読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サクラ大戦プレイ日記

DC初心者が20周年を迎えたサクラ大戦をプレイ

【2】第八話その3 9本の矢は折れない

  

第八話その3です。

正面突破を選んだ花組一同。

勇ましい突撃っぷりです。

敵を蹴散らして、

大型エレベータのようなもので

下降していきます。

 

その間にも次々と敵が出現します。

正面突破の作戦を取ったため、

敵の出現数が多めのようでした。

 

f:id:yon-sakura:20170420202620j:plain

▲ほんとこんな感じでした……

 

ただ、天武になって

みんなの個々の必殺技も強化されており、

演出が変わったのはもちろんのこと

威力や範囲なども大幅にパワーアップしていたので、

惜しみなく使用しましたよ。

 

そうして、

何度目かわからない増援を退けたとき、

次に現れたのは五行衆・金剛です。

戦闘は特に何事もなかったので割愛。

(ごめんな金剛)

最後の最後まで、水狐のことを気遣っていた男でした。

 

撃破した金剛機は、動作を停止。

エレベータが地下に到着し、

一同は金剛にとどめを刺すことなく

深部へ進んでいくのでした。

いよいよ鬼王戦です。

 

ひとりひとりが名乗りあげる中で、

織姫の台詞がとても印象的でした。

 

f:id:yon-sakura:20170420220110j:plain

▲仲間の絆の強さを感じるねえ!

 

今回の戦いは、

ターン経過とともに敵機に変化する神像と、

何より5機の蒸気火箭が厄介です。

蒸気火箭はすみれくんの必殺技で一掃して、

神像を各個撃破していく作戦を取ってみましたが、

蒸気火箭を一撃で片付けることができたのがよかったです。

すみれくんは本当に頼りになるなあ。

 

鬼王の口から、黒鬼会の目的は

クーデターを起こすことではなく、

魔神器を奪うことだったことが判明します。

結果的に、黒鬼会の思惑通りに

なってしまったわけですな~……。

 

f:id:yon-sakura:20170420214209j:plain

▲体力を削る最中の台詞。どういう意味だ?

 

鬼王は、撃破すると同時に

足元に魔操機兵の刀を突き刺して、

崩落する岩盤の中に消えました。

 

崩落を逃れ、無事に脱出した一同は、

帝劇へと帰投します。

さぁ、帰りましょう、とマリアが呼びかけます。

 

f:id:yon-sakura:20170420214336j:plain

▲帰る家があるっていいなあ

 

なんだか加山のような台詞になってしまいましたが。

帝劇へ戻ると、米田長官とかえでさんが

みんなを出迎えてくれて、

やっぱりいいなあ~と思ってしまうのでした。

 

陸軍のクーデターも無事鎮圧されたようです。

ようやく明るいムードが戻った花組

薔薇組も交えた勝利のポーズは、

すみれの発案により

大神が音頭を取りました。

 

f:id:yon-sakura:20170420214756j:plain

▲薔薇組が何やらアドリブをかましていたw

 

 

……その裏で、京極慶吾は

拳銃自殺により死亡していました。

つまり……2のラスボスはもう死んでしまったということか?

そんな腑に落ちない終わりがあるか、

と思うと、やはり鬼王をはじめとする五行衆が

まだ生き残っているという線が濃厚ですよね。

 

f:id:yon-sakura:20170420215324j:plain

▲京極が本当に首謀者だったのか?という気さえする

 

 

不穏な予感も拭いきれませんが、

ひとまずは一件落着です!

次回予告を見るに、次はなにやらハッピーな感じ?

楽しみにしつつ、第九話に続きます。

 

【2】第八話その2 魔神器なんていらない

 

ここからは戦闘フェーズです。

帝国華撃団、参上!!」という

最初の名乗りがさくらだけなのに、

緊張感を煽られます。

 

フィールドには魔操機兵が展開しており、

黒鬼会がこのクーデターに関わっていることが

明らかになります。

前回人間が敵かと絶望しましたが、

結局そこが裏で糸を引いているのか。

黒鬼会の関わりをさらに裏付けるように、

五行衆・木喰も現れました。

 

さくらと隣接すると会話が発生します。

天武の性能に驚き、勝利を確信するさくら。

「油断するな」と言うと、

さくらの信頼度が上がりました。

さくらの、常に「がんばりましょうね!」って

隣に立ってくれる感じ、

すごく安心感があるし励まされますよね。

 

f:id:yon-sakura:20170420175815j:plain

▲頼りにしてるよさくらくん!

