベントキャッチ)→食事をするグリシーヌ

相席で食事をすることになるも、

彼女の離席中にコーヒーをこぼしてしまう大神。

ダブルLIPSが発生し、

店主を呼んでテーブルクロスを変えてもらい→

コーヒーを注文して→

グリシーヌに呼ばれて、グリシーヌのところへ行く。

彼女にバレないように全て取り繕ったつもりが、

一部始終見られていたようだ。

しかし、対応がよかったと褒められ

3回も信頼度がアップした!

 

警察署→警部に取り調べを受けているエリカ

タイミングLIPSが発生し、

教会のシスターだと彼女の身分を告げる。

エリカは無事解放された。

 

ブルーメール邸玄関→ばあやっぽい人に追い払われた。

 

市場→野菜の注文をしたところで、

花瓶を買いに来ていたエリカに出会う。

教会の花瓶を割ってしまったんだそうだ。

ブレないなー(笑)

 

 

その直後、2人は

馬車の馬が暴れているのに遭遇してしまいます。

LIPSが発生し、大神が「馬を止め」、

エリカに周囲の人の避難を任せると、

エリカの信頼度が上がります。

 

ここでアニメーションが始まりました。

馬を止めに行ったはいいものの、

暴れ馬に振り回されてしまう大神を、

遠くから見つめる少女がいます。

 

f:id:yon-sakura:20170518223234j:plain

▲馬が暴れているのに気がついた少女

 

少女は市場の屋根の上を身軽に飛び跳ねて、

あっという間に馬にまたがると

それをなだめてしまった。

 

 

大神をオジサンと呼ぶ少女に、

LIPSで名を名乗る。

彼女はコクリコという名で、

動物が好きらしい。

先ほど馬をなだめたのもその賜物か。

 

f:id:yon-sakura:20170518223604j:plain

ベトナムから来たというコクリコ

 

動物と喋りたいという彼女に同調して、

LIPSで「俺も喋りたい」と返せば、

コクリコの信頼度が上がった。

 

エリカが花瓶を探していると知ると、

コクリコは市場を案内を申し出てくれました。

喜んだエリカですが、あろうことか

「男の子は頼りになる」と言い出します。

 

おいおいエリカくん性別まで間違えるのか……

と思いきや、大神まで彼女のことを

男の子だと思っていたというんだから驚きます。

スケベの風上にも置けんな君は!!

 

f:id:yon-sakura:20170518224538j:plain

▲明るく笑うコクリコ

 

しかし、ボクという一人称といい

いたずら小僧のような表情といい、

元気のいい女の子ですね。

 

さておき、気を取り直して

3人で花瓶探しです。

 

 

その2に続きます。