読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サクラ大戦プレイ日記

DC初心者が20周年を迎えたサクラ大戦をプレイ

【2】最終回その1 強く生きろ

 

 

長かった2も、ついに最終話その1です。

なお、記事タイトルを第十二話としなかったのは

ゲーム内のタイトル表記に合わせてのことです。

 

 

 

f:id:yon-sakura:20170513133111j:plain

▲めちゃくちゃドキドキするタイトル画面だ

 

 

最終回という文字に煽られて、

コントローラを握る手に汗がだばだば。

 

まぁセーブ画面では「第12話」だったんですけどね。

気分を盛り上げて行きましょう!

 

 

中枢へ向け、武蔵の中を進む

花組一行の前に立ちはだかったのは、

黒鬼会が最後の1人・鬼王。

さくらは「お父様」と呼びました。

 

f:id:yon-sakura:20170513133558j:plain

▲闇神威かっこよすぎる

 

さくらは鬼王に向かって呼びかけます。

なぜ魔のものとして戦うのか。

しかし、鬼王はさくらの言葉にも

少しも動じた様子はありませんでした。

あくまで、京極を守り、

京極の理想を実現するために戦うことを

己の使命としているのです。

 

LIPSが発生。

大神も「目を覚ましてください」と呼びかけますが、

鬼王――真宮寺大佐は応えませんでした。

 

f:id:yon-sakura:20170513134200j:plain

▲覚えているともいないとも答えなかった

 

臨戦態勢となる鬼王に、

レニが大佐にかけられた術の強力さを指摘しました。

戦うしかない。

そう覚悟を決めたさくらが鬼王に勝利を宣言して、

いよいよ戦闘が始まります。

 

 

ここからは戦闘フェイズです。

 

戦闘中、さくらくんと隣接すると会話が。

 

f:id:yon-sakura:20170513135741j:plain

▲もう迷いはないのかい

 

LIPSで「さくらくんのためにも負けられないな」

そう声をかけると、さくらの信頼度が大アップ。

 

 

鬼王は1ターン目で

五行衆・水狐の能力を使い分身。

桜花放神の6連撃を食らって

1ターン目にして既に瀕死という

地獄を味わいました。

 

柱の影に隠れているとダメージを受けないよ、

と戦闘開始直後にさくらから

アドバイスを受けていたのに、

無視して突っ込むのがいけないんですけどね!

 

他にも、

木喰の力で補助兵器を出してきたり、

金剛の力で機体の色を変えてたり、

火車になってやっぱり補助兵器を出してきたりしました。

 

金剛のときにはお約束通り、

体の色が白くなったタイミングで

必殺技をかましてしまって、体力を回復させました。

バカ野郎です。

 

あとは、この戦闘で気がついたのですが

協力攻撃のカットインの絵が

変化していました。

武蔵突入後から変わってたのかな、

最終回だから変わったのかな?

 

f:id:yon-sakura:20170513150403j:plain

▲コックピット内の絵になっている

 

 

戦闘中、さくらが何度か

鬼王に呼びかけるシーンがありますが、

鬼王はいずれも

冷たくあしらうばかりでした。

しかし、体力を削られていくうちに

反応が変わっていきます。

 

そして、鬼王を倒すと………。

 

f:id:yon-sakura:20170513150617j:plain

▲さくらに呼びかけた!!

 

鬼王は、自分が真宮寺一馬である

ということに目覚めたようでした。

さくらの呼びかけに苦しみ、

面が!と大きく叫びました。

 

f:id:yon-sakura:20170513150948j:plain

▲鬼王の顔を隠していた面が割れて落ちる

 

ついに面が割れ、

素顔を晒した真宮寺一馬に、

さくらが涙を流して駆け寄る様子が

アニメーションで流れました。

 

f:id:yon-sakura:20170513151156j:plain

▲涙を溢れさせたさくら

 

さくらに支えられる真宮寺大佐は、

頬がこけて見えました。

戦闘のダメージゆえか、

操られていたこれまでの披露ゆえか、

弱りきった様子のパパ。

やはり山崎と同じように、

反魂の術によって京極に魂を呼び戻され

戦士として利用されていたようです。

 

強力な京極の術を破り、

一馬を解放した娘の強さに、

一馬はほっとしたような、

誇らしげな声を出しました。

 

f:id:yon-sakura:20170513151629j:plain

▲ようやく父娘が再会できた!

