サクラ大戦プレイ日記

DC初心者が20周年を迎えたサクラ大戦をプレイ

【3】第十話その4 アタシたちは人間だ

 

ゲームをする時間&ブログを書く時間が取れず、

中途半端なところで間を空けてしまいました。

今後とものんびりお付き合いいただければ幸いです。

 

 

自分のためにも少しおさらいします。

前回の戦いで、ついにカルマールを倒した巴里華撃団。

怪人の出現もなくなり、平和が訪れたかのように思われたのもつかの間、

ノートルダム寺院の地下から巨大な植物が吹き出して

巴里の街を覆い尽くしてしまいます。

 

 

f:id:yon-sakura:20170917144211j:plain

▲地下から吹き出した巨大な木の根

 

ノートルダム寺院へ駆けつけた巴里華撃団の前に現れたのは、

以前に倒したはずのカルマールと、

大神の夢に幾度となく現れていたピエロ、サリュでした。

 

再来したカルマールを倒し、

サリュから怪人たちの正体を聞かされたところまでが

前回のお話です。

怪人たちの正体は、かつて巴里のシテ島に暮らし、

滅ぼされてしまった一族パリシィの怨念でした。

そして巴里華撃団の5人もまた、怪人たちと同じ

パリシィの血を引くものだったのです――。

 

f:id:yon-sakura:20170917152743j:plain

▲サリュの暴露に衝撃を受ける華撃団

 

 

突然明かされたことに困惑する私をよそに、

5人は戸惑いながらも納得しているようでした。

ロベリアなどはでたらめを言うなと怒鳴りましたが、

古の記憶とやらのせいか、

胸の奥に奇妙な懐かしさを感じるという花火。

あのグリシーヌでさえ、

上手く説明できないとしながらも、

サリュの言葉が事実だと認めています。

キッパリとした物言いをする

グリシーヌらしからぬ歯切れの悪さでしたが、

彼女がそんな状態ながらも肯定したからこそ、

みんながこの唐突な話を

受け入れているのだと分かります。

コクリコも、エリカも、

それぞれにパリシィの血を感じています。

 

だが、同じ血族だとしてなんだというのか?

このときそう思ってしまったのは、

少し乱暴だったのかもしれません。

 

サリュは、 今までに華撃団が倒してきた怪人の魂を

生贄と呼びました。

怪人たちは、華撃団に倒されたことにより

「大いなる力」を持った魂となったのです。

この力を使えば、寺院の地下に眠る古の力を

呼び覚ますことができると言います。

サリュの目的は、怪人たちの魂を取り込み自らの糧として、

その古の力を呼び覚ますことでした。

つまり、巴里華撃団が今までしてきたことは、

結果としてサリュの手助けになってしまっていたのです!

 

歯噛みする大神は、改めてサリュを止めようとみんなに呼びかけますが、

その時、エリカが首を振りました。

「できません……」

華撃団は、一様にためらっていたのです。

サリュは高らかに笑います。

パリシィの血を引く者が、

逆らえるはずがないだろう、と言って。

 

そしてサリュは、巴里を覆わんとする大木――

『オーク巨樹』を呼び覚ましたのです。

 

f:id:yon-sakura:20170917160403j:plain

▲巴里の街は巨樹に呑まれた

 

華撃団は、ノートルダム寺院から退却するしかありませんでした。

 

 

ノートルダム寺院から撤退した華撃団は、

巨樹に呑まれる巴里の様子を

指令室から見ていました。

明日の夕刻には、巴里の街すべてが巨樹に呑まれ、消えてしまいます。

 

 

大神は「俺たちが怪人を倒したばかりに」と言いますが、

怪人を放置するわけにはいかなかったしなあ、と私は思います。

グランマはもっと豪胆で、

「オーク巨樹だけなら勝てる見込みはある」と言いました。

戦意を失った巴里華撃団の面々に対し、

これは戦争でアンタたちは兵士だと一喝しますが、

ロベリアが激しく反発しました。

 

f:id:yon-sakura:20170917163929j:plain

▲激しい言い方だった

 

 

ロベリアは基本的に、自分の感情や欲望に正直です。

しかしそれらの欲望は常に自分の制御下にあるもので、

こんな風に感情に振り回された言い方をするのは

珍しい場面だなと思います。

 

