読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サクラ大戦プレイ日記

DC初心者が20周年を迎えたサクラ大戦をプレイ

【2周目】第二話その6 謎の美女の正体!

サクラ大戦1

そういえば先日、スーパーロボット大戦X-Ω×サクラ大戦

コラボPV第2段が公開されていましたね。

 

www.youtube.com

 

思った以上にサクラ大戦していてびっくりしました!w

大神とさくら以外のキャラクターたちの参戦も決まったし、

コラボを楽しみに待っています。

 

さて、2周目その6です。

舞台を駆け去ったさくらのあとに、

手の込んだお弁当が残されていました。

 

f:id:yon-sakura:20170312001703j:plain

▲きれいな日本食のお弁当だ。美味しそう

 

どうやら、夜を徹して働く大神のために

さくらが用意してくれたようです。

LIPSが発生し、このままじゃあんまり失礼だと

さくらの部屋へ行くことを選択。

自動でさくらの部屋まで移動し、またLIPSが発生。

ここはふざけず、「大神だけど」と名乗ります。

まだ少し怒った風のさくらは、しかしひとまず中へ入れてくれました。

 

f:id:yon-sakura:20170312002456j:plain

▲さくらの部屋へ入ったのは初めてだ

 

さくらの部屋は、シンプルすぎず、派手すぎもしない部屋でした。

もう少し少女趣味か、もしくは

和風っぽい部屋を想像していたのですが、

意外と、落ち着いた色合いのエレガントな調度品が揃っています。

 

物珍しく手カーソル画面で部屋の中を眺めていたら、

さくらくんが怒ってしまいました。

 

f:id:yon-sakura:20170312002921j:plain

▲えっ、ちょっと待ってくれ!

 

慌ててみるも時すでに遅し。

部屋から追い出されてしまい、弁解もできず……トホホです。

本当なら、弁当の礼を言って信頼度が上がるという流れなのですが、

まさか追い出されるとは……。

1周目は部屋の中までチェックできるとは知らず、

真っ先に話しかけていたので、知りませんでした。

勉強になりました……。

 

仕方なく退散する大神。

自室へ戻り、今日会った美女(あやめさん)のことを思い出すのでした。

 

 

翌日。隊長室には、

すっかり抜け殻になっている大神くんがいました。

 

f:id:yon-sakura:20170312010506j:plain

▲なんつー覇気のない顔だw

 

どうやら、昨晩の美女に骨抜きにされたままのようです。

大神があやめさんに本気で惚れたのは

彼女の人となりに触れたからなのでしょうが、

この時点で「もう一度会いたい」とか口走る辺り、

結構一目惚れの気もあったのかなあ。

 

一方舞台では、女優たちが集まって

改めてセットの修理をしているようです。

さくらはちょっと元気がない様子。

 

f:id:yon-sakura:20170312011225j:plain

▲終始無言のさくらに、仲間たちが声をかけていた

 

昨夜の結果を引きずっているのかな?

お礼を言えたときのバージョンを忘れてしまったので、

3周目に確認してみようと思います。

さくらくんの信頼度を上げられなかったのは痛いですが、

こうして展開がちょっとずつ分岐しているのを見ると

こんなのもアリかな、次の周回も楽しみだなあと思えますね。

 

そんな中、劇場に鋭い警報が響き渡ります。

敵が出現したようです!

おなじみさくらくんのお着替えムービーを経て、

一同は司令室に集合します。

 

f:id:yon-sakura:20170312011605j:plain

▲お着替えチャレンジ成功しました

 

敵が現れたのは芝公園

LIPSで出撃命令を飛ばすと、

マリア、すみれ、アイリス、紅蘭が威勢よく応え、信頼度が上がります。

たださくらくんだけは、大神の号令には応えず、

紅蘭に声をかけていましたが……。

 

f:id:yon-sakura:20170312012645j:plain

▲ケンカ続行中……。

 