 

3ターン経過すると、

加山によって帝防が解除されます。

砲台である「黒鬼砲」は、

作戦を山にしておけば大したダメージでなかったので、

帝防解除を選択しておいて

正解だったのかもしれませんね。

 

そういえば、てっきり今回は

さくらくんと合体技ができると思っていたのですが、

できませんでした。

もしかして合体技って、信頼度とかやる気とか、

そういうものが関係あったんじゃないかしら?

と思ってちょっと後悔中です。

さくらくんは多分低いんだよなぁ……

あんまりイベントに遭遇していないから……。

ううっ、楽しみにしていたのに!

 

そうこうしているうちに、

木喰を撃破。

2人は天武を降りて帝劇内に侵入し、

地下司令室を目指します。

帝劇内はやけに静かで、

途中で飛び出してきやしないかと

緊張していたのですが、

無事にみんなと合流することができました。

 

f:id:yon-sakura:20170420182400j:plain

▲みんな無事だ!

 

再会を喜んだ一同でしたが、

暗がりから声が上がります。

現れたのは、陸軍大臣・京極慶吾。

この騒動の主導者である彼は、

クーデターのことを太正維新と呼び表しました。

 

京極に挑発されたさくらが

霊剣荒鷹で斬りかかりますが、

黒鬼会の鬼王がその前に立ち塞がります。

 

f:id:yon-sakura:20170420182907j:plain

▲鬼王の言う「あの方」は京極だったんだな

 

京極と鬼王は、次なる行動に出るべく

花組の前から姿を消すのでした。

 

f:id:yon-sakura:20170420183112j:plain

▲鬼王は既に動き始めている……

 

 

花組の面々は、今一度状況の整理を行いました。

個人的に、気になった所はやはり

黒鬼会が京極の配下だったという点で、

一介の人間の下に、あんな風に力をもった

五行衆がついているというのが、なんだか不思議な印象です。

かといって、1の叉丹のように、

下克上でひっくり返すような素振りも見られないしなあ……。

 

魔神器を取り戻すべく、

花組は動き始めました。

帝国華撃団、出撃せよ!」

さくらの信頼度が上がって、

一同は新宿へ向かいます。

 

 

ここからは戦闘フェーズです。

1からの変化点で、私が地味~に喜んでいるのが、

この「名乗りと同時にポーズを決める」

ところだったりします。

 

f:id:yon-sakura:20170420184149j:plain

▲なぜならかっこいいからだ!

 

1のときには、「帝国華撃団、参上!!」

の後に、みんなが動いて

ポーズを取っていたんです。

微妙な変化ですが、

ずっと気になっていたので、

2で初めて戦闘をしたときには

めちゃくちゃテンションが上がりました!

 

さぁ、今回は鬼王が相手です。

彼の魔操機兵の名前は「闇神威」。

叉丹を思い出します。

他のメンバーの機体も、天武に変わっていますね。

 

f:id:yon-sakura:20170420190312j:plain

f:id:yon-sakura:20170420190030j:plain

▲協力攻撃のビジュアルが変化していた(下が第八話)

 

 

進路を塞いでいる障害物を破壊しながら、

鬼王のいるフィールド最奥を目指します。

 

第三層を突破すると、

台詞が発生しました。

おそらく、到達したキャラクターが

台詞を発する仕組みなんでしょう。

 

f:id:yon-sakura:20170420190655j:plain

▲久々のアイリスに和んだ

 

ここまでたどり着くと、

鬼王とさくらが一刀を交えるイベントが。

鬼王のオーラに圧倒される中、

踏み込んださくらが、

鬼王に一太刀を浴びせたのです!

しかし、まろび落ちる魔神器を意に介さず、

鬼王は花組たちに、

黒鬼会の本拠地・赤坂に来るよう言い捨てました。

 

 

無事魔神器を回収した花組

大神は今一度、米田に問われました。

帝都の平和と、花組の仲間を守ること、

その使命を果たす自信があるかと。

LIPSで「もちろんあります!」

と答えると、

米田もようやく微笑みました。

父の命を奪った魔神器という力を前に、

戸惑うさくらを励ましに行かねば。

みんなで力を合わせれば、

魔神器や破邪の力がなくても戦っていける……

そう教えてやってほしいとかえでにも頼まれ、

「わかりました」とLIPSで答えました。

 

 

みんなのそばを離れ、一人になったさくらは、

偉大な父とその犠牲を前に、

「破邪の力を使わねばならない」と

強烈に思い込んでいるようでした。

 

f:id:yon-sakura:20170420191827j:plain

▲それは大それた望みじゃない

 

