読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サクラ大戦プレイ日記

DC初心者が20周年を迎えたサクラ大戦をプレイ

【3】第三話その4 誇りの所在

 

悲鳴を上げて暗転した画面。

大神は気絶していたようです。

目を覚ました大神は

どこか畳のある一室に寝かされており、

それを看病する少女が

アニメーションによって描かれます。

 

f:id:yon-sakura:20170521230841j:plain

▲さっき大広間で見た少女だ

 

屏風で間仕切られた床に畳が敷かれ、

部屋の隅には竹が伸びている。

なんだか不思議な部屋です。

大神はその畳の上に寝かされていました。

 

f:id:yon-sakura:20170521231018j:plain

f:id:yon-sakura:20170521231204j:plain

▲自由行動で入れなかった部屋か?

 

彼女の名は花火。

彼女は大神のことを知っているらしい。

というのも、

グリシーヌが彼女に対し

シャノワールで働いていることまで

話しているらしいのだ。

大神のこともよく聞いている、と

微笑む彼女。

 

LIPSが発生し、

メイドの服装が変だったかと尋ねてみましたが、

信頼度がアップして

よくお似合いですよと褒められ(?)た。

 

花火はとても静かで、

落ち着いた声で話す女の子でした。

父親が男爵である彼女は、

その縁でブルーメール家に住まい

巴里で勉強をしているのだと言います。

 

彼女からグリシーヌについて、

色々と聞くことができました。

グリシーヌの宿命について、

ブルーメール家について、

リッシュ伯爵について……。

 

歴史や伝統を重んじる名家に生まれた

グリシーヌは、その通りに

家の地位と名誉を守るのが

宿命だと考えているそうだ。

そんなグリシーヌが求めているのは、

「完全無欠の花婿」。

フィアンセになるかもしれない

リッシュ伯爵は、

巴里でも5本の指に入る

名門貴族らしいのですが……あれがかぁ。

この間のサーカス団の団長もそうでしたが、

巴里の「◯本の指に入る」を

アテにしたくなくなってきます……(笑)

 

f:id:yon-sakura:20170521232700j:plain

▲寂しそうな、悲しそうな顔をする花火

 

 

礼を言って花火と別れ、大神は再び

中庭のグリシーヌのもとを訪れました。

渡しそびれたイヤリングを手渡すと、

グリシーヌは呆れたような顔をします。

しかし、続く告白は真剣でした。

 

f:id:yon-sakura:20170521233048j:plain

▲己と家をイヤリングに例えたグリシーヌ

 

命を賭け命を守る戦いに生きた先祖を思うと、

地位や名誉だけを守り伝える

貴族の生き方は、

グリシーヌには虚しく感じられるようです。

しかし、家を捨てられないとも言うグリシーヌ。

その言葉は、「これも戦いの一部だから」と

自分に言い聞かせて

無理に自分を納得させているように見えます。

それがグリシーヌの苦悩の原因なんですね。

 

同調しようとした大神を

グリシーヌは何が分かると怒鳴りましたが、

アナログLIPSを最大にして

大神にも怒鳴り返させました。

 

f:id:yon-sakura:20170521233930j:plain

▲力強く叫んだ大神

 

今の大神にとって、守るべきものは

巴里華撃団のみんなや、

巴里に住む全ての人々です。

そこには当然、グリシーヌも含まれています。

グリシーヌの信頼度が大きく上がりました。

 

f:id:yon-sakura:20170521234102j:plain

▲初めて隊長と呼んでくれた!!