銀座に転属になって初の戦闘に、

紅蘭のテンションが高いのだけが救いでしょうか。

戦闘服似合っとるやろ?と頬を染め、

褒めれば素直に張り切る姿がめちゃかわいい。

紅蘭はいわゆる「癒し系キャラ」とは少し違うのですが、

はきはきして明るい態度にいつも元気を貰えて、

癒やし効果抜群です。いい子だなあ、紅蘭。

 

今回は、前回使った弾丸列車・轟雷号ではなく、

翔鯨丸という武装飛行船での出撃です。

翔鯨丸に乗って辿り着いた芝公園・帝都タワーの足元では、

天海が地中に楔を打ち込み終わったところでした。

 

ここからは戦闘パートです。

上に書いた通り、紅蘭が参戦して初めての戦闘ですね。

今回の戦闘は、敵の全機撃破が勝利条件、

帝都タワーの破壊が敗北条件です。

また、固定砲台の「蒸気火箭」や、

耐久力が回復できる「蒸気スタンド」などが登場するのも、

この戦闘が初めて。

蒸気火箭には、1周目のときに気が付かず突撃してしまい

瀕死一歩手前にさせられるという苦い思い出があるので、

注意して進んでいくことにします。

 

戦闘が始まってすぐ、さくらに声をかけられました。

今日の舞台の修理に、大神が来なかったことを怒っているようです。

お、大神が謎の美女に思いを馳せていたときだ……。

「どうせあの女の人のことを考えていたんでしょう」

と図星を突かれつつも、慌てて否定。

さくらは長々とした三点リーダで沈黙するが、

結局は大神を信用してくれた。

 

f:id:yon-sakura:20170312015407j:plain

▲騙されてくれた、という感じの反応だ

 

さくらのオトナな反応に感謝しつつ、戦闘を進めます。

この他には、紅蘭に戦闘の仕方を問われ、

後方支援を指示すると信頼度が上がりました。

 

また、この戦闘では紅蘭と合体技をうつことができます。

 

f:id:yon-sakura:20170312021634j:plain

▲凄絶・天象烈界破!

 

 

そうして敵を全滅させ、喜んだのもつかの間。

花組たちが天海の妖力に気がつきます。

花組と天海の初の対面です。

大神が誰だと誰何すると、自己紹介してくれる天海。素直。

なんか、あまりにも噛ませ犬だからなのか、

だんだんかわいく思えてくるんだよなこのじーちゃん。

 

しかし、じーちゃんに萌えている場合ではありません。

天海は「影」と名のついた魔操機兵を繰り出してきます。

非常に固く攻撃力も高いこの敵機は、実は幻。

帝都タワーの破壊を食い止めるためには、

影の本体である「侍」という魔操機兵を倒さねばなりません。

 

f:id:yon-sakura:20170312023527j:plain

▲翔鯨丸からの謎の通信が、戦闘をアシストしてくれる

 

侍を倒すと、同時に影も爆散。

無事勝利のポーズを決めることができました!

 

f:id:yon-sakura:20170312024025j:plain

▲今回の勝利のポーズは紅蘭だ

 

戦闘の後、翔鯨丸に収容された大神以下花組は、

そこで謎の美女――もとい、藤枝あやめさんと顔を合わせました。

 

f:id:yon-sakura:20170312025839j:plain

帝国華撃団副司令 花やしき支部長・藤枝あやめ

 

あやめに声をかけられ、調子よく返事をする大神に、

さくらはこれみよがしにため息をつくのでした。

 

 

さて、第二話はここまでです。

ここから先は既に1周目でプレイ日記を書いているため省略し、

さくらEDを目指して突っ走ります。

その後、サクラ大戦2へ移行しますが、

1の他のキャラも、裏で順次攻略していく予定です。

ところどころ、1周目のアイリスEDとは違う演出や

ムービーがあるかと思われるので、

そういったところは個々にまとめていきたいなと思います。

 

サクラ大戦2へ続きます。

今からとっても楽しみです!

