読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サクラ大戦プレイ日記

DC初心者が20周年を迎えたサクラ大戦をプレイ

【2】第十一話その4 決戦を前に

 

※本記事、いつにもまして感傷的な文面となっております。

 しかも長い。

 読み返したらこっ恥ずかしくなりましたがそのままアップします。

 

 

ここからは自由行動です。

さすが巨大戦艦だけあって、

ミカサの中はなかなかの広さでした。

 

 

f:id:yon-sakura:20170507160037j:plain

▲各隊員のキャビン、休憩室、ブリッジ、劇場まである

 

ブリッジ→風組の三人娘

さきほどはお疲れ様でした、と笑うかすみさん、

ミカサが沈んじゃうかと思った、と明るく言った由美くん、

さすが大神さんですと褒めてくれる椿ちゃん。

彼女たちも戦闘員とはいえ、

ここまで快活に気丈にいられるのもすごいな。

 

劇場→つぼみちゃんとフント

つぼみちゃんは風組の制服を着込んでいる。

劇場と言いつつ、天井に客席があるヘンテコな空間だった。

ミカサには帝劇が変形して収まっているため、

さかさまになっているんだそうだ。

ブリッジの仕事はできないけれど、

という彼女も、もちろんフントも、帝撃の一員なんだな。

 

薔薇組の部屋→薔薇組三人衆

薔薇組の部屋も上下さかさまになっていた。

きゃーっ、一郎ちゃんよー!

斧彦から鮮烈な歓迎を受けるが、

なんだかこの反応も嬉しくなってきた(笑)

薔薇組にも真摯な激励を受けた。

 

キャビン前廊下(左)→憂い顔のさくらくん

前回、父と戦う決意を

気丈にも宣言してくれたさくらだったが、

やはり拭いきれない不安がある様子。

 

f:id:yon-sakura:20170507161310j:plain

▲「そう思える」という声が小さく尻すぼみに震えた

 

口にしてはみるけれど、

そうと信じ切れてはいない。

恐ろしい、不安だ、本当に父と戦えるのか?

そんな感情が顕になった声で、

聞いていてブルブルッと来ました。

励ますことは難しいけれど、

LIPSで、

「難しいけど……やるしかない」

正義を信じろと、

そう言って彼女を勇気づけてやって、

部屋で休むよう促しました。

 

カンナのキャビン→サンドバッグに向き合うカンナ

 

f:id:yon-sakura:20170507162040j:plain

▲挨拶はいつも通りでも……

 

体が上手く動かないことを、

不安だとか、怖いとかいう言葉を使わず、

「緊張している」と表現する辺りカンナらしい。

LIPSで、「俺にできることはないか」と申し出て、

組み手でも話し相手でもいい、と言うと、

カンナは笑い飛ばしました。

茶目っ気たっぷりに、

決戦前に隊長をボコボコにはできない、と笑うカンナ。

気分が落ち着いてきた、と言う彼女は、

大神がいるから自信が持てる、と

改めて感謝の言葉を口にした。

こういう、笑ったかと思えば、

ふっと落ち着いた口調になるところが好きなんだよなあ~、カンナ!

 

休憩室→チャオ、といつも通りに見える織姫

ミカサの中でもウロウロしてるですねー、

という台詞にくすりとくる。

 

 

自分が何をしていたか当ててみろ、

と言う織姫。

まぁ後ろにコーヒーカップなどが見えるし、

「何か食べていた」と指摘してみたが、

 

f:id:yon-sakura:20170507163308j:plain

▲呆れられてしまった

 

織姫は、大神を励ますために待っていたというのだ。

こ、このパターンって今までになかったんじゃない?!

すげえときめきました。

織姫が、大神や、帝劇や花組のことを、

大事に思うようになってくれたことが嬉しい。

明るい気持ちにもさせられました。

こういう局面でも、重くなりすぎず、

大神に背負い込ませるようなところがないのが

織姫のキャラならではで、彼女のいいところなんだろうなあ。

 

作戦司令室→過去の戦いを振り返っていたマリア

「今度の戦いに自信があるか」

と、ストレートに尋ねてくるのは

強かなマリアらしいなあ、とちょっと焦った。

しかし、それでも勝てると言い切るのが隊長の役目か、

と、LIPSは「必ず勝てる」を選択。

マリアは、私もそう思うと笑いました。

 

f:id:yon-sakura:20170507164128j:plain

▲今までの困難な戦いも、みんなで乗り切ってきたとマリア

 

マリアは、組織の中での大神の役割を

褒めてくれるんだなあ。

花組の隊員としての立場は崩さないけれど、

でも絶対の信頼を置いてくれる彼女を

裏切るような無様な働きはできませんね。

 

展望室→ジャンポールとともに外を見るアイリス

外の景色を眺めるアイリスは、

「雲の上には天国があると思っていた」と

ちょっと呆然としたふうに呟いた。

 

天国ってどこにあるんだろう?

