読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サクラ大戦プレイ日記

DC初心者が20周年を迎えたサクラ大戦をプレイ

【2】第十一話その5 さらば、金剛!

 

改めて作戦司令室に集まった一同は、

かえでさんから、二剣二刀の儀という

ただひとつ残された

魔を封じる手段について聞かされます。

二剣二刀の儀とは、米田以下、

かつて対降魔部隊に所属していた4人が持っていた

4本の霊剣を用いて行う奥義でした。

 

米田長官の神刀滅却(現在は大神が所持)

山崎の光刀無形(現在は鬼王が所持)

真宮寺一馬の霊剣荒鷹(現在はさくらが所持)

あやめさんの神剣白羽鳥(現在はかえでさんが所持)

 

対降魔部隊は、

これら霊剣の伝承者を集めて組織された、

つまり二剣二刀の儀ありきの部隊だったんですね。

 

 

米田の集めたそんなドリームチームですが、

力が足らず(霊力が足らなかったってことなんでしょうか?)、

二剣二刀の儀に失敗してしまい、

真宮寺大佐が破邪の力を発動した……というのが

事の顛末であるらしい。

 

現在2本の神剣を所持する

大神とさくらは、その奥義を託されます。

エエー、4人で失敗したものを2人でできるのか?!

米田長官は「お前たちならできる」と

太鼓判を押してくれますが、

めちゃくちゃ不安です。

なんのフラグでもないといいんですけれども。

 

奥義の標的は、

武蔵内部にある妖力の源だそうな。

 

LIPSで、「わかりました」と返事をしました。

 

さぁ、いよいよミカサが武蔵内部に突入します!

アニメーションが流れて、

凛々しい米田のおっちゃんや風組、

ミカサの特攻っぷりが描かれます。

 

f:id:yon-sakura:20170508204642j:plain

f:id:yon-sakura:20170508204705j:plain

f:id:yon-sakura:20170508204726j:plain

▲おっちゃんの軍服姿、貫禄あるよなあ

 

 

決死の侵入が成功すれば、いよいよ花組の出番です。

乗組員の風組や薔薇組各員から

一言ずつ激励の言葉を送られました。

 

最後に大神の前に立ったのはかえでさんです。

かえでさんには、

どんなつもりで戦いにいくのかを問われました。

かえでさんは、姉のあやめさんのことを

思い出しているのです。

 

「必ず生きて帰ってきます」

LIPSでそう返すと、

かえでさんは合格よと微笑みました。

 

f:id:yon-sakura:20170507181931j:plain

▲大神は無言で返した

 

平和を守るために命を犠牲にしてはならない。

LIPSで、生きて帰ってくることを

しっかりと約束しました。

 

かえでさんから神剣白羽鳥を受け取って、

これで二剣二刀のうち三振が、

大神の元に揃いました。

残るは鬼王、真宮寺一馬が持つ光刀無形です。

 

f:id:yon-sakura:20170508205310j:plain

▲かえでさんの思いが詰まっているように感じた

 

花組も出撃が整いました。 

 

f:id:yon-sakura:20170507182702j:plain

 

各員が思い思いにm最後の決戦に臨みます。

すみれに促されて、

 

LIPSで出撃命令を飛ばします。

「必ず……生きて帰るぞ!」

みんなから応と返ってくる返事がまた燃えますね!

 

轟雷号に乗り込んで、武蔵のより深いところへ

突っ込んでいきます。

ムービーでは、ミカサを勢い良く飛び出して

武蔵内部の壁をぶち破る轟雷号と、

壁をぶち破ってひしゃげた轟雷号から降り、

勇猛に並ぶ光武・改が描かれます。

それにしても豪快な作戦だな……ww

 

f:id:yon-sakura:20170508212256j:plain

▲光武が横並びに歩いて行く画はめちゃくちゃ燃えた

 

 

 

武蔵内部は、花組の隊員ら曰く

「生き物のよう」だそうです。

 