 

【2周目】第二話その5 焼き餅 欠き餅 焼くがよし

サクラ大戦1

第二話その5です。

すみれさんの信頼度を下げまくった

苦々しい見回りを終え、大神は自室へ帰るのでした。

 

 

さて、翌朝です。

客の入場が落ち着いて、モギリの仕事が一段落した大神は

舞台の様子を見に舞台袖へ向かいます。

 

演目は「愛ゆえに」。

花壇と西洋風の建物(宮殿でしょうか?)と、

淡い色の空を描いた書割が美しいです。

さくらとマリアの熱演を、

紅蘭、アイリス、そしてすみれも

舞台袖から見ています。

 

劇はちょうど、クライマックスを迎えるところでした。

ここでアニメーションが挿入され、

さくら扮する町娘は、オンドレ様へ駆け寄っていきます。

「オンドレ様~!」

 

f:id:yon-sakura:20170311222116j:plain

▲男装のマリアが超カッコイイ。

 

クールに立つマリアは、なるほど駆け寄りたくなる麗しさ。

しかし、オンドレに抱きつく前に、

さくらは足をくじいてつまづいてしまいます!

つまづいた勢いのまま、

マリアの前を通過するさくら。

 

f:id:yon-sakura:20170311223034j:plain

▲マリアのギャグ顔は貴重だ

 

そして勢い殺せぬまま舞台袖まで突っ込んださくらは、

舞台の脇幕を掴んで引っ張ってしまいます。

途端、舞台上は大揺れ!

セットも照明も組んだバトンも、

地鳴りのような音を立てて崩れていくではありませんか。

ギャ、ギャグとはいえどんなセット組みをしてるんだ?!

 

またたく間に舞台は崩壊。

袖や客席の人間もそうですが、舞台上にいたマリアは無事なのか?

とんだ事態に、堪忍袋の緒が切れた!というすみれが

さくらに詰め寄り、これだから田舎者はと罵りますが、

そ、それもちょっとズレている気がするぜすみれの姐さん!

しかし実際、2人が言い合いをしている間のBGMは軽快で、

時々観客がワッと沸く声がSEとして入ります(笑)

 

LIPSで、言い合いをする2人の

どちらかを止める選択肢が発生しますが、

ここはお手上げの静観。

時間切れにすると、アイリスと紅蘭の信頼度が上がります。

(あれ?これどっちか止めるとどっちかが上がるんだっけ、下がるんだっけ?)

 

そうこうしている間にも、またミシミシと不穏な音を立てる舞台。

そしてついに、舞台は完全に崩壊してしまうのでした。

 

f:id:yon-sakura:20170311225515j:plain

▲吹っ飛び方にもキャラが出ていた

 

 

場面は変わり、客のいなくなった劇場で、

一同は頭を抱えていました。

先の騒動で怪我をした人は、幸いいなかったようですが、

舞台はめちゃくちゃになってしまいました。

まだ公演期間中なのに……。

 

すぐに直せと激昂するすみれ。

大神がさくらをかばうと、すみれの問いかけによって

修理のセットをするかしないかLIPSが発生します。

やると返すと、さくら、マリア、アイリスの信頼度がアップ。

公演で疲れているだろう女優たちを先に帰して、

大神はめちゃくちゃになった舞台上に残りました。

 

 

大神が孤独に金槌を振るっていたとき、

やって来たのはさくらでした。

壊してしまった負い目があるのでしょう、

手伝わせて欲しいというので、発生したLIPSでお願いすることに。

 

修理をしながら交わす雑談の中で、

更にLIPSが発生しました。

ここで選択肢に、昨日稽古しているところを見た、

というものが出るので選択。

さくらの信頼度が上がります。

 

ここで、さくらは一旦舞台を後に。

するとアニメーションが始まります。

金槌で自分の指を打ち付けてしまう大神。

そのとき、スポットライトの中に颯爽と現れる女性……

あやめさんだ!