 

グリシーヌがブルーメール家の一部なのではない、

グリシーヌの中に、

グリシーヌの一部として

ブルーメール家の誇りがあるのだと、

大神はおそらく

そういうことを伝えたかったのだと思います。

 

大神の言葉に、

何かハッとしたようなグリシーヌは、

しかしそのまま立ち去ってしまうのでした。

 

 

 

ともあれ、夕方になり、

これでようやく

メイドの仕事とメイド服から解放されました。

 

またいつでも働きに来ていい、

と見送りに来たタレブーに、

LIPSで「またお願いします」と挨拶。

タレブーの信頼度が上がります。

 

グリシーヌは見送りに来てくれませんでしたが、

伝言に駆けつけた花火曰く、

明日も訪問に来るリッシュ伯爵のため

何やら準備があるようでした。

 

 

 

そんなグリシーヌは、

帰路につく3人の姿を

テラスから見下ろしていました。

 

やはりブルーメール家を捨てられない……

呟くグリシーヌは、

大神のようにはなれないとも言いました。

この「大神のように」って、

どういう意味を含んでいるんでしょうね。

 

グリシーヌはしたたかな女性だし、

悩んでも己の信念を曲げず

貫こうとする誇り高さや意志の強さもあります。

 

そんな彼女が羨むところ。

そう思えば、

大神の持つ強いけれどしなやかな心、

考えることの柔軟さ、

そういうところが

羨ましかったのかもしれません。

 

f:id:yon-sakura:20170521234607j:plain

▲グリシーヌの表情に、解放された様子はなかった

 

 

 

日の落ちた街を帰る大神、エリカ、コクリコ。

大神もエリカも、

慣れない仕事に少し疲れたようで

コクリコだけが元気いっぱいです。

 

f:id:yon-sakura:20170522000230j:plain

▲バテる大神を叱るコクリコ

 

コクリコは一足先にシャノワールへ向かい、

エリカは教会に挨拶に行くため

それぞれに一旦別れます。

シャノワールの開店まで時間があるため、

大神は街の中をぶらつくことにしました。

 

 

ここからは自由行動です。

その5に続きます。

 

【3】第三話その3 それぞれの宿命

 

第二話の反動か

ちょっとテンションが高い気がする

そんな第三話です。

 

大神が休憩にやってきた中庭には

グリシーヌがいました。

よくそんな格好で平気だな、

とグリシーヌは言います。

確かに、結構普通に行動してるよね大神。

 

LIPSで

「グリシーヌも着てみるかい?」

なんて淡い期待を寄せてみますが、

例によって

貴族である私が~!と言われてしまいました。

ですよね。

ついには貴公にはサムライの心はないのか

なんて罵倒される始末ですが、

いやいやグリシーヌさん、この男だって最初は

「どうして俺がモギリナンカー!!」

って暴れ狂ってたんですよ。

 

 

f:id:yon-sakura:20170521220051j:plain

▲それがこの3年で……

 

随分丸くというか……

軟弱に……柔軟に……?

 

メイドの仕事も悪くない、

色々勉強になって楽しいしね、と大神。

……したたかになった、

というのが正解かもしれません。

グリシーヌに追加でチクリと言われても、

「それより、」なんて間髪入れずに

流しちゃうんだから

逞しいものですよな……(笑)

 

大神はそのまま、

チェス盤とコマを使って

グリシーヌに将棋を教えました。

嫌味を言われても笑って会話を楽しみ、

ゲームを進める大神。

 

f:id:yon-sakura:20170521221133j:plain

▲全くできた男だよ

 

ちょっとのすけべ心と強さと優しさ。

なんつーか、大神には

「ヒロインたちが惚れても仕方ないな」

と思える説得力があるから、

プレイヤーに愛されるんだろうな……。

そんなことを思わされたパートでした。

……あれ、これ大神にホレるゲームだっけ??? 

 

 

休憩が終わると、

客のためにお茶を用意するよう

タレブーに命じられました。

お茶なら任せろ、なんせ

すみれさん仕込みだからな!!

 

しかし、用意するだけならまだしも

まさか配膳までさせられるとは思わなかった。

どーいう趣味してんだと思われないか?