 

 

しかし、感動の再会もつかの間でした。

 

そこへすかさず現れた京極が、

自我を取り戻した鬼王ともども

花組を抹殺せんと現れたのです。

 

鬼王を使い捨ての人形のように言う京極に、

LIPSが発生。

「貴様……許さん!」

人の命を弄ぶ京極に怒る大神ですが、京極は、

高い理想の前に犠牲はつきものと

テンプレートのような台詞で

居直ってきやがる。くっそー。

 

京極の手から放たれた法力が、

さくらに襲いかかりました。

その前に飛び出す真宮寺大佐。

どうでもいいけど真宮寺大佐って呼び方しっくりこねえ。

いっそお父様と呼ばせて欲しい。

さくらルートに行かなきゃだめですかそうですか。

 

さくらを京極の術から守った一馬は、

さくらに京極の野望を砕き、

強く生きろと言いました。

 

成長したさくらの顔を見て、

父として話ができて、

よかったと最期に微笑む一馬。

本当なら、一馬は成長した娘の姿を見ることは

できなかったんだものなあ。

不幸中の幸いと言っていいのかわかりませんが、

一馬が最期に幸せに思えたならよかった。

 

f:id:yon-sakura:20170513154133j:plain

▲ここで妻の名前が出てくるのに泣いた

 

ここで奥さんの名前が出てきたときに、

突然真宮寺一馬という人が

人間味を帯びたような気がしてすごく良かったです。

今まで、一馬のことは

米田のおっちゃんから伝聞で聞くのがメインだったせいか

あまりにも清廉で尊い「犠牲になった人」

という印象が強くて、

神格化されているようなイメージすらあったんですが。

 

真宮寺一馬という個人をようやく見られたような。

急に深みを増した真宮寺一馬像に

ぞくぞく来ました。

一馬主人公の話を一本作ってほしいくらいだった。

さくらを残して奥さんと別れ、

戦場に向かう辺りでたぶんすげえ泣く。(笑)

 

 

京極は力を放出しきってしまったため、

一旦退きました。

 

父を目の前で亡くしたさくらは、

遺された光刀無形を抱きしめて泣き崩れていましたが、

刀と一緒に受け取ったものがありました。

強く生きろという言葉でした。

 

f:id:yon-sakura:20170513155723j:plain

▲再び立ち上がるさくら

 

さくらはあまりにも普通で、

挫折を繰り返す女の子。

ドジだし、感情も豊かで、

よく笑い、けっこう泣く。

だけど非凡なところは、

 

 

その悲しみや悔しさを力に変えて

きちんと立ち直り、

挫折を繰り返して成長できる強さかなと思うのでした。

 

さくらの意志を汲んで、

LIPSは「よし、行こう!」と選びました。

 

二剣二刀の儀を前に、

すみれがさくらに声をかけます。

少尉が、大神がついているんだから大丈夫だと。

 

武蔵の妖力の出力体である巨大水晶の前に立ち、

2人は神剣を握ります。

さくらくんの持っているうちの一本が

柄巻きが赤かったんで、

さくらが霊剣荒鷹と神剣白羽鳥、

大神が神刀滅却と光刀無形を持ってるのかな?

 

2人が構えた刀の刀身が輝き、

2人は水晶に向かって突進していきます。

 

f:id:yon-sakura:20170513161718j:plain

▲燃えるムービーでした

 

f:id:yon-sakura:20170513161820j:plain

f:id:yon-sakura:20170513161835j:plain

▲雄叫びとともに気合の一閃!!

 

二剣二刀の儀は成功し、

水晶は砕け散りました。

これで、武蔵の妖力源は断たれました!

 

ミカサの米田にも帝都から入電。

帝都で暴れていた降魔たちは、

水晶が砕けたことにより

活動を停止したようでした。

にわかに喜びに沸くミカサ内。

 

花組も例外ではありません。

一気に士気が上げて、京極を討ち取るべく、

武蔵中枢部へ突入します。

 

f:id:yon-sakura:20170513162552j:plain

▲次こそ京極戦……なのか?!

 

 

その2に続きます。