一度エンディングを終えた後に見るあやめさんは

またなにか格別なものを感じますな。

 

大神的には突然現れたこの女性は、大神の手を取ると

有無を言わせず唇を寄せ、大神の指を口に含みます。

大神ドン引き。

 

いや、ドン引きかはともかくとして(笑)、

戸惑いを隠せない大神ですが、

次の場面では左下の顔がスケベ顔になっています。

いっぺんに悩殺されてしまいましたね……。(笑)

 

f:id:yon-sakura:20170311234107j:plain

▲端的に言ってエロいもんな

 

謎の女性が去った後、

誰だったんだろうと顔を赤くしたまま

夢見心地に呟く大神は、

背中をつねられる痛みで現実に引き戻されます。

 

さくらくんです。

 

f:id:yon-sakura:20170311234613j:plain

▲問答無用で下がる信頼度!そりゃないぜ!

 

どこから見ていたのやら、

完全にヤキモチを焼かれてしまったようです。

理不尽に下がった信頼度に泣きたくなりますが、

「いいな、恋人みたいで。」というさくらの台詞、かわいいんだよなァ。

女の子にしたらさらに怒られる反応なんでしょうけれども、

さくらくんがヤキモチ焼くたび楽しくなってしまいます。

だって、幼げでかわいくって(笑)

 

 

やにさがる私を置いて、

さくらくんは駆け去ってしまいました。

 

その6に続きます。

 

【2周目】第二話その4 帝都のトビウオ、シャワー室に散る

サクラ大戦1

 

見回り中の第二話その4です。

一緒に泳ごうと誘われて、大神が着替えに向かった矢先、

水泳場からすみれの悲鳴が聞こえてきます。

 

f:id:yon-sakura:20170305164749j:plain

▲フラグ回収が早いぜすみれさん!

 

水泳場へ駆けつけると、

どうやら準備運動をしなかったらしい。

色っぽい切羽詰まった声を上げて溺れるすみれさんの姿が!

いやほんとに色っぽかったんですって!

 

LIPSで「今行くぞ!」と駆けつけると、

ミニゲーム「帝都のトビウオ」が解放されます。

 

漂い動く機雷の間を縫って泳ぎ、30秒で

すみれさんのところまでたどり着けばクリアです。

プールサイドでモギリ服を脱ぎ捨て、

機雷漂うプールへダイブ!

果たして大神さんはトビウオの如き泳ぎで

すみれさんを救えるのか!?

なお、プールサイドを反対側へ回って助ければいいというのは

言ってはいけないお約束だ。

 

f:id:yon-sakura:20170305165627j:plain

▲勢いよく脱衣する大神さんにいつも笑ってしまうw

 

ちなみに1周目は見事救出したのですが、

逆にそれに気負ったのか焦る焦る。

「誰か!助けてぇ!」

「早くぅ!溺れちゃうわぁ!」

「ここよぉ!早く来てぇ!」

ひっきりなしに上がるすみれさんの悲鳴にも心乱れる。

セクシーーーーー!!!!!!!

全然集中できなかったです(笑)

 

結局少しも進まないまま、見事に撃沈してしまいました……(笑)

 

「まったく死ぬかと思いましたわ」とすみれさん。

頼りにならないとツンとして、さっさと行ってしまいました……。

ああー待ってすみれくん……。

ちなみにここできちんと救出できていれば、

LIPSがあってすみれの信頼度を上げることができるのです。

そこのやり取りがとても好きで、

2周目も楽しみにしていたのですが……む、無念。

 

f:id:yon-sakura:20170306215220j:plain

▲ごめんよすみれくん。

 

さて、失敗したものは仕方ない。

気を取り直して更衣室へ行きましょう。

なぜってそりゃあ、

プールから出た人のすることと言ったらひとつですからね!

 

 

更衣室に入ると、案の定水音が。

開きっぱなしのロッカーには、紫色の着物がかかっているのが見えます。

毎度おなじみのLIPSで、

大神はシャワー室へ吸い込まれて行きます……。

体が勝手にカーソルの下キーを押すんです、だから仕方がないんです。

 

しかし、思えば大神さんはシャワーシーンに遭遇するのは初めて。

2周目のわたしとは違うのです。

シャワー室へ入るなり、うわっ!と派手な声を上げて

すみれに気づかれてしまいました。

 

f:id:yon-sakura:20170306221335j:plain

▲見つかった!!