 

客人であるリッシュ伯爵は、

ライオンのたてがみのような

髪と髭をたくわえた眼帯の男でした。

案の定、お茶を運んできた大神を見て

新しいペットかと顔をしかめます。

タレブーがお嬢様のお戯れだと言うと、

笑って納得していましたが。

 

f:id:yon-sakura:20170521221636j:plain

▲そこには怒るのかよw

 

 

ロビーでエリカとコクリコと合流すると、

出したお菓子について尋ねられました。

出したお菓子がサラダと分かると

エリカの信頼度が大きく上がります。

 

やって来た客人に、

興味津々な様子のエリカ。

コクリコが止めるのも聞かず、

大広間を覗き込みました。

 

f:id:yon-sakura:20170521222355j:plain

▲とことんトラブルメーカーだなあw

 

しかしこのエリカの顔、かわいい。

うーんと唸った大神は、

アナログLIPSで弱~めにしてみると、

こういうときはそーっと覗くんだと

エリカに代わって大神が広間を覗きます。

エリカの信頼度が上がります。

 

中にいたのはリッシュ伯爵だけではありませんでした。

黒髪の少女がおり、

目が合ってしまいます。

 

f:id:yon-sakura:20170521222541j:plain

▲あらかわいい

 

 

しかし、交代したエリカが広間を覗いた時、

タレブーやリッシュ伯爵に

見つかってしまいました。

無作法を叱られる3人。

さらにリッシュ伯爵が、

コクリコに体罰を加えようとするので

LIPSでコクリコをかばいます。

コクリコの信頼度が大きく上がりますが、

大神は激昂してリッシュ伯爵に噛みつきました。

メイド服姿で

軍人言葉ぎみに怒鳴るのもシュールだが。

 

 

改めて、タレブーに

グリシーヌを呼んでくるよう命じられた大神。

途中、廊下から中庭にいるリッシュを見かけ、

その行動に疑問を抱きました。

 

f:id:yon-sakura:20170521223134j:plain

▲挙動不審なリッシュ

 

 

警戒心を強めつつ、

グリシーヌの部屋にたどり着くと、

グリシーヌはなんだか

リッシュに会いたくなさそうです。

なぜと言えば、あのリッシュ伯爵は、

グリシーヌのフィアンセになるかもしれないからだと言います。

 

f:id:yon-sakura:20170521223719j:plain

▲初めて見たグリシーヌの悲しげな顔

 

フィアンセになるから会いたくないとは、

つまり結婚するのがイヤだと言っているようなもの。

しかし、グリシーヌはそれを

直接口にはせず、「宿命だ」とだけ言いました。

 

先ほどコクリコをかばった行動について、

密かに見ていたらしいグリシーヌは、

信頼度が上げ、

大神を褒めて大広間に向かいました。

 

 

貴族の結婚は政治と言います。

グリシーヌの結婚について、

大神はエリカとコクリコと話していました。

タレブーは「家のために結婚するのだ」

と言いますが、

コクリコは、リッシュは偉そうで嫌いと言い、

大神はグリシーヌが決めることと言いつつ

少し釈然としないところがあるようです。

 

 

 

タレブーの言いつけにより

大広間の片付けをしていると、

グリシーヌのイヤリングを見つけました。

 

これを部屋へ届けにきた大神は、

脱ぎ捨てられた服に気が付きます。

部屋の奥からするシャワー音……

これは……もしや……?!

 

こ、これも宿命なのだ。許せグリシーヌ。

LIPSが発生し、「体が勝手に」浴室へ向かいます。

……が、やっぱり今回もそういうんじゃないらしい。

思い悩むグリシーヌがおり、

シャワーを覗くどころではありませんでした。

 

f:id:yon-sakura:20170521225304j:plain

▲とてもすけべ心を発揮できる雰囲気ではない

 

うっかり音を立ててしまった大神は、

イヤリングを渡せないまま

部屋から逃げ出します。

 

 

結局イヤリングを渡せなかった大神。

次の機会に渡そう、

そうため息をついたとき、

突然目の前の扉が開いて、視界が暗転!!

 

大神の身に一体何が?

その4に続きます。

 

【3】第三話その2 “大型”新人メイド、オオガミ爆誕!?