まだ死にたくない、と叫ぶさくらを、

LIPSで抱きしめました。

さくらの信頼度が上がります。

 

 

f:id:yon-sakura:20170420192255j:plain

▲さくらの腕もしっかりと背中に回っている

 

さくらくんひとりに、つらく、

悲しい思いをさせるわけにはいきません。

1の時にもさくらを抱きしめたことがありましたが、

あのときのさくらはしがみつくような形だったよなあ、

と思い出しました。

嫉妬深い割に遠慮しがちで、

積極的かと思えば小さなことに照れて、

そんなさくらがしゃにむに縋りついてくる様子に、

胸が痛くなりました。

 

そして大神は、さくらを守るため、

魔神器を破壊するという決断に至ります。

 

えっ、壊すの?!

 

ちょっと思い切りよすぎない?!大丈夫!?

さくらも驚く中、大神は剣の魔神器を振りかざし、

全てを破壊してしまいました。

いや、LIPSとかあると思ってたわ、

問答無用で壊すんだな。

 

f:id:yon-sakura:20170420193023j:plain

▲そりゃそうだよね……

 

いや、別にさくらくんを犠牲にする気は

毛頭ないのでいいんですけど、

大神さんの決断力に置いて行かれます(笑)

これが大神の使命感や正義感のなせる技か。

 

これでいいんですよね、と確かめるように、

震える声で叫んださくらを、

明るい声が笑い飛ばしました。

花組の面々でした。

 

f:id:yon-sakura:20170420193250j:plain

▲すみれくんの台詞が彼女らしい

 

「さあ、いっしょに行こう!」

大神も、LIPSでそう声をかけると、

さくらの信頼度が上がります。

そしてようやく、さくらも吹っ切れたようでした。

 

改めて、鬼王を討ち果たすべく、

翔鯨丸は赤坂へ向かいます!

敵本拠は赤坂の地下にあるようです。

作戦は、潜入か正面突破かを選ぶことができ、

今回は正面突破を選んでみました。

 

「みんな、絶対に勝つぞ!」

大神は最後の出撃命令を下しました。

その3へ続きます。

 

【2】第八話その1 帝撃の危機……!

 

第八話はアニメーションから始まりました。

闇夜に並び浮かび上がる銃剣の穂先が

洋館へなだれ込んで行き、

眠っていた主人やソファに腰掛けていた老人に

銃口を向けます。

上がる火の手、

銃撃により倒れる人々。

それがあまりに雄々しく、物騒な雰囲気だったので、

「入れたソフト間違えたんじゃないか……?」

と思ってしまうくらいでした。

銃を向けられた人の中には、

帝劇の後見人(と、いう表現でいいのかな?)の、

花小路伯爵もいたように見えました。

そうして蜂起した人々は、みな陸軍の制服を着ています。

彼らは帝劇の扉も打ち破り、そこへ突撃していくのでした。

 

f:id:yon-sakura:20170420164045j:plain

▲帝劇の玄関が破られ、ポスターが踏み躙られていく

 

 

騒音と銃声で、大神は目を覚まします。

LIPSが発生し、「飛び起きる」と、

大神は廊下へ飛び出しました。

重いこと必至の展開に、

なんだかイヤな汗をかいている私であります。

 

同じく銃声で起きてきたさくらくんと合流。

他のみんなは、かえでさんと1階に降りた後のようです。

人を探しているような怒声に、

LIPSで「逃げる」を選択。

しかし間髪を入れず2階に上がってきた軍人たちが、

さくらの姿を見るや容赦なく発砲してきます。

ひとまず逃げて、みんなと合流しなければ!

 

軍人たちを率いているのは、

陸軍大臣の側にいた天竺という男でした。

彼らの目的は、

帝劇地下にある司令室の掌握と、

さくらくんの身柄の確保もしくは殺害のようです。

こんなに直接的に血なまぐさい表現が

今までにあったでしょうか。

全く落ち着かない気分にさせられますが、

1階に降りた大神とさくらは

米田長官と合流することができました。

LIPSで「花組のみんなは」と問うてみますが、

米田も大神、さくらとやっと出会ったきりのようです。

米田の読みでは、

これは陸軍のクーデターであろうとのことでした。

こ、今回の敵は黒鬼会だけじゃないってことか?

普通の人間を相手に戦わなきゃいけないのか?

魔のものと戦い、

帝都と帝都に暮らす人々を守るのが

花組の使命で、大神の戦う理由であるはずなのに、

まさか人間と?