そしてグランマの台詞は、

1・2の長官だった米田のおっちゃんとグランマの

2人の考え方の違いのわかる台詞ですよね。

米田のおっちゃん(そしておっちゃんの下で働いてきた大神)は、

華撃団の女の子たちはあくまで一般人で、

たまたま戦う力を持ってしまっただけ、というスタンスでしたが

グランマは華撃団に所属している限り彼女たちは兵士だというスタンスです。

どちらがいい、とか、正しい、とか、一概には言えないなと

私は思ったのですが、既プレイの皆さんはいかがでしたでしょうか。

 

話をゲームに戻します。

グランマに一喝された華撃団の面々でしたが、

失った戦意を取り戻すことはありませんでした。

自分たちがパリシィで、

敵もまた同じパリシィであることを自覚してしまったことにより、

戦うことに疑問を感じてしまっています。

 

大神はそれを「あの怪人に惑わされているだけだ」と表現しましたが、

果たしてそうでしょうか……。

私も聞いた当初はつい、「同じ血族だとしてなんなんだ?」と

思ってしまいましたが、言ってみれば、彼女たちは今、

「巴里華撃団の仲間と戦え」と言われているのと

同じくらいの葛藤を感じているのではないでしょうか。

仲間だと思っている人に対して、

悪口を言ったり、殴ったり、喧嘩をしたりって

なかなかできないですよね。

「家族」でも「祖先」でも、同じ趣味を持つ「友だち」でもなんでもいいですが、

我が身に置き換えて考えてみれば、 その抵抗感もわかります。

彼女たちの立場では、それが命を賭けた戦いなのですからなおさらです。

しかし、彼女たちが戦わなければ、

巴里の街は巨樹に呑まれて失くなってしまうのです……。

 

この「モヤモヤッ!」とした感情を文章化することができなくて、

かなりの時間うんうん唸ってしまいました。

 

そうやって悩む内にも、巨樹は巴里の街を侵食しています。

シャノワールとその地下も例外ではなく、

避難を余儀なくされるのでした。

こんな場面でなければ、新型エクレール

「すげー!カッコイー!」とやるんだけどなあ!

 

f:id:yon-sakura:20170917181937j:plain

▲走るエクレールを巨樹が追いかけてくる!!

 

新型のエクレール・フォルト、

黒いボディがハードでかっこよかったっす。

 

しかし、新型の性能をもってしても

巨樹を振り切ることができません。

さらには、巨樹が放った小型兵器が

エクレール・フォルトの蒸気ユニットを狙って攻撃を仕掛けてきます。

戦わなければ、エクレールが爆発して全滅です。

 

なおもためらうエリカ、コクリコの台詞を聞いて、

LIPSが発生しました。

「俺一人で、出撃します!!」

みんなが戦わないなら俺だけでも行く!!の精神でしたが、

大神の「俺たちには巴里の平和を守る使命があるんだ!!」

って台詞がめちゃくちゃかっこよかったですね!

 

f:id:yon-sakura:20170917184832j:plain

▲無謀だと言われても前へ出る!

 

大神さんの意思の強さ、鋼の精神が眩しすぎて

胸が詰まります。

 「俺には」ではなく「俺たちには」というのもまた……。

でも、もうみんなに「来い」とは言わないんですよね。

 

副隊長であるエリカにみんなのことは任せた、

と声をかけ、出撃しようとした間際

エリカが意を決して「わたしも行きます」と声を上げてくれました。

ですが、自分の中の葛藤を処理できたわけではないと思われます。

こんな状態で大丈夫なのでしょうか……。

 

 

エリカを伴ってエクレールの格納庫を出ると、

そこで待ち受けていたのは

オーク巨樹から放たれた小型兵器「カラミテ」でした。

 

f:id:yon-sakura:20170917200827j:plain

▲ウル◯ラマンにでも出てきそうなフォルムだな……

 

エリカは、迷いが消えたか、という問いには素直に

わからないと答えました。

しかし、大神を、みんなを守りたいという気持ちを頼りに

エリカは再び戦場に立ったのでした。

ううーむ、守りたい、この笑顔……。

 