 

ご、ごめんなさい!となんとも素直に謝って

脱兎のごとくシャワー室を飛び出す大神。

これが後に、すけべ面で居座るようになろうとは。

 

しかし、これはよくないパターンです。

廊下で後から出てきたすみれに追いつかれ、信頼度がダウン。

大神さんも心底落ち込み後悔しており、

これには私も罪悪感を覚えざるを得ません。

す、すまない大神さん、私がすけべ心に抗えないばっかりに……。

 

f:id:yon-sakura:20170306223738j:plain

▲拒絶が一番胸に痛い。自業自得だが……

 

なんというか、すみれくん仲良くなりたい気持ちは山々あるんですが

本当に上手くいきませんね。

彼女と仲良くなるためには、まず私は

煩悩を捨て去らねばならないのかもしれない。

というか、二兎を追うものは一兎も得ないのだ……。

 

次の周回はすみれくんを攻略しようと心に誓いつつ、

自由行動を終えました。

 

 

少し短いですが、キリがよいので今回はここまで。

その5に続きます。

 

【2周目】第ニ話その3 彼女が水着に着替えたら?!

サクラ大戦1

2周目第二話、その3は自由行動の続きから。

1周目の記憶を掘り起こして進めて行きましょう。

 

1階へ降りようとテラスに差し掛かると、

そこにはマリアが。

LIPSで「見回り中なんだ」と告げると、

信頼度が上がって、マリアが優しい笑顔に。

 

f:id:yon-sakura:20170227221933j:plain

▲マリアは厳しい人だが、決して冷たい人間ではない

 

マリアに褒められると、ちょっとホッとしますよね。

彼女に仕事ぶりを褒められると嬉しいし、

ちゃんと前進しているんだなという気になります。

大神さんも、マリアに対しては最初から

「頼む」とか「ありがたい」とか、そういう言葉の使い方をするので

他のメンバーとは少し違うポジションに置いているのだなと思います。

……そんな人にふと素顔を見せられると、

またグラッとくるんですよなあ……。

 

 

1階舞台袖では、さくらがひとり稽古をしていました。

集中した、懸命な様子に、大神思わずニッコリ。

ここは声をかけずそっと引き返します。

 

引き返す足で向かうは地下です。

地下格納庫では紅蘭に、作戦室ではマリアに、

それぞれ再び会うことができました。

 

地下格納庫の紅蘭は、光武の様子を見に来ていたようです。

光武について熱く語る紅蘭の話を遮らず、

LIPSで「黙って聞く」を選択すると、

大神のほぼ無改造の光武の仕様を見た紅蘭が、

大神らしいと納得したようになって、信頼度が上がります。

 

f:id:yon-sakura:20170227224801j:plain

▲(……元? とちょっと引っかかりつつ)

 

 

作戦室のマリアは、

先月(第一話)の上野公園での戦いを

振り返っていたようです。

 

ここでは、「戦いの進め方」「隊員のこと」について

マリアに聞くことができます。

それぞれ聞いてみると、信頼度がアップします。

 

f:id:yon-sakura:20170227225057j:plain

f:id:yon-sakura:20170227225354j:plain

▲結果によって台詞にパターンがあるのかな?

 

見事な指揮だったと褒められて、

やっぱり嬉しくなりました。

まぁ2周目ですからね!

 

 

さて、ここからが今回の目玉。

鍛錬室へ向かうと、

大胆な水着姿のすみれに会うことができます!!

これを手カーソル画面で眺めさせてくれるシステム。バンザイ。 

私服もなかなかですが、

またたまげた露出度ですな~!

 

f:id:yon-sakura:20170227232608j:plain

▲詩的に言ってもスケベには変わりないぞ!

 

1周目に知らず遭遇したときには、

相当にテンションが上がったものです。

知ってて遭遇しても興奮するんですけど!