 

米田は大神とさくらに、

帝劇を脱出するよう命令します。

「そんなことはできない」とLIPSで首を振りますが、

米田に一喝されてしまいました。

米田はさらに、

帝劇地下に安置されている魔神器を確保し、

轟雷号で花やしき支部へ逃れるよう

大神に指示しました。

また、さくらが命を狙われていることも

改めて告げられます。

それは、さくらに流れている「破邪の血」が

悪の者にとっては脅威であることに他ならないからなのでした。

 

f:id:yon-sakura:20170420170213j:plain

▲一馬の直接の死因を、さくらは知らないのだったっけ

 

 

一方、花組の他の面々も苦戦を強いられていました。

一応大神さくら以外の全てのメンバーが揃い、

マリアが先頭に立ってみんなをまとめているようですが、

光武も使えず、武装をしていない彼女たちの

苦戦は必至です。

 

 

LIPSで「地下へ逃げる」ことを選択した大神は

地下倉庫付近で薔薇組たちに出会いました。

LIPSでなぜ薔薇組が戦っているのかを問えば、

彼女たちは魔神器を守ることを使命として

帝劇の地下に陣取っていたのでした。

 

f:id:yon-sakura:20170420171136j:plain

▲琴音から「珠」の魔神器を受け取った

 

なんで珠なんだろう……

彼女たちがオカマさんだからかな……

と若干思考を逸らせつつ、

2人は轟雷号で帝劇を脱出するのでした。

愛の逃避行にしては、

ロマンチックでないものになってしまいましたね……。

果たして花やしきも無事なんだろうか?

 

f:id:yon-sakura:20170420171418j:plain

▲不安だらけの逃避行だ

 

 

轟雷号の中で、さくらは憂い顔でした。

そりゃあそうですよね、

ただでさえ劇場が軍人に襲われるなんて

非常事態ですし、

自分の命は名指しで狙われているし、

安否の分からない仲間たちを

帝劇に置き去りにしてしまっています……。

 

f:id:yon-sakura:20170420171836j:plain

▲大神は明るく言うが……

 

LIPSが発生し、

「俺がついてる」とさくらくんを励ましました。

ロマンス感じてる場合じゃないですが、

いい雰囲気に。

 

f:id:yon-sakura:20170420172136j:plain

▲さくらくんの緊張も少しほぐれた様子

 

そういえば、1でさくらくんとロマンスしたときも

帝劇が襲撃されてなかったっけ……。

 

 

花やしきについた2人を待っていたのは、

任務で帝劇を離れていた……椿ちゃんでした!

 

f:id:yon-sakura:20170420172624j:plain

▲椿ちゃん!椿ちゃんじゃないか!

 

ここ一番癒されたかもしれない。

私が大神だったら抱きしめていた。

そしてさくらくんにビンタを食らっていただろう。

椿ちゃんはいつもどおり明るい顔をきりりと引き締め、

大神とさくらに、新型霊子甲冑「天武」を引き渡すのでした。

帝撃に北海道支部なんてあるんだな…。

さくらの顔が一気に明るくなります。

 

そこへ、キネマトロンで通信してきたのは加山でした。

加山、毎度リアクションがオーバーなんですが

それに対する大神さんの塩対応がツボです(笑)

女の子たちには見せない一面ですよね(笑)

 

f:id:yon-sakura:20170420173105j:plain

▲圧倒的塩

 

そして加山からついに、その正体が……

彼が月組隊長であることが明かされるのでした。

このときの加山の、

花組のように直接戦場に出ることはないが

 月組には月組の戦い方がある」(要約)

っていう台詞、仕事に対するプライドを感じて

すごく好きでした。

 

加山は、帝劇を取り戻しに向かう

大神、さくらのサポートとして

帝劇防御壁・帝防の解除か、

砲台の無力化を請け負ってくれます。

彼には帝防の解除を頼み、

翔鯨丸で銀座へ向かいます。

いざ、帝劇奪還です!

 

f:id:yon-sakura:20170420174057j:plain

▲天武の出撃ムービーもカッコイイ

 

メカの画って、こういう後ろ姿とか

シルエットに後光が差すようなのが

めちゃくちゃ好きなんですが、

わかっていただけますでしょうか。

サクラは、登場機がアップグレードするごとに

ムービーをいちいち変えてくれるので

その度興奮し通しなんですよねえ!

士気が高まりました。

 

 

f:id:yon-sakura:20170420173848j:plain

アイキャッチのさくらが凛々しくてすごくよかった

 

その2に続きます。