 

ここからは戦闘フェイズです。

今回の戦闘は、カラミテの殲滅と蒸気ユニットの防衛が目的です。

蒸気ユニットを3つ破壊されてしまうと、

エクレールが爆発し、ゲームオーバーになってしまいます。

その後のことを考えると、バッドエンドまっしぐらですね……。

気を引き締めて戦闘に臨みましょう。

 

戦闘中、ターン経過によって会話が発生します。

戦場に現れない仲間たちに、

エリカが気を揉んでいました。

紆余曲折を経て、やっと1つになった巴里華撃団ですが

パリシィの血のせいでまたバラバラになってしまうのかと

エリカは悲しげに問いかけてきます。

LIPSが発生し、「俺は、信じている!」と叫びました。

 

大神は、シャノワールのことを、

今までの戦いのことを思い出せと

エリカに促します。

それだけでなく、

エリカを迎えに来たみんなの気持ちは

ウソじゃなかったハズだよ、という

エリカの立場に寄り添った言葉がよかったです。

 

f:id:yon-sakura:20170923192219j:plain

▲大神の仲間を信じる心が揺らぐことはない!

 

全く関係ありませんが、コクピットの花火くんの顔って

凛々しくていいですよね。普段たおやかな彼女とのギャップがね。

ときめいちゃいますね。

 

さてエリカの信頼度も上がって、戦闘再開です。

第一波は、ユニットを撃破されることなく倒すことができましたが

間髪を入れず第二波がやってきます。

ゲェ、と思う間もなく、エクレールの進路を塞ぐシャッターが現れ

LIPSでとっさの判断を要求されます。

「主砲発射だ!」という選択が功を奏し、

エクレールはなんとか無傷でしたが、

第二波を退ければまた次の増援が現れます。

 

f:id:yon-sakura:20170923202829j:plain

▲1匹いればの法則

 

このままでは正しくジリ貧というものでしょう。

蒸気ユニットだって無傷ではありません。

歯を食いしばり、なんとか立ち向かおうとする大神ですが……。

 

 

その5に続きます。

 

 

【3】第十話その3 不気味な再戦・カルマ―ル

 

指令室では、普段の通りに

メルくん、シーくんが状況を説明してくれました。

災害の原因は、ノートルダム寺院の地下

半径2キロメートルの範囲で活動する「植物」だそうだ。

ん、んなバカなと言いたくなりますが、

場所が場所ですし、植物からは妖力反応も見られるといいます。

 

ウサギやらヘビやらサソリやら、最後には巨大植物か。

半径2キロメートルの範囲で大暴れする植物なんて

考えたくもないですが……。

「巴里歌劇団、出撃!」のお決まりのLIPSで

信頼度を上げつつ、

戦闘フェイズへ移行していきます。

 

 

巴里の街には粉雪が舞っていました。

しかし、粉雪というにはほのかにピンク色のような……?

空には暗雲が低く垂れ込めて、

地面や建物の壁には巨大な植物の根が這っています。

 

f:id:yon-sakura:20170828173240j:plain

▲そ、そんな不用意に触って大丈夫か?

 

そこへ現れたのは、なんと前回倒したはずの

カルマールとその蒸気獣でした。

会話の内容からして、この植物を操っているのは

彼の力ではないようです。

というより、カルマ―ルは、前回死んだはずの自分が

なぜここにいるのかすら分かっていないように見えます。

 

f:id:yon-sakura:20170828173604j:plain

▲虚ろで不気味な口調が一転し、興奮していく

 

 

ノートルダム寺院の対岸には時限爆弾が設置されているため、

カルマールを相手にする大神班と、

対岸の爆弾を解除するもう一班に分けて、

戦闘を進めていきます。

班決めはもちろんLIPSです。

 

今回は、副隊長のエリカくんと、

近接&広範囲な必殺技の使い勝手のよさで

ロベリアを選んでみました。

単純にバランスの問題と、あとは

エリカくんとロベリアのコンビが好きなんですよね。

選んだ2人の信頼度が上昇しました。

 

班分けを終えて、いよいよ戦闘開始です。

爆弾で巴里をふっ飛ばされる前に、

蒸気獣・サンフォニーを撃破しましょう!