アイリスの純粋な疑問に、LIPSは、

どこにあるんだろうな、と素直に返してみます。

どこにあるかわかったら

みんながそこへ行ってしまって

天国がいっぱいになってしまうよ、

と大神。

ちょっとわかるようなわからないような

 

 

f:id:yon-sakura:20170507170138j:plain

▲弱々しく笑うアイリス

 

大神の台詞を汲んでか汲まずか、アイリスは

「天国には幸せがいっぱいあるっていうけど……」

「お兄ちゃんといるときが一番幸せだよ」

と続けました。

この台詞は、

だからアイリスは(天国の場所がわかっても)、

天国には行かないよ、というメッセージなのかな。

この子を守らなきゃいけないと強烈に思わされた。

 

格納庫→光武の整備をする紅蘭

最終決戦を目前に控え、

光武の最後の点検に忙しそうだ。

しかし、煤のついた顔が

こんなに魅力的な女の子が他にいるか?

 

f:id:yon-sakura:20170507170429j:plain

▲やっぱり工具を持っているときが一番輝いてるな

 

 

 

LIPSで、「頼りにしているよ」と素直に伝えた。

紅蘭は、大好きな人たちに頼られ。

大好きな人たちの役に立つことに

喜びを覚えるタイプの人間だけれど、

同時にめっちゃ謙虚なのだ。

自分(たち)が頑張ってこれたのは

大神のおかげだ、と朗らかに言う彼女。

ひたむきで良い子だ。

紅蘭が好きなことに目を輝かせていられる、

でも平和な時代が来るといいな。

 

休憩室→雑誌を読んでいるすみれ

しかし、どこか上の空。

大神がそばに来たことにも気付かず、

服のカタログを香水のカタログと言う。

「緊張しているのかい?」

LIPSでストレートに指摘すると、

すみれは予想外に、黙って、目つきを鋭くした。

しかし、声が震えた。

緊張してはいけませんの。

 

f:id:yon-sakura:20170507172427j:plain

▲罪悪感ともなんとも取れない感覚になった

 

声を震わせたすみれは、

負けたくないんですもの、

少尉と一緒に生きていたいんですもの!

と声を張り上げる。

胸を撃たれて重傷を負った。す、すみれさん……!!

 

f:id:yon-sakura:20170507172743j:plain

▲俺も緊張くらいする、と大神は返した

 

寄り添った2人は、必ず生きて帰ろうと

約束を交わす。

悲壮な決意という雰囲気で胸が痛い。

ハッピーエンドに向かっていくはずなんだけれど、

本当に物悲しい空気が流れていて、

美しいが胸が痛かった。

心の底から思ったので2回言った。

 

休憩室をあとにするすみれは、

帰ったら買い物に行こう、と大神を誘った。

頬を染めて笑うすみれくんが、

いつもの立ち絵なんだけれど、本当に綺麗に見えた。

 

レニのキャビン→部屋で休んでいたレニ

大神の問いかけに、

うん、うん、と言葉少なに答える。

(以前なら、部屋で休んでいたのか?なんて問いかけたら

 待機していろと言われたから、

 なんて返しそうだなと思った)

無口なのはいつものことだけれど、

なんだか様子がおかしい。

レニは、手にたくさん汗をかくし、

脈拍がいつもより早い、と言う。

 

 

f:id:yon-sakura:20170507173744j:plain

▲自分の体の変化に戸惑っているようだった 

 

「おかしくなんてない」と

LIPSで言った。

戦いを前に緊張しているんだろうと指摘されて、

レニは、これが緊張かと言った。

 

色々なことを考えていた、というレニに驚く。

改めて、レニは人間らしい感情を得ているんだな、

と感動する。

アイリスとは違った意味で、

守ってやりたい、見守ってやりたいと思わされる子。

まだ負けたくない、死にたくない。

純粋な言葉をぶつけられて、

大神も純粋に返す。

大丈夫だ、自分たちは負けない、死なない、

みんなはおれが必ず守ってみせる。

ストレートな大神の台詞は

レニの心にもやっぱりストレートに届く。

 

 

 

 

みんなのところを全て回り終わったら、

自由行動が終了しました。

なんだか、すんげー体力を使う時間だったなあ。

(見返してみたら、この自由行動に

 1時間40分くらい使ってました。

 プレイ日記のメモ取りながらとはいえ、

 ひぇえー。)

 

さぁいよいよ出撃だ。

 

 

その5へ続きます。