読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サクラ大戦プレイ日記

DC初心者が20周年を迎えたサクラ大戦をプレイ

【2】第五話その1 花組の夏休み

 

売店の掃除をしていた大神と帝劇三人娘。

椿ちゃんが任務でしばらく不在になるという話の最中、

米田支配人の陽気な声が響きました。

2ヶ月の入院生活の末、

ついに米田が帰ってきたのです!

 

f:id:yon-sakura:20170409202447j:plain

▲おかえり、米田のおっちゃん!

 

さっそく夜には退院祝いの宴会です。

宴会の最中、米田がマリアの私服を褒め、

大神もLIPSで「よく似合っている」と褒めて

信頼度が上がります。

 

f:id:yon-sakura:20170409204220j:plain

▲スーツもいいなあマリア!

 

入院期間中、帝劇そして帝撃を支えた花組たちを

改めてねぎらう米田。

本当によくやってくれた、本当にありがとう、

なんて真剣な言葉を重ねられて、

なんだかジ~ンと来る。

 

米田はさらに、礼として

三泊四日の熱海旅行を準備してくれていた。

LIPSで「米田は来ないのか」と思わず尋ねると、

仕事がたまっているからと断られてしまった。

さっきの今なのでなんだか寂しい。

しかし、せっかく米田の用意してくれた夏休みだ。

大神以下花組は、翌日熱海へ旅立つことになった。

花組の面々もはしゃいでいた。

 

 

翌朝。出立の前に自由行動。

 

売店→前回復帰したマリアのブロマイドを購入。

椿ちゃんとしばしの別れを惜しみました。

 

f:id:yon-sakura:20170409210029j:plain

▲そんな顔しないでくれ!攻略できないのがツラいだろうが!!

 

中庭→フントとレニがいた。

サロンのすみれ、音楽室の織姫のように、

中庭はレニの定位置になるのかな?

LIPSで「少しは(犬に)慣れたかい?」と尋ねてみましたが、

興味がないと相変わらずすげない返事をして

立ち去ってしまいました。

しかし、その後をフントが追いかけていきます。

フントの方には少なくとも変化があったらしい。

 

支配人室前廊下→今から格納庫へ向かうという紅蘭と会った。

みんなはまだ部屋にいると教えてくれました。

二階のみんなを覗いたら、格納庫に行ってみるか。

 

マリアの部屋→既に旅行の準備は済ませているマリア。

部屋の中を見せてもらえました。

机:「日記はつけていますか?」

LIPSで一応つけてるよ、と答えると信頼度がアップしました。

ベッド:マリアがどんな格好で寝ているのかが気になる大神。

浴衣か……パジャマか……

LIPSが発生して尋ねてみると、

マリアは顔を赤くしてはぐらかしてしまいました。

なんで教えてくれないんだ?……と思いましたが、

そうか、マリアは裸で寝ているからか……

 

f:id:yon-sakura:20170409211423j:plain

▲1の第三話参照

 

こう見ると、マリアの部屋の内装は

あまり変わっていないんだな。

 

f:id:yon-sakura:20170409211136j:plain

▲へ、変態くせえぞ隊長。

 

部屋を出る際、マリアは

昔やっていたゲームを思い出したからと言って立ち去ります。

行き先は遊戯室とかだろうか?

 

すみれの部屋→準備中のすみれ。

たくさんある持ち物の中のひとつに枕があり、

枕が変わると眠れないんだとか。

少尉は?と尋ねられLIPSが発生。

「平気だ」と答えると、信頼度がアップしました。

さすが海軍で鍛えられただけのことはある、と

変な褒められ方をして大神は笑いますが、

すみれくんに褒められると、どんなことでも嬉しいな(笑)

 

織姫の部屋→まだ寝ていた織姫。

LIPSで大声を上げて起こすと、信頼度が上がりました。

 

アイリス、カンナ、さくらは不在でした。

 

書庫→旅行に持っていく本を選んでいるすみれ。

どんなものを持っていくか尋ねられたので、

まぁオーソドックスに……と「小説」と回答。

信頼度が上がりました。珍しくすみれくんに怒られないな!

 

遊戯室→ビリヤードをしているマリア。

一緒にやろうと誘われて、

「ルールをよく知らないんだけど……」と素直に言ってみると、

実際に遊びながら教えますよとマリア。

 

f:id:yon-sakura:20170409212828j:plain

▲様になってるなあ

 

マリアのアドバイスに従って、

タイミングLIPSを少し待ち、

回答が「思い切って突く」に変わったところで選択すると、

8のボールを落とすことができました。

マリアの信頼度がアップします。

結局マリアには負けてしまいましたが、

会話の感じからするに、

また遊戯室に来るとイベントが起きるのかも。

 

この後格納庫へ向かいましたが、

紅蘭はいませんでした。あれ???

2は入れ違いなんてことも起こりうるのか。

 

 

時間になったので玄関へ移動しました。

米田が手配してくれていた蒸気バスが

玄関先につけられています。

大神、サキくんを入れて10人分の旅行の手配に

貸し切りバスって、すげえ豪勢だな!

帝劇支配人、陸軍中将の名は伊達じゃないということでしょうか。

 

LIPSで元気よく「行ってきます!」と言ってみたものの、

マリアなどは本当に帝劇を留守にしていいのかと

心配そうな様子です。

キネマトロンを持っていくとはいえ、

まるきり帝都を空けるのは確かに心配ですよね。

 

しかし、心配には及ばないと米田。

花組が帝劇を留守にする間、

強力な助っ人が帝劇と米田を守ってくれると言うのです。

 

米田の呼び込みで現れたのは、

帝国華撃団・薔薇組を名乗る濃い~ぃ三人組でした。

 

f:id:yon-sakura:20170409214227j:plain

▲左から、清流院琴音、丘菊之丞、太田斧彦

 

こちらとしては面識も認識もなかったのですが、

薔薇組は既に大神のことを知っているらしく、

なんだか既にめちゃくちゃモテている。

「一郎ちゃ~ん!チュウしてくれる?」と

サキくん並の大胆さwww

花組にもこれくらいの勢いでモテてみたいな、大神(笑)

 

LIPSで「自分は大神一郎であります」と返礼すると、

なんだか大変ウケがよく、

斧彦と琴音の信頼度上昇のチャイムが

空耳で聞こえてくるようです(笑)

 

すみれの「一風変わった方々」という表現が素敵でしたが、

要するに全員オカマだということらしいです。

菊之丞とか普通にかわいいじゃないか……。

面白がったり不思議がったり心配になったり、

隊員たちの反応は様々。

でもまぁ、フィクションに出てくるオカマさんに

悪いヤツはいねえからな!

米田も、これでも優秀な奴らだからと重ねて強調して、

花組を送り出すのでした。

 

 

さぁ、いよいよ熱海に出発だ!

その2に続きます。