読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サクラ大戦プレイ日記

DC初心者が20周年を迎えたサクラ大戦をプレイ

【2】第二話その3 凶弾

屋根裏へ向かおうと階段へ差し掛かったとき、

レニが階段を降りていくのを見かけます。

少し迷いましたが、レニイベントの匂いを見逃すわけにもいかず、

地下へついていくことに。

……もしかしてシャワーイベントか?

なんて思ったのですが、

レニはさらに降りて地下格納庫へ。

アイゼンクライトの点検をしに来たようです。

声をかけてみましたが、LIPSが発生。

ここは「ジャマせず、立ち去る」を選択しました。

屋根裏のことも気になりますしね。

 

f:id:yon-sakura:20170403223355j:plain

▲初めて微笑んでいるのを見た

 

レニの笑顔を初めて見られたのは嬉しかったな!

 

 

地下格納庫からまっすぐ屋根裏部屋へ向かうと、

アイリスが窓際にうずくまっていました。

ごめんなさい、と素直に謝るアイリスを見て、

1からの時間の経過を実感。

1のときは、活動写真館をひとつ潰しても

「アイリス悪くないもん」の一点張りだったのにね。

大人になったんだね、アイリス。

怒りすぎたと思っていた、と反省の色すら見せてくれ、

私はちょっと感動した。

 

その後、アイリスと一緒に彼女の両親への手紙を書くことに。

大神がLIPSで言葉を選択すると、

それをアイリスが訳してくれます。

そういえば、アイリスは日本語とフランス語、

両方の読み書き喋りができるんだなあ。すごいな。

自己紹介はマジメに「帝国華撃団隊長」を名乗り、

アイリスのことは「貴重な戦力」と褒めました。

後者は信頼度がアップ。

最後の締めくくりは、アイリスは必ず「守ってみせます」。

これも信頼度が上がりました。

 

f:id:yon-sakura:20170403224238j:plain

▲私の大神さんはどうも硬派だ

 

手紙を書き終えた後、アイリスを褒めた隊長。

しかし、アイリスはふと暗い顔をします。

小さい頃のアイリスは、力がコントロールできず

他の人に迷惑をかけないよう

ひとりぼっちで過ごしていたと言います。

きっと、今以上に力がコントロールできなかったのでしょうね……。

いい子じゃない、ただ寂しいだけだと泣くアイリス。

 

f:id:yon-sakura:20170403224912j:plain

▲子どもなら、もっと大声で泣いてもいいのにね……

 

でも、それって当然ですよね。

こんなに小さくて、それ以上に小さいときだってひとりぼっちで過ごして、

両親と離れて日本にやってきて戦って……。

LIPSで「やさしく声をかける」と、

信頼度が二度上がりました。

 

アイリスのパパやママにはなれないけど、

大神や花組の仲間たちが

アイリスに寂しい思いをさせることはありません。

 

しかし、一緒に寝てもいい?とせがまれると

ちょっと頷くのはためらわれる。

先ほどの、さくらくんの信頼度をガクッと下げた苦い記憶もあり、

LIPSは「それはまずいんじゃ」と一応断ってみましたが、

アイリスが気にしていないようなので、

まぁよしとしましょう……。

 

f:id:yon-sakura:20170403225205j:plain

▲アイリスは寝顔を見るシーンが多い気がする

 

 翌朝目覚めると、大神の夢を見たというアイリスに

タイミングLIPSが発生。

「俺も夢を見た」と返しますが、内容を忘れてしまったと言って

特に信頼度の増減はなし。

しかし、アイリスはすっかり機嫌をなおしたようです。

 

2人で食堂へ行くと、さくらくんに鉢合わせました。

少し気まずい空気になりかけますが、

アイリスの明るさも手伝って、

なんとか昨日の嫌な空気は払拭できた様子。

 

f:id:yon-sakura:20170403230629j:plain

▲ほっとする笑顔を見せてくれた

 