 

グリシーヌに敗北した大神の前には、

彼女の世話役である

タレブ―が立っていました。

さすがグリシーヌの世話役というか、

よほど貴族のような佇まいである。

 

f:id:yon-sakura:20170521193237j:plain

▲厳しそうな人だ……

 

LIPSが発生し、

「粉骨砕身の覚悟でがんばります」と返事。

もはやこの返答は反射ですね。

タレブーの信頼度が上がります……

っていうかアナタも信頼度あんの?!

 

いい返事をした大神ですが、

タレブーに対して

なんだかまごまごとしています。

「あのぉ……」

と言いづらそうにする大神。

画面が変わる。

 

f:id:yon-sakura:20170521193919j:plain

アアアアアアアアアアア……?!?!!!wwwwwwwwww

 

死ぬほど笑いました。

なんでヒロインのメイド服より先に

男の主人公のメイド服を見てるんだwwww

 

他の服はないんでしょうか、

と大神。そうだよなあwwwww

 

どうして大神に

メイド服を着せようと思ったんだろう、

シナリオ的な意味で。

いやめっちゃ面白いけど。(笑)

グリシーヌ的には、

「恥というものを教えてやろう!」

と声高に宣言していたので、

その一貫なんでしょうけれども。

 

 

直後、もう2人の新人が

屋敷に到着しました。

 

f:id:yon-sakura:20170521195044j:plain

▲よかった、ヒロインのメイド服も見れたw

 

うん、メイド服はやっぱロングだよな。

 

着任早々、早速バケツはまっているエリカに、

タイミングLIPSが発生。

選択肢のインパクトで思わず

「エリカくん、バケツかわいいよ」を選択します。

大神の

「バケツかわいいよ。

 うん、よく似合っているよ」

というやけっぱちにも聞こえる

褒め言葉に笑いましたが、

なぜか信頼度が上がるエリカくん。

 

f:id:yon-sakura:20170521195958j:plain

▲君のそういうところ、すげえチョr可愛い

 

いやほんと、ひねたところがなくて

可愛いですね(笑)

 

エリカはシスターとして人を助けるのが役目、

コクリコはイチローが心配だから

来てくれたそうです。

あれ、コクリコとの立場が……?w

 

 

しかし、ガタイのいい大神が並ぶと

ヒロインたちの可憐さが際立つ気がします。

多分大神はそういう役割をしているんだ……

 

そう思うことにしました。(笑)

なんか見慣れたら

大神もセットで可愛く見えてきたし。

 

 

シャノワールで働いていることは

くれぐれも内密にと

グリシーヌに釘を刺されてから、

いよいよメイドとしての1日が始まります。

 

エリカとコクリコは屋敷の掃除、

大神は「飾り皿」を取ってくることを

命じられました。

LIPSが発生し、

「はりきってがんばろう!」と大神。

コクリコの信頼度が上がりますが……。

 

f:id:yon-sakura:20170521202125j:plain

▲こ、これ選択ミスったかな?w

 

 

ここからは自由行動です。

ブルーメール邸は帝劇並か

それ以上の広さでした。

 

グリシーヌの部屋→死ぬほど広い。

 

f:id:yon-sakura:20170521203122j:plain

▲ここで決闘できるんじゃないか……?

 

グリシーヌの祖先がバイキングだったそうで、

彼女の根本はその祖先から受け継いだ

誇りや血でできていた。

己の人生は己で手に入れる……

グリシーヌはそんな

強かな教えのもとに生きているのだ。

暖炉の上の武器を調べるとLIPSが発生し、

「その通りだと思う」と言うと、

グリシーヌはせせら笑いながらも

信頼度が上がる。

 

f:id:yon-sakura:20170521203733j:plain

▲勝つために戦っているようなグリシーヌ

 

戦う心を持たぬ者に従う気はないと、

どこまでも誇り高い女性だった。

 

鏡前を調べると、音楽についてのLIPSが。

オーケストラを聴くというグリシーヌに

どんな曲を好むのかと尋ねられ、

ここは「歌謡曲」でしょうと選択。

特に信頼度の上下はなし。

他にも、絵やソファを調べた。

 

大広間(イベントキャッチ)→花瓶を割ってしまったエリカ

やっぱりかーい!

