読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サクラ大戦プレイ日記

DC初心者が20周年を迎えたサクラ大戦をプレイ

【2】第七話その1 波乱の秋

 

季節が秋に変わり、いよいよ

物語も佳境に近づいてくる第七話です。

五行衆が、

「残された門」「あのお方」

と、不穏な単語を口にしつつ会話をしています。

前回斃れた水狐のことを嘲る面子が多い中、

金剛だけは水狐の仇を取ろうと息巻いていました。

コイツ良い奴だよな。

 

 

一方、花組たち一同は

秋祭りを訪れていました。

アイリスがはしゃいで、

カンナは屋台の食べ物に目移りしています。

 

f:id:yon-sakura:20170413231843j:plain

▲すっかりレニにべったりだなあ

 

選択肢が出現したので、

まずは屋台を見に行ってみます。

これはアイリスのミニゲームでした。

行き交う人混みを避けながら、

屋台を回りまくって点数を稼ぐというルールです。

30秒ほど残してゲームオーバーになってしまいましたが、

ボーダーはクリアしていたらしく

信頼度がアップしました。

 

次の紙芝居は、

「少年レッド」という物語だったのですが、

アドリブだらけで笑いましたwww

なんだこれwww

 

f:id:yon-sakura:20170413221309j:plain

▲「驚くのも無理は有馬温泉

 「?!wwww」

 

一行のテキストに対して、

三行分のアドリブを入れるような勢いでした。

それでいてちゃんと(ちゃんとというのも失礼ですが)

声色を変え調子を変えてくるプロの仕事ぶり。

いやあ聞き入りました。すごい。(笑)

 

そういえば、いつぞや紅蘭に

少年レッドのラジオのチャンネルを教えてもらったのに、

結局聞かなかったなあ……。

 

紙芝居を聞き終わると、

暇を持て余していた織姫が

特別についていくことを許可してくれ(笑)、

一緒に屋台を見て回ることに。

 

そのうち行き当たったのは、

1人の似顔絵描きでした。

 

f:id:yon-sakura:20170413231523j:plain

▲客がいない……

 

屋台を出している画家と織姫は、

二言三言交わしてハッとなりました。

どうやらお互いに面識がありそうな様子……

だったのですが、

織姫は急に力強く否定し始めます。

そのまま、織姫は大神が止めるのも聞かず

逃げるように走り去ってしまいました。

 

 

帝劇に戻って自由行動です。

織姫の様子を見に行くのが最終目標です。

 

売店→さくらのブロマイドを購入。

 

中庭→ベンチに座っているレニ。

ついにフントを受け入れてくれました!

 

f:id:yon-sakura:20170413222916j:plain

▲ついにフントと触れ合ったレニ

 

f:id:yon-sakura:20170413223015j:plain

▲たまらない笑顔だ……

 

LIPSや信頼度の変化などは特になし。

 

支配人室前廊下→プールに発明品を置いてきた紅蘭。

14時半から、レニがプールで

潜水訓練をすると教えてくれました。

水着チャンスだ……!

かくいう紅蘭も、14時半からさくら、カンナと

中庭で焚き火をするそうです。

タイミングLIPSが発生したので、

服について聞いてみました。

 

f:id:yon-sakura:20170413223420j:plain

▲ゆったりとした袖のあるチャイナ服に変わっている

 

感想を聞かれたので、よく似合っていると答えると、

一度本当にかと念を押された後、

信頼度がアップしました。

ちょっと自信がなかったのか?ドキドキしてたのかな。

なんにせよかわいい反応でほっこりしました。

 

舞台→レニについて話すさくらとすみれ。

先日の舞台の出来を褒め、

性格的にも明るくなったと語るさくらとすみれ。

LIPSで「本当によかった」と同意すると、

さくらとすみれの信頼度がアップします。

 

書庫→本を読んでみる大神。

LIPSで「仮面拳闘士」を選んでみた。

するとそこへ現れたのはマリアで、

信頼度が上がりました。

選択肢の中にデート指南の本があったのですが、

これを選んでいたら下がったんだろうか……(笑)

 

サロン→織姫とすれ違ったというすみれ。

なんだか思い詰めたような顔をしていた、

と聞かされ、LIPSが発生。

「祭りの出来事を話す」という一択のLIPSだったため、

深読みしてタイムオーバーにしてみると、

すみれの信頼度が上がりました。

 

f:id:yon-sakura:20170413224456j:plain

▲信頼してくれてるねえ

 

すみれが詮索を嫌う女性だから、

きっとあれこれぺらぺら喋ると

ひんしゅくを買うんだろうな。

 

プール→潜水のトレーニングをするレニ。

水中で障害物を避けながら、

アイテムを回収して得点を稼ぐ

ミニゲームをプレイできました。

結果がよかったのか、

レニの信頼度の上がり方もよかったです。

 

f:id:yon-sakura:20170413225349j:plain

▲す、スク水……??!

 

中庭→焼き芋をするさくら、カンナ、紅蘭。

フントも一緒でした。

フントがいると癒やされるなあ。

紅蘭に「秋と言えばなんだ」と問われて、

「読書の秋」と答えると、紅蘭の信頼度がアップしました。

この場のメンバーのイベントが

あんまり拾えていない気がするので、

ちょっとお得な感じでした。

 

かえでの部屋→何か書き物をしているかえで。

雑談と、あやめさんの話をしてくれました。

雑談では、焼き芋をするみんなの様子を聞いて

楽しそうに笑い、

あやめさんの話では、実はほとんど

一緒に過ごしたことはなかったことを教えてくれました。

 

f:id:yon-sakura:20170413230127j:plain

▲改めて美人だなあ、かえでさん

 

「藤」に連なるものなら珍しいことではない、

というかえでさん。

なんだか気になる物言いだったので、

続きが聞けるなら聞きたいところです。

 

衣装部屋、遊戯室はスカ。

 

最後に織姫の部屋へ。

祭りの会場で、どうして様子がおかしかったのか

尋ねてみようとする大神ですが、

しかし、少尉さんには関係ないでしょー!?と

扉の前で門前払いを食らってしまいした。

 

そこへ現れたのは、

椿ちゃんの代理で売店を切り盛りしている

つぼみちゃんでした。

劇場の入り口前で、

ずっと立っている人がいるといいます。

様子を見に行くべく、大神が玄関へ向かいます。

 

玄関前に立ち尽くしていたのは、

先ほどの絵描きの男性でした。

彼は大神が織姫と一緒に働いている人間と知ると、

そっと事情を打ち明けてくれました。

「織姫は私の娘なのです」

!?

 

この物腰やわらかな男性と、

奔放な織姫がどうにも結びつかなくて戸惑います。

しかしひとまず、大神はこの緒方という男を

帝劇へ招き入れました。

 

その2へ続きます。