読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サクラ大戦プレイ日記

DC初心者が20周年を迎えたサクラ大戦をプレイ

【2周目】第一話その1 サクラ大戦、始まります!

昨年12月中旬、サクラ大戦をプレイし始めたそのときには、

プレイの記録をつけるつもりでいなかったため、

第一話と第二話については

プレイ日記を書いていませんでした。

 

無事アイリスEDを迎えた先日、

1周目の興奮冷めやらぬうちに2周目のプレイをはじめましたので、

初回プレイ時のことを思い返しつつ

第一話、第二話のプレイ日記をつけていこうと思います。

 

2周目はメインヒロインである

さくらくんのEDを目指します。

 1周目は、さくらくんのジト目がかわいくて

天邪鬼な返答をしてみたりしちゃったのでw、

今回は彼女のおメガネにかなうようがんばります。

 

さあ、久々にOPをたっぷり堪能し、プレイスタートです。

 

 

第一話はアニメーションから始まります。

雑踏あふるる帝都。桜が満開の上野公園も例外ではなく、たいへんな人だかりです。

その人混みの中を、豊かな黒髪の乙女が歩いていきます。

さくらです。

初回プレイ時、彼女のその後ろ姿、そして振り返った顔を見た時、

「ああ、やっと会えた!」と感慨もひとしおだったのを覚えています。

2周目もよろしくなぁ、さくらくん!

 

f:id:yon-sakura:20170115213701j:plain

帝国華撃団花組隊員・真宮寺さくら

 

高台から望む帝都の姿にさくらが見とれるのもつかの間、

人混みの真ん中に突如として現れた怪蒸気。

さくらは襲い掛かってくる蒸気を華麗に避け、抜刀すると

一太刀のもとそれを両断してみせた――。

 

f:id:yon-sakura:20170115214422j:plain

▲勇ましい一撃!

 

 

場面は変わって、主人公・大神一郎であります。

彼は花小路伯爵から任命書を受け取っていました。

画面には凛々しく敬礼する大神一郎の顔。

初見時、初プレイとはいえ大神の顔を知らなかったわけでもないのに、

この涼やかな美青年に衝撃を受けて

「凛々しいなあ、私!w」と笑ったものです。

改めて、格好いいねえ、大神くん!

 

f:id:yon-sakura:20170115214816j:plain

▲帝国海軍少尉・大神一郎

 

 

辞令を受けた大神は、上野公園へ向かいます。

そこへ迎えに現れたのが、さくらでした。

 

今聞くと、大神に声をかけて、名乗るさくらの声は、

少しよそいきの声に聞こえます。

ちょっと高くて落ち着いていて、

とってもおしとやかな印象ですね。

そんなところにも ときめいた。

 

さて、しかしまさか帝国陸軍の秘密部隊のお迎えに

女性が現れるとは思っていなかった大神は、

ずいぶん怪訝な顔をしています。

さらには行き先が大帝国劇場だと言うので、LIPSが発生。

初めてのLIPSですね!

1周目は、「これがLIPSシステムか!」と感動して

画面を写メろうとして、時間切れになってしまったんですよね……(笑)

おかげさまで一発目から信頼度を下げてしまいました(笑)

今回は、「自分は任務中です!」と生真面目に断ってみました。

 

さくらはそんな大神を笑って、

劇場内に帝撃の本部があるのだと告げました。

なるほど秘密部隊なのだからと大神も納得。

さくらに伴われて、大神は銀座へ向かいます。

 

 

帝劇へ到着した大神少尉。

正面ロビーの豪華さに圧倒されますが、

人、警備もいないことに首をかしげます。

さくらは大神を丁寧に案内しますが、

帝劇について説明するさくらと、帝撃について思いを馳せる大神の

微妙で絶妙な噛み合わなさがもどかしい。

 

すれ違ったままやり取りをする2人にやきもきしていると、

金髪の少女が突然姿を現します。

 

f:id:yon-sakura:20170120233510j:plain

帝国華撃団花組隊員・アイリス

 

突然目の前に現れた少女に、

「いいっ!?」と声を上げる大神。

来た~~~~、アイリス~~~~~~!!!!!!

なにせ1周目をともにした子ですから、

俄然テンションが上がります。(笑)

 

 ここでは冗談めかしてか、さくらのことを

「さくらさん」って呼んでますね。

1周目は呼び方なんて気にならなかったなあ。

 

大神にも霊力があることを察知し、

戦いを予期するアイリス。

不安がるアイリスを連れて、

さくらは行ってしまいました。

ここからは、1人で支配人室を目指します。

 

 

支配人室への道すがら、食堂ですみれと対面しました。

食事をしていて、フォークを床へ落としてしまったようです。

誰かいないのかと、声高に人を呼んでいます。

第一印象は文句なしに一番強烈ですよねぇ、すみれくん……。

 

フォークを拾えというすみれに対しLIPSが発生し、

私は「いいですよ」を選択。

なんとも柔軟な対応の大神少尉。さすが2周目。

 

新しいフォークを受け取ったすみれは、

涼やかに「ありがとう」と返してくれ、信頼度が上がりました。

 

f:id:yon-sakura:20170121000434j:plain

帝国華撃団花組隊員・神崎すみれ

 

ちなみに1周目はつっぱねて信頼度を下げました。(笑)

 

冒頭のさくらくんのLIPSもそうでしたが、

1周目は、始めてからしばらくこのシステムに慣れず、

なかなか信頼度が上がらなくて苦戦しましたね……。

 

何か不満があったのか、フォークを拾い上げた後

米田のことを口汚く罵るすみれの愚痴に付き合わされてしまったのですが、

大神が自分が新たに配属された花組隊長と知ると、態度を一変。

大神はすみれに追い立てられるようにして、

支配人室へたどり着きました。

 

 

ここが米田中将閣下の部屋か……と緊張する大神が

支配人室の扉をノックする前に、

その扉を開けて中から出てきたのは、マリアでした。

 

f:id:yon-sakura:20170121001657j:plain

帝国華撃団花組隊員・マリア・タチバナ

 

さくらやアイリス、すみれと話していたときなどは、

戸惑いまくり、歯切れの悪い返事をしていた大神ですが、

「どなたですか?」

というマリアの硬い声には、よどみなく名乗ります。

ヘタに優しく丁寧にされるより、テンション高く絡まれるより、

こういう軍人気質な方が親しみがあるからかな?

 

ここで初めて、手カーソル画面になりました。

 

顔を三度ほど見ると、

マリアが勝手に話を進めます。

 

f:id:yon-sakura:20170121001629j:plain

▲し、失礼しました……

 

彼女の去った後、大神は彼女のことを「厳しそうな人だな」

と評価しますが、同時に「ようやく軍人らしい人に会った」とも言います。

やっぱり一般的婦女子は苦手なのか。

 

 

さて気を取り直し、大神はいよいよ

支配人室の扉をノックしました。

 

伝説級の名将・米田一基とは、

どんな人なのかと思いを馳せる大神。

 

 

その2に続きます。