 

 

今回の戦闘のギミックとなるのは、

この時限爆弾です。

 

f:id:yon-sakura:20170828175327j:plain

▲ターン経過によって爆発してしまう

 

シーくんの台詞には「解除」とありますが、

実際には爆発するまでの時間を延ばせるだけです。

定期的に回復しなければ爆発してしまいます。

 

一刻も早くカルマールを倒し、

戦闘を終了させる他ありませんが、

戦闘中も、あのピエロの声は止みません。

これは大神だけに聞こえているのでしょうか?

だとしたらなぜ?

 

f:id:yon-sakura:20170828175931j:plain

▲どういう意味なのだろう……

 

この粉雪のような光にも、

何か嫌なものを感じて仕方ありませんが、

隣接したエリカ機は

「雪みたいでステキですね」とのほほんとしています。

LIPSで、「たしかにそうだね」と

苦笑いとともに返しておきます。

 

大神さんと本物の雪を巴里で見たいな、とエリカくん。

今がコクリコの誕生日……10月だから、

もう1、2ヶ月もすれば降るんでしょうか。

そう思うとあっという間のような気がしますが、

それまで一緒にいられないかもしれないという

エリカの言葉にハッとします。

今までのシリーズが1年単位だったから

そうだとばかり思っていたけど、

そうかまさか、そんなこともありうるのか……?

 

 

そういえば、今回の戦闘で

初めて?友情カウンターが発動しました。

(記憶にないだけかな?)

 

f:id:yon-sakura:20170828181125j:plain

▲ロベリアが大神への攻撃を打ち消してくれた

 

今までなぜ発動してくれなかったのか

という気持ちでいっぱいですが……(笑)

発動のしやすさにもまた、信頼度だなんだと

色々条件があるんでしょうね。

 

 

さて、不穏な空気を感じつつではありますが、

爆弾もカルマールも

危なげなく処理することができました。

 

f:id:yon-sakura:20170828181703j:plainf:id:yon-sakura:20170828181719j:plain

▲最後は大神さんに締めていただいた

 

 

巴里の爆発はひとまず阻止し、

カルマールを再び倒すことはできましたが、

油断はできません。

ノートルダム寺院の壁を這う植物の根が光りだし、

その中心から例のピエロが現れたのです。 

 

f:id:yon-sakura:20170828182459j:plain

あっ思ったより近ぇ

 

コクリコが大神の隣にいるのがいいなあと思いました。

コクリコが最年少だから、

すぐ守れる位置に置いているのかなという気がして

ちょっとときめきポイントでした。

特に意図したものではないのかもしれませんが。

 

 

閑話休題

私はてっきり、このピエロが

怪人たちの親玉かと思っていたのですが、

ピエロは開口一番、

怪人の味方でも華撃団の味方でもない

と否定してきます。

 

f:id:yon-sakura:20170828182349j:plain

▲大神に向けられた台詞だろうか

 

LIPSで「ならば、何者だ!!」と問えば、

彼は、サリュ、と名乗りました。

 

「ニンゲンはサリュと呼んでいた」

という説明の仕方からして、

まぁ分かりきったことではありますが、

人間ではないのでしょう。

彼については、幽霊とか怨霊とか精霊とか、

その類のものと予想していたのですが、

それが裏付けられた形となりました。

 

サリュ自身について、そしてパリシィについて。

LIPSで問いを重ねていくと、

彼は巴里華撃団に『太古の記憶』を見せて、

かつてシテ島に生きていた一族について語り始めます。

その一族こそ、パリシィでした。

 

話をまとめるとこうです。

かつてシテ島に暮らしていた『パリシィ』という一族。

自然とともに生きていたパリシィたちは、

しかし外部からの侵略により滅ぼされた。

侵略者たち(サリュは「ニンゲン」と表現した)は

自分たちが滅ぼしたパリシィの怨念を恐れ、

巴里に魔術を用いた城壁を築いて

これを封じ込めたのだが、時を経て文化が発展した結果

人々が自ら城壁を壊してしまった。

封じ込められていたものが解き放たれ、生まれたのが、

今まで戦ってきた怪人たちである。

 

サリュ曰く、怪人たちはパリシィの血を引くものたちです。

そして、巴里華撃団もまた……

怪人たちと同じ、パリシィの血族なのだと、

サリュは言いました。

 

その証を見せてやる、という言葉とともに、

みんなの右手が光り輝き、

手の甲には何か紋章のようなものが

浮かび上がりました。

 

f:id:yon-sakura:20170828184325j:plain

▲これがパリシィの血族の証?