しかし、信頼度的には回復していないので気がかりだ……。

 

そんな和やかな食堂を通りかかった米田長官は、

陸軍省に用があるらしく軍服姿。

サキくんと外出するそうです。

そこへ鳴り響く警報。

昨日アイリスと書いた手紙を米田に預け、

大神たちは地下司令室へ向かうのでした。

 

 

今回の目的地は渋谷。

敵は渋谷に大量の資材を運び込んでいるようです。

敵の様子を見て、情報を探る作戦を取ると、

諜報部隊の帝国華撃団月組

破壊すべき資材を探り当て、印をつけてくれました。

目標が明確になったところで、轟雷号で出撃します。

帝国華撃団、出撃!」

さくら、織姫、アイリスの信頼度がアップしました。

 

 

さぁ戦闘フェーズだ!と意気込んだときでした。

陸軍省の米田に場面が切り替わります。

用事を済ませ、アイリスの手紙も出してくれたようです。

アニメーションが挿入され、

帰路につこうとする米田を狙う、銃口が……!

 

銃声。赤い目をしたカラスが飛び立ち、

石畳の上に鮮血が滴りました。

軍服の胸を真っ赤に濡らした米田が、

道の真中に崩折れる……。

 

f:id:yon-sakura:20170403231918j:plain

▲この引き絵に一番ゾッとした

 

冗談じゃねえ、という米田に、私も冗談じゃねえという気分になる。

ガーンと頭が痛くなりました。

文字通り血を吐くような声で呻く米田。

ここでサキくんが出てこない辺り、お察しじゃねえかよー!

 

米田長官の安否の分からないまま、戦闘開始です。

勘弁してくれー!

しかし、戦闘前に情報収集をしておいたおかげで、

青の資材が標的、赤の資材が危険(被ダメージかな?)、

白の資材が回復と、目標が明確になっています。

物語に影響があるわけじゃあないですが、

ここは是が非でも急いで戦闘を終わらせるしかありません。

 

f:id:yon-sakura:20170403233522j:plain

▲隣接した際レニと会話があった

 

さくらくんと仲直りイベントがないかと思って

隣接してみましたが、何もなかった……。

 

青い印のついた資材を壊して、

戦闘終了かと思いきや、木喰が現れて戦闘続行。

2は戦闘が二段階構成になっていて長い!

 

木喰の魔操機兵・智拳は、

遠距離のミサイル攻撃や、ファンネルかドラグーンのような

小さな独立したロボット・円空を排出する必殺技をしかけてきます。

紅蘭の光武を彷彿とさせるカラーリングと攻撃方法です。

 

f:id:yon-sakura:20170403235827j:plain

▲アイリスと隣接するとダブルLIPS。上を選択して信頼度アップ

 

f:id:yon-sakura:20170404000514j:plain

f:id:yon-sakura:20170404000525j:plain

f:id:yon-sakura:20170404000530j:plain

▲さくら、アイリス、レニの必殺技も1,2話の内に見た

 

木喰を撃退したとき、「さすが米田の集めた精鋭」と口にします。

木喰は米田と面識があるのか? 

 

不穏な言葉を残し倒れていった木喰でしたが、

ひとまず勝てたからいいじゃない!と

明るいアイリスの音頭で勝利のポーズです!

 

f:id:yon-sakura:20170404001037j:plain

▲がんばったね、アイリス!

 

レニという新しい友だちがいるから寂しくない、というアイリス。

大神には、遊ぶ約束を果たしてもらおうとじゃれつきます。

こうやって誰もかれも巻き込めるのは、

この年齢ならではなのか、

アイリスの個性なのかなあ~。

 

そのとき、通信を受け取ったさくらが

血相を変えて駆け戻ってきます。

花組のもとに、サキから米田狙撃の一報が入ったのです。

 

 

次回はすみれ、カンナが合流するようですが、

果たして米田は無事なのか?

 

第三話へ続きます。