素直に謝るべきだとLIPSで促すと、

エリカの信頼度が上がった。

タレブーに謝りに走るエリカ……

だ、大丈夫かなあ。

 

???→謎の部屋。上から見ると和室っぽい?

ノックしてみたが、立て込んでいると断られた。

 

黄色い花の客間→目的の部屋だ

しかし、土台が不安定なせいで

それを取るには

代わりの皿が要るらしい。

他の客間から取ってくることになった。

 

大広間(イベントキャッチ)→コクリコとかくれんぼ

大きな屋敷にはしゃぐコクリコ。

ダブルLIPSが発生し、

大広間に隠れたコクリコを見つけると

信頼度が上がった。

 

f:id:yon-sakura:20170521205452j:plain

灯台下暗しだ

 

ここで、コクリコに

飾り皿の取り方を聞くことができ、

タオルで土台を支えるよう教えてくれた。

コクリコに自動で誘導されて

ピンク色の花のある客間に行き、

また自動で黄色い花の客間に戻る。

無事飾り皿を受け取ることができた。

 

大広間(イベントキャッチ)→タレブーが怒っている

花瓶が割れているのを見つけたらしい。

大神が疑われたとき、

エリカが飛び出してきて

割ったのは自分だと言う。

エリカがおしおきされそうになったところで、

LIPSが発生。

思わず「かばって」みたが、

花瓶を割ったのは俺です!と大神が叫ぶ。

あっ、かばうってそういう意味?

殴られるのかと思った……。

2人まとめておしおきされかけたところ、

グリシーヌがやってきて

2人をかばってくれた。

 

玄関→飾り皿をタレブーに渡した

タレブーの信頼度がアップ。

次に指示されたのは、

客に出すお菓子を何にするか考えろというものだ。

引き続き屋敷を回って、

色んな人に意見を聞くことになった。

 

厨房→シュークリームをつまみ食いするエリカ。

LIPSでエリカを止めると、

信頼度がアップした。

とはいえ、もうエリカがひとつ

食べちゃったんだけどね……。

 

決闘場→大神を待っていたグリシーヌ。

言いたいことがある、というので聞いてみれば

「私とあんたじゃ

フランス人と日本人だし

貴族と平民だし分かり合えない!

そもそも分かり合たいとも思わない!」

という。

うーん厳しい。普通に悲しい(笑)

「ココロで分かり合える」と

LIPSで主張しますが、

2人の意見は平行線のままでした。

信頼度は上がったけれども……。

大神はいつか分かってくれるまでがんばるか、

としょげつつも前向きでしたが、

そもそもなんでグリシーヌは

こんなに頑ななんだろうか……?

 

中庭→掃除中のエリカ

広くて掃除が終わらないと走り回るエリカ。

がんばれば終わるとLIPSで励ますと、

エリカの信頼度が上がった。

お菓子について、「サラダ」はどうかと

提案してくれた。

 

f:id:yon-sakura:20170521211624j:plain

▲は、張り切りすぎないようにね……。

 

正門→メルとシーが様子を見に来た

LIPSが発生して、

「メイドって結構大変なんだね」と告げる。

選んだ瞬間、「メイド服の良さはわかった」

という選択肢があったのに気がついて膝を叩いた。

そっちにすればよかったー!!

いいよねロングのメイド服ね!!

メルの信頼度が上がり、シーの信頼度は大きく上がった。

そこへやって来たタレブーが、

2人のメイド姿に感激し、見本にするよう大神に言う。

 

f:id:yon-sakura:20170521212257j:plain

▲し、シーくんも?というのは失礼か

 

赤い花の客間→誰もいない

 

大広間→誰もいない

 

タレブーさんがやってきて、

お菓子のアイデアを尋ねられた。

LIPSの選択肢はサラダ一択。

他の人にもアイデアを聞けると、

選択肢が増える仕組みだったのかな。

せっかくなので提案してみると、

以外にもタレブーの信頼度は上がった。

反応は微妙だったけど。

 

 

ここでようやく休憩を与えられた大神。

自由行動もここまでのようです。

その3へ続きます。