 

ここで水着を見ると、LIPSが発生。

「大胆すぎない?」と素直な感想を口にしてみますが、

意外とすみれさんの信頼度はアップします。

 

すみれさんはこれから、

水泳場に機雷を浮かべて(!)ひと泳ぎするのだと言います。

おいおいプレイがハードだぜ。

スリルがあって面白いと思う、と

何でもないように言うすみれさんですが、

そ、そんな風呂にアヒルを浮かべるようなカジュアルさで

機雷を浮かせないで欲しい。

 

若干引いた私ですが、

少尉もいっしょに泳ぎません?なーんて

またとないお誘いを受ければ話は別。

発生したLIPSは、迷わず「泳ごう!」と二つ返事です。

 

f:id:yon-sakura:20170227234153j:plain

▲セクシーな台詞だ……。

 

殿方はそうでなくては!と信頼度の上がったすみれさんは、

先に水泳場へ向かいました。

上のセクシーな台詞はそのときのものなのですが、

返す大神は「ちゃんと準備運動をしてから泳ぐんだぞ」と色気ゼロ。

ヨコシマな気持ちになったのは私だけか……

いえ、水に親しい海軍士官であり、

生真面目な大神さんらしい返しですよね。

 

 

一旦すみれと分かれ、更衣室へ向かった大神。

しかし、その時水泳場から聞こえてきたのは

すみれの悲鳴でした。

ほーら言わんこっちゃねえ!

 

その4へ続きます。

【2周目】第ニ話その2 紅蘭とする楽しいコト

サクラ大戦1

2周目第二話その2です。

支度をして舞台に出るという紅蘭と分かれたところで、

大神を呼ぶ声がします。

すみれさんです。

 

紅蘭との初顔合わせはどうだった?とすみれ。

ストレートに聞くなあ!w

LIPSが発生し、「変わった子だね」と素直な感想を口にします。

いい意味で変わった子だなあと思っているのですが、

なぜか信頼度があがり、「さすがですわね」と褒められます。

よくぞ見抜いたというところでしょうか?

すみれの中の紅蘭像はどうなっているんだと少し気になります(笑)

 

すみれと分かれた後は自動で1階へ降り事務局へ。

支配人に言いつけられた、かすみと由里の手伝いのためです。

しかしどうやら、肝心の2人は早番で帰ってしまうらしい。

そんな殺生な!

両手に花でキャッキャしながら仕事ができる~なんて

ちょっとばっかりしか思っていませんでしたが(ええちょっとばっかりしか)、

それにしたって悲しい。

 

世の中そんなに甘くないんですね……。

 

f:id:yon-sakura:20170226220333j:plain

▲席次一番の頭脳が泣くか

 

 

場面は変わって、夜の隊長室。

慣れない事務仕事に疲れた様子の大神が、

伝票整理のせいで舞台も見に行けなかったとぼやいています。

まだまだ、帝“劇”の仕事には

ちょっと納得いかない様子もありますが、

「ああそれでも、舞台を楽しむ気持ちが生まれているんだなあ」と

彼の変化を感じる部分でもありますね。

 

見回りに出ようとすると、部屋の扉を誰かがノックします。

LIPSで「開いてますよー」と声をかけると、

入ってきたのは紅蘭でした。

 

疲れた様子の大神を気遣いつつ、

紅蘭が尋ねてきたのは今日の舞台のこと。

発生したLIPSで、とっさに「み、観たよ」と嘘をついてしまいました。

だ、だって「忙しくて観られなかった」なんて言ったら

叱られそうなんだもん!

己の思考回路が完全に花組の尻に敷かれているということに気がついて

悲しくなりますが、気がつかない紅蘭は会話を続けます。

どうやら今日の公演中、マリアの役名を間違って呼んだらしい。

ぶっつけ本番だったんだもの、そんなこともあるよね。

LIPSが発生し、「オンドレ様だっけ?」と正答。

信頼度が上がります。

 

f:id:yon-sakura:20170226222117j:plain

▲紅蘭はこの顔がかわいいよなあ!

