読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サクラ大戦プレイ日記

DC初心者が20周年を迎えたサクラ大戦をプレイ

【2周目】第ニ話その1 李紅蘭、登場!

サクラ大戦1

背景が百合の花に変わり、

2周目もようやく第二話です。

 

冒頭のアニメーションは、

黒之巣会死天王の自己紹介ムービー(?)になっています。

 

紅のミロク、

蒼き刹那、

白銀の羅刹、

黒き叉丹。

青白い炎の中から、砕いた岩盤の向こうから、

四人が次々と画面上に現れます。

 

f:id:yon-sakura:20170226013319j:plain

▲ミロク好きなんだよなあ

 

場所は黒之巣会の基地。

第一話での敗北を、黒之巣会の首領・天海が叱責していました。

 

帝都の破壊という黒い野望に燃える天海は、

「六破星降魔陣」という法術を編み出し、

これにより帝都の硬い霊的結界を破ろうとしています。

 

第一の目標は芝公園。天海自ら、そこへ赴こうとしていました。

 

 

一方、開演間近の帝劇では、

モギリの支度を整えた大神が、ロビーで客を待っています。

モギリの仕事にもすっかり慣らされてしまったとぼやく大神。

そこへやってきたのはアイリスです。

 

紅蘭を迎えに来たの!と元気よく言うアイリス。

LIPSで、紅蘭とは誰か尋ねると、花組のいち員だと応えてくれます。

変な機械を作って爆発させていた、というエピソードに

一抹の不安を抱き、物騒な印象を受ける大神。

 

想像する間もなく、外から排気音と悲鳴、

そして大きな爆発音がしました。

 

f:id:yon-sakura:20170226151932j:plain

▲肌も露わなイイ脚、と胸

 

バイクに乗る時に素肌を露出するのは

あんまりよくないと思うんだ!とマジレスしつつも

脚は見ちゃうよね。

 

仰天する大神の前に現れたのは、

赤いチャイナドレスに紫色の三つ編みおさげ、

顔から大きな丸メガネをずり下げて、黒焦げになった女の子でした。

要素が詰め込まれすぎていて説明しづらい。

 

LIPSが発生し、「大丈夫ですか?」と声をかけつつ、問うと、

信頼度が上がり自己紹介をしてくれます。

彼女こそ、噂の李紅蘭です。

 

f:id:yon-sakura:20170226153248j:plain

帝国華撃団花組隊員・李紅蘭

 

先ほどのハードでセクシーなバイクシーンに反する

コミカルなBGMと妙な関西弁が相まって、

なんとも不思議な印象を受ける子ですね。

 

大神が花組隊長(見習い)で自分の上官であることを知ると、

紅蘭は折り目正しく挨拶し直し、

米田への取次を願い出ました。

LIPSで案内するよう申し出ると、信頼度が上がります。

 

ここからは自由行動です。

まずは売店へ向かいます!目的は言わずもがなブロマイド。

1周目は全員分買えませんでしたからね。

物語もいよいよ大詰め!というところで、

椿ちゃんに「全部集めると……」というようなことを言われて

頭を抱えたのもいい思い出。

今回は、自由行動になったら即売店!を心掛けたいと思います。

 

売店では、売られている自分のブロマイドを見て、

紅蘭が顔を赤くします。

せっかくなので、紅蘭のブロマイドを買いましょう。

 

f:id:yon-sakura:20170226154248j:plain

▲いい写真だ

 

紅蘭は恥ずかしがりますが、信頼度はアップ。

ウチのブロマイドなんかどないするんやって

そりゃあ、まあ、

ねえ。

 

ちなみに他のメンバーのブロマイドを見ると、

カンナのときだけリアクションがあります。

 

f:id:yon-sakura:20170226154131j:plain

▲修行に出ているカンナとは入れ違いで、面識がないらしい

 

 

一階客席へ寄り道すると、

「うちも、もうすぐこの舞台に……」

と、感慨深いような、夢見心地のような、

そんな様子で紅蘭がつぶやきます。

ここにボイスがついていたのには驚きました。

 

f:id:yon-sakura:20170226154637j:plain

▲ごめんごめん

 

食堂では、黒之巣会との戦いはどうだったか問われ

LIPSが発生。

「大したことなかったよ」と胸を叩けば、

頼もしいと笑いつつも、油断しないように釘を刺してきます。

陽気な調子の紅蘭ですが、仕事に対してはかなり真面目な態度ですね。

先ほどの自己紹介のときもそうでしたが、

締めるところは締める真摯な対応です。そういうの好きだぜ。

 

事務局で、紅蘭と同期だという由里とも雑談しつつ、

支配人室へ到着です。

 

支配人室前の廊下では、

さくらに会うことができました。

というか……わざわざ駆けてきた?

舞台を控えたさくらは、白い愛らしい衣装に三つ編み姿。

「愛ゆえに」の町娘の衣装ですね。

手カーソル画面になり、

洋服を見ると、LIPSが発生。

よく似合うと伝えると、信頼度が上がります。

 

f:id:yon-sakura:20170226160112j:plain

▲ここでサラッとかわいいとか言えちゃう辺りタラシである

 

紅蘭とさくらが初めましての挨拶を交わしたところで、

さくらは舞台があるからと駆け戻っていきます。

ま、まさか衣装見せるためだけに来たのかいさくらくん。

ええっ・・・・なんだそれかわいい・・・・・

あまりのかわいさに動揺を隠せない。

 

紅蘭からも、さくらと仲がいいのかと聞かれ、LIPSが発生。

べべべ別に普通かなァ?!

これから尋常じゃなく仲良くなる予定ですけど!!!

動揺する私をよそに、答えた大神と尋ねた紅蘭はさらりとしたテンションでした。

 

 

その後、紅蘭は大神に「大神はん」と呼んでいいかと尋ねます。

呼び方かあ……

LIPSが発生し、「お兄ちゃんがいいなあ」と返してみる。

だって~!アイリスにずっとそう呼ばれてたからさぁ!

 

f:id:yon-sakura:20170226162228j:plain

▲大神さん顔、顔!

 

思いの外大神さんのテンションが高かったので、完全に危ない人だ。

しかし、紅蘭は気にしていないのか

「何言うてんのや、おっさん!」と陽気なツッコミ。

おもろい人やな~と信頼度が上がります。上がるのかよ!ありがとうな!

 

おっさん呼ばわりもちょっと気に入っちゃったりしたのですが、 

結局呼び名は「大神はん」になったらしい。

支配人室で米田との顔合わせを済ませ、

今度は紅蘭を割り当てられた部屋へ案内します。

 

二階の廊下では、舞台衣装に身を包んだマリアに会いました。

ここで、さくらと同じく手カーソル画面になります。

顔を2度ほど見ると、

(またジロジロ見るなと怒られるぞ)と大神がつぶやくのが面白かったw

以前怒られたのがトラウマになっているようですね(笑)

 

大神が紅蘭の案内役を引き受けたことに対し、礼を言うマリア。

LIPSが発生し、「隊長として当然だ」と返すと、

マリア、紅蘭両名の信頼度が上がります。

 

紅蘭は支度を済ませたら、

そのまま楽屋へ向かい、今日の舞台へ出るそうです。

そ、そんなんアリかい!場当たりもなしで?!

ぶっつけ本番には慣れていると笑った紅蘭ですが、

彼女には驚かされることが多いです。

 

 

その2へ続きます。