 

f:id:yon-sakura:20170508215426j:plain

▲確かに船首が顔面みたいになっていたものな

 

意気込む面々の中で、このとき紅蘭が

「光武はいい霊子甲冑だから安心して戦え」と

初めて光武を操縦する織姫、レニに対して

声をかけるのがなんだか印象的でした。

 

f:id:yon-sakura:20170508215620j:plain

▲仲間思いな性格が滲んでいるように感じたのかな

 

メインヒロインとなったすみれと、

今一度「生きて帰りましょう」と

固く頷き合って、

ここからは戦闘フェーズです。

砲台を含めた全ての敵を蹴散らしていきましょう!

 

 

今回驚いたのが合体技でした。

な、なんか変わってるー!!?

 

逢引きのように木陰に佇む2人、

うっすらと表情の見えるシルエット、

白い花に囲まれて頬を染めるすみれさん、

そして戦場を覆う眩しい「♡」……

 

f:id:yon-sakura:20170508220031j:plain

f:id:yon-sakura:20170508220050j:plain

f:id:yon-sakura:20170508220129j:plain

f:id:yon-sakura:20170508220149j:plain

▲「二人の愛は永遠に……」

 

えっそれもしかして技名なのかい。

 

光武・改になったから必殺技が変わっているだろうな

とは思っていたけれど、

正直合体技は変わらないと思っていたし

変わるにしても斜め上に爆進した感じだ。

一周回って冷静な気持ちになりながら

戦闘を進めます。

この後、プレイしながらじわじわ思い出して、

ちゃんと(?)笑って

しばらくニヤケた顔がおさまらなかったのですが……(笑)

いやぁ、日々必死にネタバレを見るのを我慢していると、

いいことがあるなあと思います、こういう時に!(笑)

 

今回の特殊な敵兵器としては、

毎ターン降魔兵器を生み出す「魔来器」と、

巨大な砲台「次元砲」でしょうか。

次元砲は、砲台の足元にある管の上に乗ると

補給源を断ち、破壊することができます。

 

f:id:yon-sakura:20170508221835j:plain

▲出撃地点の背景に轟雷号がある細かさがイイ

 

すみれと隣接すると会話があり、

「少尉といるともっと力が出せる気がしますわ……」

「すみれくん……」

というノロケを見るだけで信頼度が上がりました。

 

チクショー勝手にやってくれ!

 

 

敵を全滅させると、

現れたのは金剛です。

こんな状況になっても相変わらずのテンションで、

熱苦しく仲間思い。

織姫に「下品なオトコ」呼ばわりされていたのは

不憫でしたが……。

 

f:id:yon-sakura:20170508225418j:plain

▲わ、私は好きだよ

 

いいよねこういう男気ある、

憎めない敵キャラってやつね。

「野郎ども!出入りだ!」

ちょ、ちょっとヤクz……だけど。

 

 

金剛相手に戦闘再開です。

この戦闘の特殊なのは、

通常1ターン2回行動のところが

1ターン1回行動になってしまうところ。

それから、

金剛の周りにいる敵機が、

大神がするように、金剛を「かばう」ことですね。

 

回復もしづらいので、山作戦で耐えつつ

要所要所でアイリスに活躍してもらいつつ

必殺技で押して撃破。

 

 

死に際の金剛の台詞に、

大神は無言ながらも

何か思うところのあったらしい反応をしました。

 

f:id:yon-sakura:20170509000420j:plain

▲最後まで純粋な男だった

 

花組が仲間のために戦い、

負けるのは嫌だと思うのと似ているような気がします。

なんでこの男、敵なんだろうなぁ。

 

 

ミカサで待機する面々は、

花組からの通信を受け取りました。

武蔵中枢へ進入する花組からの、

最後の入電です。

 

改めて花組の無事を祈った一同。

米田長官の「生きて帰ってこい!」に

改めて力を感じつつ、

第十二話に続きます。

 

f:id:yon-sakura:20170509001738j:plain

▲渋いぜ