 

 

その4に続きます。

 

【3】第十話その2 巴里が燃えている

 

そういえば、ヒロイン決定からの一連のすったもんだは、

相手がエリカくんだからギャグ調に収まっているのか、

他のキャラでもこんなテンションなのか、

ちょっと気になる今日この頃。

 

今夜もシャノワールは満員御礼。

大神は平和を噛み締めつつモギリの仕事、

私は上記のようなことを考えています。

まだ1周目も終わっていないのに、気が早いですかね(笑)

しばらくハラハラさせられていたので、

エリカくんの元気のよさには

プレイしながら随分助けられている気がしますが。

 

 

その日のレビューの終わったあと、

シャノワールが誇る踊り子たちが

揃い踏みで大神のもとへやってきました。

なんでも近所にダンスホールができたとかで、

そこへみんなで行こうと言うのです。

 

f:id:yon-sakura:20170828160853j:plain

▲みんな明るい顔をしている

 

いやぁ、改めて平和を感じますね。

 

……あれ? しかし待てよ、

今夜はエリカくんと二人きりになるはずじゃあ……。

案の定、エリカくんは焦った顔をして、

今日はわたしとの約束が先ですよ!と

釘を刺してきます。

 

そうですね、

みんなでダンスホールにも行きたいですが、

先約はエリカくんですしね。

ここは上手くみんなの誘いを断って、

エリカくんとの約束を優先させることにしましょう。

猫カーソル画面でメンバーに話しかけていき、

なんとか断る方向へ……持っていきたかったのですが。

うーん、難敵揃いでした。

 

色々話しかけてみて、

結局エリカくんとのデートには

行けることになったのですが、

デートならデートだと初めから早く言えと

グリシーヌに叱られて、信頼度が下がってしまいました。

 

f:id:yon-sakura:20170828161441j:plain

▲グリシーヌの言うことももっともだ

 

 

なんだか心苦しいですね。

エリカくんとのデートに行けるのは、

もちろん嬉しいんだけど……。

上手く断れたとしても、

ちょっと複雑な気分になってしまった気がします。

 

2人でデートに行くのがバレてしまったので、

エリカくんの信頼度も大きくダウン。

……とまぁ、しんみりしてしまいましたが、

デートはデートです!

みんなの誘いを断ってしまった分、

しっかり楽しんで来なければいけませんね。

仕事が終わり、アパートでいつもの一張羅に着替えると

エリカくんと合流します。

 

f:id:yon-sakura:20170828170453j:plain

▲出た!いつものよもぎ色スーツだ!!

 

 

エリカくんが連れてきてくれたのは、

巴里の夜景が一望できる、公園のような場所でした。

エリカくんとのデートといえば、

いつぞやのサッカーが思い出深かったので、

夜景鑑賞というのはちょっと意外です。

 

yon-sakura1234play.hatenablog.com

 

 

エッフェル塔や、

巴里博覧会の会場も見えます。

エリカくんは、

秋には終わってしまうという博覧会に思いを馳せます。

 

f:id:yon-sakura:20170828162037j:plain

▲エリカくんと最初に出会ったのもこの会場だった

 

わたしたちにも終わりがあるんですよね、

と、エリカくんはそっと言いました。

 

このときハッとなって、

結婚だなんだ、一緒に暮らすだなんだ、

そうやって奔放に見せていたエリカくんですが、

全部寂しさや不安の裏返しだったのかな、

と感じましたね。

 

そして、エリカはついに切り出してきます。

 

f:id:yon-sakura:20170828162347j:plain

▲うわあ、そんな目で見ないでくれ……。

 

きちんと人の目を見て話をしなさいと、

センセーにもオカーチャンにも

そうやって教えられて生きてきましたが、

さすがにこれはまっすぐ直視できません。

 