 

次いで、この後の予定を尋ねられた大神。

この後は見回りが……と思っていたら、

発生したLIPSに「見回り」という選択肢がない!w

「特にない」「疲れたから寝る」「紅蘭の部屋に行きたい」……

実質一択ですね。

選んでみると、お世辞が上手だと言って信頼度がアップ。

紅蘭は素直な選択肢がお好みか?

 

紅蘭は言います。

「ならちょうどええ。

 大神はん、ウチと楽しい事せん?」

 

私「!!?」

 

大神「た、楽しい事って……何!?」

 

大神くんに重ねて言いますが、

楽しい事って、何?!!!?!?!

いや年頃の娘がそんな意味深な言葉を使ってはいけない!

つーかもう確信犯だろ!!?

大神の頭の中をどんな不埒な妄想が駆け巡ったことでしょうか。

私の頭の中もだけれど!!

 

紅蘭が自室へ戻った後、

画面上に出た選択肢で、「まだ起きている」と選ぶと

見回りという名の自由行動です。

ここで寝られるようなら男じゃねえ。

いそいそと紅蘭の部屋へ向かいます。

なお、自由行動になってすぐに部屋へ向かうと、

信頼度が上がるようです。

 

 

紅蘭の部屋ではミニゲームをすることができますが、

その前に手カーソル画面です。

珍しく、人のみならず部屋の内装まで見ることができます。

 

f:id:yon-sakura:20170226222916j:plain

▲紅蘭の部屋。なんだか凄まじい部屋だ

 

部屋の内装は、

ベッド、壁に貼られた紙、2つのタンスを見ることができました。

ちなみに、奥にあるタンスは紅蘭が中国から持ってきたもので、

右のタンスの中身はヒ・ミ・ツらしい。

ベッドは「寝てもいいか」と大神が尋ねて笑われていました。

いいわけないわなw

 

紅蘭自身は、顔と胸と服をチェックすることができ、

なんだか盛りだくさんの手カーソル画面でした。

ただ、顔を調べた時、メガネを外そうとして

めちゃめちゃに怒られたのにはちょっとびっくりしましたね。

 

f:id:yon-sakura:20170226223749j:plain

▲メガネを外そうとすると……

 

f:id:yon-sakura:20170226223646j:plain

▲マジで怒ってらっしゃる。ごめんよ紅蘭。

 

1周目には気が付かなかったところでした。

あんまり人に向かって怒る印象のない子なので、

ほんと、びっくりしたなあ。

 

 

気を取り直し、楽しいコトについて尋ねてみると、

なんとそれは花札、「こいこい」のことでした。

こいこい、1周目のクリア後に、延々やりましたなあ……。

ほんと、「ハマるとむっちゃ楽しいで!」なんですよね。

LIPSが発生し、もちろん二つ返事で挑戦します。

ぶっつけ本番です!

 

結果は……なんと圧勝!!

紅蘭を無一文にして勝つことができました。

 

f:id:yon-sakura:20170226224555j:plain

▲このコンボである

 

初めてこんなに気持ちよく勝てたので、

記念画像を貼ることをお許し下さい。

 

紅蘭に褒めてもらい、

大神はたまたま運が良かっただけだと言いますが、

ほんと、そんな感じだったなあ。

 

 

去り際、楽しかったと伝えると、

ほんま?と念を押した上で、紅蘭はほっとした様子になります。

明るく振る舞ってはいても、

急な転属のことを彼女なりに不安に思っていたようです。

しかし、花組にあたたかく迎えられ、

大神の人柄に触れて安心したと

紅蘭は照れたように笑うのでした。

 

f:id:yon-sakura:20170226225625j:plain

▲普段のはきはきした態度とのギャップがいいですな

 

 

向かうところがあると部屋を出た紅蘭と別れ、

大神は見回りの続きです。

今回の見回りには、ミニゲームがもうひとつ……。

 

 

その3へ続きます。