読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サクラ大戦プレイ日記

DC初心者が20周年を迎えたサクラ大戦をプレイ

【3】第二話その2 大サーカス、光と影

 

市場で出会った少女・コクリコの案内で、

エリカは無事花瓶を買うことができました。

 

馬をなだめ、花瓶探しを手伝ってもらい……。

世話になった礼をするため、

大神はエリカと別れて

コクリコの手伝いをすることになります。

 

コクリコが大神にさせたのは荷物持ちでした。

市場を駆け回るコクリコは、

慣れた様子でそれぞれの露天の店主に声をかけ、

野菜くずや魚などを譲り受けては

大神に持たせます。

 

f:id:yon-sakura:20170519201308j:plain

▲集めてどうするんだ?と聞くとこの返事。

 

ベトナム出身で、

自分の過去について

「わからない」と言う少女。

複雑な事情のある子どもなんだろうな、

と自然と察してしまいますよね。

 

 

大神が「これ以上持てない!」と

悲鳴を上げる頃、

ようやくコクリコは市場を回りきりました。

 

 

そこへ声をかけてきたのは、

白い髪と髭を蓄えたおじいさんです。

コクリコの知り合いらしいおじいさんは、

宝石商のロランス・ロランと名乗りました。

 

ロランスさんにコクリコとの関係を尋ねられて、

LIPSが発生。

反射的に「恋人です」と即答。

いやほら、幼女は恋人にしなきゃいけない

星の下に生まれた人間なので……。

コクリコの信頼度は上がりましたが、

彼女の声が驚き半分戸惑い半分の真っ当な反応で、

なんとも申し訳ない気分になりました(笑)

 

f:id:yon-sakura:20170519222037j:plain

▲順応性が高いな……

 

 

大神がおじさんにたしなめられて、

「冗談だったのー?!」と

気がついたコクリコの反応がかわいかったです。

 

おじさんとパンを分け合って食べるコクリコは、

みんなでご飯を食べるのが好きだ、

と言います。

うんうん分かるよぉ、

私も人がものを食べているのを見るのが大好きだ。

いっぱい食べる君が好きってやつだ。

 

大人がみんなおじさんやイチローみたいに

いい人だったらいいのにな。

そんな言葉をこぼしつつ、

コクリコは大神を伴って

市場を後にするのでした。

 

f:id:yon-sakura:20170519222752j:plain

▲そんな犬を呼ぶみたいな言い方w

 

 

 

食べ物を満載したカゴを持って

辿り着いた先は、

コクリコの働くサーカス

「シルク・ド・ユーロ」のテントでした。

 

第一話の自由行動でサーカスに来たとき、

入り口で声をかけてきたのが

コクリコだったわけですね。

 

 

f:id:yon-sakura:20170519223126j:plain

▲これに応えてお辞儀をして、エリカに面白がられたのだ

 

コクリコのいう「みんな」とは、

このサーカス団で飼われている

動物たちでした。

彼らがよい扱いを受けていないことは、

この後すぐに分かります。

テントにやってきたサーカス団の団長が、

あからさまに態度の悪い男だったのです。

動物たちの餌代を半分にすると言い、

ケガをした虎を蹴り、

コクリコに強い言葉を浴びせかけます。

 

f:id:yon-sakura:20170519224237j:plain

▲あからさまにひどい大人だ

 

このままではコクリコまで殴られかねない。

アナログLIPSが発生し、

強い口調で男を止めると、

コクリコの信頼度が大きく上がります。

 

コクリコはこの男に逆らえないようでした。

団長が立ち去った後、

いかにも正義感が強く熱血漢なところがある

大神は、「なんだあの男は?」と

明らかに不服そうな声をあげますが

(大神のそういうハッキリしたとこ

 嫌いじゃないぞ(笑))、

コクリコは悲しげに笑います。

先ほどかばったことにより、

 

また信頼度が大きく上がりますが、

なんとも釈然としません。

 

納得出来ないことは続きます。

これからショーを控えているコクリコの夕食は、

なんとも粗末なものだったのです。

 

f:id:yon-sakura:20170519225245j:plain

▲見ているだけでつらい背中、つらい笑顔

 

食事ができ、雨に眠れず眠ることができる。

自分は幸せだと言うコクリコの笑顔は、

明らかに悲しげでした。

 

その日、サーカスにひとりの女性が雇われます。

その女性は旅芸人で、動物芸を得意とし、

暴れる動物たちを

瞬く間に落ち着かせるほどの実力の持ち主なのでした。

 

f:id:yon-sakura:20170519232517j:plain

▲コクリコも感心していた

 

 

さて、場面は変わってシャノワールです。

コクリコがサーカスで働いていることを

聞きつけたエリカくんが、

大神をサーカスに行こうと誘います。

しかしその台詞がよりにもよって

「人間大砲くらいさせてもらえるかも!」

なんて具合で、

色気も何もあったもんじゃありません(笑)

これがエリカくんらしさということか、

なんか分かってきたぞ。

LIPSで「わかったよ」と返事をすると、

エリカは大喜びで信頼度を上げてくれます。

 

ここで2人で行くという発想がまるでないのが

エリカという女の子です。

ハッピーで楽しい事は共有しなきゃ!

といったところでしょうか。

楽屋にグリシーヌ、メル、シーを集め、

みんなをサーカスに誘うことになりました。

画面が猫カーソル画面になり、

4人に自由に話しかけられるようになります。

 

 

f:id:yon-sakura:20170519230946j:plain

▲4人に話しかけて、みんなでサーカスに行こう!

 

どうやらイマイチ乗り気でないグリシーヌを、

その気にさせなければならないようです。

 

まずはサーカスに興味を持っていそうなシーくん、

次に、シーくんの話に乗ってきたメルくん。

続いてメルくんに話しかけて

シルク・ド・ユーロが

どんなに有名なサーカスかを教えてもらい、

最後にグリシーヌに声をかけると、

グリシーヌも重い腰を上げてくれました。

 

グリシーヌを誘うことに成功したからか、

エリカの信頼度が上がります。

グリシーヌもなんだかんだ楽しみにしている様子で

信頼度が上がり、

結局、翌日はエリカとグリシーヌと3人で

サーカスに行くことになりました。

 

 

シルク・ド・ユーロは、

どうやらヨーロッパでも3本の指に入るほどの

歴史と権威あるサーカス団のようです。

しかし、その団長があんな男なんだよな、

と思うと少し複雑な気分です。

 

一体どんなショーが見られるんでしょうか?

その3に続きます。