ここで発生するLIPSの選択肢はふたつ。

「ああ……君の言う通りだ。

「いや、大切な人なんていないよ。

のいずれかです。

なんと残酷なことに、

エリカくんか帝都の大切な誰かか、

どちらかを選べと強いてくるのです。

 

 

さぁ困った。

ここで時間切れにするなんて

潔くない選択肢は選べません。

「君の言う通りだ」と言って

こんな顔をしてすがってくる子を、

エリカくんのようないい子を実質フるのかと思うと

内臓がひっくり返りそうになりますが、

かといって、「大切な人なんていない」と言えば

嘘になってしまいます。 

だって、大切な人と言われれば、そりゃあまぁ、

攻略した子が一人や二人や三人四人……。

……いや、茶化していいところじゃありませんね。

 

この選択肢むごすぎやしないかと

思わず八つ当たりをしたくなりますが、

どう考えてもひどいのはエリカくんではなく

大神、ひいては私であります。

気を持たせるようなことをしたのが悪いのか、

今まではっきり言わずにいたのが悪いのか。

 

これがドラマチックアドベンチャーの、

シリーズものの“さが”なのか、

誰がむごいって、強いて言うならシステムだ……

と、メタメタな逃げ道を求めつつ、

胃がよじきれそうでしたが、

「ああ……君の言う通りだ」

と応えることにしました。

 

当然、これはLIPSなので、

脳内会議ができるのも一瞬です。

このLIPSは考える時間が少し長めに取られていましたが、

その間にはめまぐるしく思考し悩み、

シリーズ通した思い出が駆け巡りました。

選んでしまった(本当にそう思いました。「選んで“しまった”」!)

ときのバクバクの心臓とか複雑な胸の内とか、

そういうリアルな感情が、LIPSを選択する間の数秒間に

ギュギュッ!と詰め込まれるのです。

改めて、

『LIPSって本当によくできたシステムだなあ』

と、激しい脱力感とともに思ったのでした。 

 

余談ですが、プレイ後日、

激しい食あたりを起こして24Hたっぷりのたうち回り、

マジで胃がよじきれるかと思いました。

おお神よ、これが帝都巴里を股に掛けた、イイ顔しぃへの罰か。

そういうリアルさはいらないんですけれども。

 

 

「やっぱり……そうだったんですね……」と、

静かでゆっくりとしたエリカくんの返答が忘れられません。 

隠すつもりはなかった、許してくれと

懺悔する大神と一緒になって、

いたたまれない思いになります。

 

そんな大神に対し、エリカくんは再び口を開きます。

許すものか

地を這うような声でした。おどろおどろしい声でした。

ヒィ?!とマジで声を上げました。

すげえめちゃくちゃ怖かった。

夏だからってやめてくれよ、

やだよ私はホラー耐性ないんだから!!

 

よく聞くと、それはエリカくんの声ではありません。

大神の夢に出てきた、あのピエロです!

エリカくんの姿にダブって見えるピエロの影が、

エリカの口を使って、

夢の中の言葉を繰り返しているのです、

 

f:id:yon-sakura:20170828164214j:plain

▲不穏なことを言うのはやめてくれないか!!

 

 

意識を取り戻したエリカくんは、

ここでなにしてるんだろ? と言いました。

えっちょっと待ってくれ、

一体いつから乗っ取られてんだ。

もしかして私(と大神)は、

エリカくんじゃなくピエロとデートしてたのか?

まぁそんなこたぁないんでしょうけれど!

 

呆然とするエリカくんに

パリシィという言葉に聞き覚えがないか尋ねると、

彼女は

小さい頃に聞いたことがある気がする、

と言いました。

大神は全く知らない様子でしたが、

巴里の人々にしてみれば

全く知られていない言葉ではないのでしょうか。

 

 

謎のピエロもパリシィという言葉も気になりますが、

それについて考える間もなく、

地鳴りとともに激しい地震が起こり、

眼下の巴里の街が炎に包まれます。

 

まさかまだ怪人が?

その予感を裏付けるように、携帯キネマトロンが

シャノワールからの帰還命令を受信します。

大神とエリカくんは、

シャノワールの指令室へ駆け戻りました。

 

 

 

その3へ続きます。